« 科研の旅費、相変わらず振り込まれず (その2) | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 中国、「新型の鳥インフルエンザ」発生源説を必死に否定 »

2006-11-13

新華社通信カメラマン、ビザ切れの上、女性盗撮?

新華社通信と言えば
 中国国営、国務院直属の通信社
であり、
 中国共産党のプロパガンダ機関
として、長く君臨しているメディアなのだが、その新華社通信のカメラマンが
 ビザ切れの上に、若い女性ばかり撮影しまくり
で、通報されて逮捕、という
 どうした、中国共産党
なトホホなニュース。

朝日より。
例によって、
 突っ込みどころ満載
である。


「新華社通信」カメラマン、不法残留容疑で現行犯逮捕
2006年11月12日18時45分
 12日昼ごろ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅構内で「カメラで若い女性ばかり撮っている不審な男がいる」と通行人から兵庫県警鉄道警察隊に通報があった。同隊員が男を見つけて職務質問したところ、中国人で、ビザの残留期限が切れていたため、出入国管理及び難民認定法違反(不法残留)の疑いで現行犯逮捕した。男は中国の国営通信社「新華社通信」のカメラマン(46)。「期限が切れているのはわかっていた」と、容疑を認めているという。

 県警葺合署の調べでは、カメラマンは10月22日に、現在開催中のバレーボール世界選手権の取材のため来日。公用ビザの残留期限が今月6日で切れたのに、更新せずに滞在した疑い。「大阪での試合を取材する前に、神戸に遊びに来ていた」と供述しているといい、同署でさらに詳しく事情を聴いている。

つか、
 ビザ切れなのに仕事を続けてる
っていうのもアレですが
 遊びに来ていて、若い女性ばっかり撮影
って、お前、なにしとんねん。地に墜ちたモノですな、新華社通信。

ここは一つ、新華社通信から 
 正常な取材活動への妨害行為である(棒読み)
みたいなリアクションが欲しいところだ。(違)

|

« 科研の旅費、相変わらず振り込まれず (その2) | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 中国、「新型の鳥インフルエンザ」発生源説を必死に否定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12665915

この記事へのトラックバック一覧です: 新華社通信カメラマン、ビザ切れの上、女性盗撮?:

« 科研の旅費、相変わらず振り込まれず (その2) | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 中国、「新型の鳥インフルエンザ」発生源説を必死に否定 »