« 正倉院展恐るべし(その2) 6時過ぎに入館したのに結構込んでる! | トップページ | Yahoo!BBの委託で札幌市北区の「アライド」、下四桁総当たりで営業電話を寄越す »

2006-11-04

「マスコミたらい回し」とは? (その31) 日刊スポーツの事実誤認記事を書いた井上真記者の「堂々たる開き直り」 「全国紙のコラム」なら「裏取り不要」 一言も謝らず

2006-11-02 「マスコミたらい回し」とは? (その29) 誤報を書き飛ばした日刊スポーツ井上真記者「知らないから書かない、のに疑問」と開き直る
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/11/29_2f99.html
の続き。

井上真記者の
 弁解
が、webにも掲載された。
 いい訳炸裂、文章を書き、全国に報道することで金を貰っているプロの風上にも置けない、ジャーナリストの名に「恥じる」内容
なので、引用は最低限にしたい。全文はリンク先にてご確認願いたい。
なお、本紙の方には、
 井上真記者のご尊顔も掲載
されているそうなので、まだ「雁首」を保存していない医療関係者におかれましては、最も日刊スポーツが儲からないやり方で掲載されている本紙をゲットして、スキャンするなり、ファイルするなりをオススメする。
あ、「雁首」ていうのは報道関係者の用語で「顔写真」のことね。殺人事件などが起きると、被害者の「雁首」を取ってくるのが、下っ端の仕事だ。イヤな仕事ですな。遺族が泣き叫ぶ被害者宅から写真をもぎ取ってくるわけで。勝手に上がり込んで、アルバムから写真を剥がす強者がいるのが報道機関だ。死者には個人情報保護法がおよばないらしい。

 記者コラム「見た 聞いた 思った」
2006年11月03日 医療現場の声聞いて:井上真
http://blog.nikkansports.com//nikkansports/writer/archives/2006/11/post_575.html

事実誤認を書き飛ばしたことを、こうも開き直れる記者に、今でもコラムを担当させている日刊スポーツの報道機関としての見識を疑う。


多くは「感情むき出しの批判の垂れ流し」との声でした。その通りです。改善策も示さず、感じたままを文字にしました。
 医療がどれだけ混乱しているかを、どんな形であれ読んだ人に痛烈に、思い知ってもらいたいと思いました。主観を前面に、一方的な視点で言葉を投げることにしました。なぜなら、私のように無知でも、病院は救ってくれるんだと信じ、医者にすがるしかない人が、どれだけ深く絶望したかを、そのまま伝えたかったからです。読んですぐ忘れられてはいけないテーマと思い扱いました。読む人の心に石を投げ込むように書きました。
 「知りもしないで」との声もありました。知る→書く、知らない→書かない。これは論理的なことです。我々の仕事は、知る→取材→書く→検証、の連続です。一方でこうしたコラムに臨む時、大きな驚きや失望に接した時「知らない」「取材していない」の理由で書かないことには疑問があります。問題が起きたその時に、伝えたいものがあるのなら、事実を踏まえてどれだけ提起できるか。これも求められると思います。

しかし、人間
 ここまで開き直れる
ものですか? 凄いよな〜。

医療関係者に怒りが拡がっている。
奈良・大淀病院 警察が捜査へ ★6スレッドより。


460 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 00:30:41 ID:xfcZOg4u0

「恥を知れ」に弁明 奈良・妊婦死亡
http://ameblo.jp/med/entry-10019348266.html

465 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 01:57:01 ID:puTcer85O
無知な知識で、「恥を知れ」とまで医療現場を評論しておいて、反発には「患者は、医師に縋るしかない」だと…。記事に対する責任意識もないなぁ。「感想文」などスポーツ紙に載せる価値のないよ。「感想文」書いてるくらいなら、現地経時的経過を詳しく伝える方がよっぽど誠実だよ。

468 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 03:01:41 ID:aLu7wkCM0
井上真のこの名文は医療崩壊アーカイブスに永久展示して若い医師に読ませるべきだな。
使命感に駆られて過重労働を続けた結果がなにをもたらすのかを新人医師に教育するための格好の材料だね。

で、特にこの部分は、医師に反感を買っている。
 「私のように無知でも、病院は救ってくれるんだと信じ、医者にすがるしかない人が、どれだけ深く絶望したか」
ま、「マスコミたらい回し」のターゲットになるかも知れませんな、井上真記者。現在、毎日新聞奈良支局の青木絵美記者と
 日本全国の医療機関でもっとも「来て欲しくない患者さん」ランクの首位を争っている
と思われる。

医師達のステキな反応。


466 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 02:02:10 ID:emh6T64j0
同じ人間同士だ、我々医者如きに縋られても困る
どうせ縋るなら、真の救済者に縋って欲しい、あの方だ。

467 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 02:18:57 ID:puTcer85O
誰でござるか?

469 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 03:07:50 ID:emh6T64j0
>>467
薬師先生(内科)、不動先生(外科)、阿弥陀先生(P科)、弥勒先生(小児科)、大日先生(総合科)、

470 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 03:21:18 ID:KCzfFCVb0
>>459
はて?
小児科は地蔵先生と聞いた

471 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 06:36:13 ID:wz2vK+t1O
地蔵菩薩先生は僻地専門です

472 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 07:34:56 ID:knx+fSeh0
>>471,469
地蔵菩薩先生僻地ではギネもおやりだが、観音先生(産婦人科)

473 :卵の名無しさん :2006/11/04(土) 09:41:36 ID:2ImfsGvwP
地蔵先生、がんばれ、超がんばれ

どうも、井上真記者を積極的に診てくれるような慈悲深い先生は
 仏様と菩薩様、明王様
だけらしいですよ。南無〜。

|

« 正倉院展恐るべし(その2) 6時過ぎに入館したのに結構込んでる! | トップページ | Yahoo!BBの委託で札幌市北区の「アライド」、下四桁総当たりで営業電話を寄越す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12548605

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは? (その31) 日刊スポーツの事実誤認記事を書いた井上真記者の「堂々たる開き直り」 「全国紙のコラム」なら「裏取り不要」 一言も謝らず:

« 正倉院展恐るべし(その2) 6時過ぎに入館したのに結構込んでる! | トップページ | Yahoo!BBの委託で札幌市北区の「アライド」、下四桁総当たりで営業電話を寄越す »