« ホテルメトロポリタンからの電話 | トップページ | 弁当を忘れる »

2006-10-11

地方国立大学の怪談

学会に行ったら、恩師や先輩に声を掛けられた。珍しいこともあるモノだ。(普通は目下の方から声を掛ける)というか学会の懇親会に出たのが久しぶりだったのが良かったのかも。
その席上で聞いた
 某地方国立大学の怪談
を。

文科省は
 この10年で国立大学の1/3は潰れるかも知れない
と算盤をはじいていると言われる。で
 すでに潰れる可能性を見せている国立大学がある
というのだ。
 毎年定員割れ、表向き追加合格で定員割れしてないように見せている
のだそうな。げ〜、あそこの大学ってよく教員募集してるじゃん。てことは
 沈み行く船から逃げるネズミが多い
って話か?
話してくれた先生は
 次はウチですから
と、あきらめきってるのか、いつものように元気で自虐的な口調だった。むむむ。先生の大学は、あそこの近所なので、その可能性はないとはいえませんが、その前に県内の某公立大学が先に逝くのでは?

|

« ホテルメトロポリタンからの電話 | トップページ | 弁当を忘れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12245172

この記事へのトラックバック一覧です: 地方国立大学の怪談:

« ホテルメトロポリタンからの電話 | トップページ | 弁当を忘れる »