« 不、不吉な! 来年の干支「猪」の重文埴輪の脚が折れる  | トップページ | 新華社通信カメラマン、ビザ切れの上、女性盗撮? »

2006-11-12

科研の旅費、相変わらず振り込まれず (その2)

どんどん信じられない展開に。
9月中旬に耳を揃えて担当者が会計に書類を出した科研旅費が、9月中はもちろんのこと、11月になっても振り込まれないという
2006-10-04 ノイズとメカニズム
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/10/post_9d11.html
2006-11-08 科研の旅費、相変わらず振り込まれず
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/11/post_e174.html
の続き。
某国立大学の会計のおねいさん (推定年齢25歳)が、わたしが電話を入れた次の日あたりに
 〜の書類が不足してます
と、担当者に連絡してきたというのだ。おい、その姑息なミス隠しは何だ。
書類は9月中旬に出てて、
 11月頭に振り込むといったん約束
しておいて、なんで11月の振り込みをしなかった上に、
 書類が足りないから、旅費が支払えません
なんて言い出すんだ? 棚晒しにしていて、事務手続きを忘れたのがバレると困るのか? てか、11月頭の振り込みが出来なくなった後に、いきなり、今まで一度も話にも出なかった書類を請求して来る段階でかなりトンでもないんですが。

ま〜、あなたの旅費支払いの遅さは、大学内外で有名になってるから、今の調子で仕事を続けるなら、その内、もっとえらいことになると思うよ。大きい科研は、外部の研究者が何人も参加してるので、ある日、外部機関の部長から、あなたの上司の部長に電話が行くようなことにならないことを祈るけどね。
てか、今回に限らず、こんなに旅費請求でトラブルが続くと、あなたの大学の先生が、海外調査のある、大きい額の科研の代表者になるのは、嫌がられるようになるかもよ。「あそこは旅費支払いが遅いから」という理由で。所属する先生が大きい額の科研の代表者になるならないは、大学全体の外部評価にも関係してくるはずなんだけど、その足を引っ張るのが、たった一人の科研旅費担当事務の怠慢だとすると、大学も泣くに泣けませんが。それとも、あなたは、外部評価なんてどうでもイイ?
民間だったら、とっくに担当者が代わっているケースだ。いくらミスが続いても、ヒトが代わらないのが、すごいところだ。
わたしが内部の人間だったら、しかるべき方面から話を通して貰って、人は代えられないにせよ、外部の先生には迷惑の掛からないように、さっさと事務処理を進めて貰っていただろう。ボトルネックの回避策はいくつかあるからな。外部が関係する会計は、ともかくも迅速に処理するのが原則なんじゃないの?

確認しておきますが、わたしたちは帰国直後に空港で、みんなのパスポートをすぐに集めて
 パスポートに押された出入国記録のスタンプのコピー
を取って、航空券の半券とカバーチケットを担当者に渡して、解散したんですからね。9/17には、書類はそちらに渡っているんだけど、300万円はある、未払いになってる旅費の処理、一体今まで何をやってたんですか。

本当に悲しくなりますな。
科研で成果を出せ、といわれながら、事務は旅費支払いをさぼる。元はと言えば、国民の税金。自分の懐と関係ないから、事務は引き延ばそうが、すぐ振り込もうが関係ないと思ってるわけですな。
で、さぼってる事務の給与も国民の税金から出てるわけで、一体、何が起きているのやら。国立大学は潰れないと思ってるかも知れないけど、こんな事務運営をしていたら、早晩潰れる大学は出てくるんじゃないのか。それとも、
 医師はいなくなっても、事務の給料は出る
という舞鶴市民病院のように
 教員はいないけど、事務の首は切らない
という不思議な「大学の抜け殻」が残るのか?

|

« 不、不吉な! 来年の干支「猪」の重文埴輪の脚が折れる  | トップページ | 新華社通信カメラマン、ビザ切れの上、女性盗撮? »

コメント

ひょっとして、「嫌気を持たせて××しちゃう」どっかからの指示による遠謀深慮?

投稿: miskij | 2006-11-12 11:30

さらに深読みすれば,リークさせといて,クビを切る根拠を積み上げないと,事務の馘首はできない。 役人は,そこまで考える。

投稿: 宇三九斎 | 2006-11-12 23:25

miskijさん、宇三九斎先生、コメントありがとうございます。
いや〜、このおねいさんは事務処理のボトルネックとして、学内で有名らしく、「ああ、あそこの事務はおかしい」と、他の先生方からも評判が悪いのですよ。本人はたぶん知らないのか、直属の課長も知らないのか聞いてないフリしてるんだろうけど、普通、会計処理が遅いのが外部機関で有名になると、大学そのものの評価にも関わってくるんでマズいんですけどね。てか、外部への旅費支払いがこれだけ酷いのは、初めて経験しました。自分が関わった科研で、外部への旅費支払いは、旅費の仮払いを先にしてくれたところはあったし、遅くても、旅程終了後、その会計月内に支払いがあったんですが、メンバーの半数以上が外部機関なのに、これだけ処理が遅いのは、ある意味、この大学の現状を内外に喧伝しちゃってるわけで、凄いな〜、と感心してます。特殊な国立大学だから、文科省が潰すわけない、と事務の方が高をくくってるのかな。同じ地域の国立との合併をはねつけてる気位の高い大学でございます。

投稿: iori3 | 2006-11-13 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12652513

この記事へのトラックバック一覧です: 科研の旅費、相変わらず振り込まれず (その2):

« 不、不吉な! 来年の干支「猪」の重文埴輪の脚が折れる  | トップページ | 新華社通信カメラマン、ビザ切れの上、女性盗撮? »