« 忍び寄る鳥インフルエンザ 韓国でのH5N1型鳥インフルエンザ発生に伴い、鶏肉・卵の輸入禁止・空港での靴底の消毒開始 | トップページ | 架空請求ハガキが来た! »

2006-11-25

よりによってポロニウムで毒殺か ロシアの暗殺は嫌がらせにも磨き

ポロニウム、といえば、小学生からおなじみ、偉人伝中の人
 キュリー夫妻のポロニウム分離
だろう。
 自然放射能の発見
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/16020104_1.html
1898年に分離された新元素に
 マリー・キュリーの祖国ポーランドの名をつけた
のがポロニウムだ。
 元素記号Po 原子番号84
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/dic_1462_01.html

ロシアは、ポーランドに対し、嫌がらせとも思える
 食肉禁止措置
を取っていて、いまEUで揉めているところだ。


対ロ協定交渉入りできず EU、ポーランド反対で

 【ブリュッセル23日共同】欧州連合(EU)議長国のフィンランドは23日、エネルギー分野などを含むロシアとの包括的な新協定について、予定していた24日からの協議開始が不可能になったと発表した。強硬に反対するポーランド政府を説得できず、EUとしての交渉権を確立できなかった。ロイター通信が伝えた。

 エネルギー、貿易、経済など幅広い分野の協力を定めた現協定は来年11月に失効するため、双方は新協定の協議開始を急ぎ、24日にヘルシンキで開かれるEU・ロシア首脳会談での交渉入りを目指していた。

 ポーランドは、ロシアによる食肉などの輸入禁止の解除を協議入りの条件としていた。強硬な反対の背景には、エネルギー分野でのEUの過度のロシア依存への強い危機感もある。

 ロシアは今月初めには、来年1月からEU全域からの食肉輸入を禁止するとEUに通告。新協定締結を急ぐようEU側への圧力を強めていた。

(2006年11月23日 23時28分)


さて、そんな時に
 元ロシアの諜報機関職員がポロニウムで毒殺
というお話。
読売より。


不審死の露元スパイ、体内などから放射性物質

 【ロンドン=森千春、千葉直樹】旧ソ連諜報(ちょうほう)機関「国家保安委員会(KGB)」の後継機関である露連邦保安局(FSB)の元中佐アレクサンドル・リトビネンコ氏(43)の不審死事件で、ロンドン警視庁は24日、死因に関連していると見られる放射性物質「ポロニウム210」がロンドン市内のホテルなどで検出されたと発表した。


 英外務省はユーリー・フェドトフ駐英ロシア大使を呼び、「深刻な事件」であるとの認識を伝え、露政府が捜査に必要な情報を提供するよう要請、事件は英露関係に影を落とし始めている。

 ロシアのプーチン大統領を批判して英国に亡命したリトビネンコ氏は、チェチェン独立派への対応などでプーチン政権を批判した女性ジャーナリスト殺害事件に関する情報を入手した11月1日に体調を崩し、病院で治療を受けていたが、容体が悪化、23日夜、収容先の病院で死亡した。英保健当局が24日、同氏の尿からポロニウム210が検出されたと発表、死因に関連しているとして捜査が進められている。

 放射性物質が検出されたホテルは、リトビネンコ氏が発症当日、KGBの元職員らと面会した場所で、ここで問題の物質を摂取させられた可能性が浮上している。

 25日付の英紙ザ・タイムズ早版は、英政府高官の話として、放射性物質のポロニウム210を使った手口や未公表の証拠などから見て「外国の工作員による殺人だったと見られる」と報じた。英紙デイリー・テレグラフ紙電子版は24日、「もしロシア当局の事件関与が明るみに出れば、英露関係は、冷戦終結以降、最悪となる」と伝えた。

 ◆ポロニウム=1898年にキュリー夫妻が発見した放射性物質で、夫人の母国ポーランドにちなんで命名された。人体への毒性が非常に強く、放射能もウランの300倍と強い。異なる質量を持つ7種の同位体のうち、ポロニウム210は人工的に作り出して、放射線源として使われる。

(2006年11月25日12時49分 読売新聞)

すごいもの使いますな、ロシア人(たぶん)。てか、なんでバレバレになりそうなポロニウム210で殺しますか。
  自然界で一番長い半減期をもつ同位体=138.376日
でしょうが。今ならまだ、あちこちに痕跡残りまくりのはず。
 わざとやってる
としか思えないんだけどね。

で、例によってWikipedia、仕事早い。
 Wikipedia ポロニウム
http://ja.wikipedia.org/wiki/ポロニウム

続き。放射性物質の検出された場所は、BBCニュースに詳しく書いてあった。


Radiation found after spy's death

Police probing the death of Russian ex-spy Alexander Litvinenko have found above-normal levels of radiation at three locations in London.
Mr Litvinenko's death has been linked to the presence of a "major dose" of radioactive polonium-210 in his body.

Scotland Yard confirmed traces were also found at his home, a sushi bar and a hotel, but the risk to others was said by health experts to be very low.

The Kremlin has denied UK citizen Mr Litvinenko's claims it was involved.

The traces were found at the Itsu sushi restaurant in Piccadilly, the Millennium Hotel, Grosvenor Square, and at Mr Litvinenko's home in Muswell Hill, north London, Scotland Yard said.

http://newsimg.bbc.co.uk/media/images/42355000/gif/_42355662_litvinenko_203xoth.gif

Information

Moscow has been asked to help British police in their investigations, the Foreign Office has said.

Officials discussed the issue with the Russian Ambassador, Yuri Fedotov, at a meeting this afternoon, said a spokeswoman.

Officers are looking at CCTV footage and interviewing witnesses, trying to find out who he met around the time he fell ill on 1 November, said Peter Clarke, head of the Counter Terrorism Command which is leading the investigation.

Tests are also being carried out at the two London hospitals where Mr Litvinenko had been treated, University College and the Barnet General, the Health Protection Agency said.

Professor Pat Troop from the HPA told a news conference that the tens of hospital staff who had come into contact with him would be monitored.


RADIATION TYPES
http://newsimg.bbc.co.uk/media/images/42355000/gif/_42355422_radiation_inf203.gif
Alpha particles are stopped by a sheet of paper and cannot pass through unbroken skin
Beta particles are stopped by an aluminium sheet
Gamma rays are stopped by thick lead

She said Mr Litvinenko would have had to either eaten, inhaled or been given the dose of polonium-210 through a wound.

She said the nature of death as an "unprecedented event in the UK".

Roger Cox from the HPA said a large quantity of alpha radiation emitted from polonium-210 had been detected in Mr Litvinenko's urine.

The radiation cannot pass through the skin, and must be ingested or inhaled into the body to cause damage.

He said people who came into contact with Mr Litvinenko's excreta - including sweat - could in theory be affected, but described the risk as "insignificant".


POLONIUM-210
a highly radioactive and toxic element
present in foods and tobacco in low doses
small amounts occurs naturally in the body
can be manufactured using the bombardment of neutrons
has industrial uses such as in anti-static devices
very dangerous if significant dose ingested
external exposure not a risk

As the conference drew to a close, a heckler interrupted saying he was from Ukraine and had also been the victim of poisoning.

A post-mortem examination on Mr Litvinenko has not been held yet.

The delay is believed to be over concerns about the health implications for those present at the examination.

The Home Office said anybody concerned should contact NHS Direct on 0845 4647, who have been briefed about the issues.

Meanwhile, the government's civil contingencies committee Cobra has met to discuss the case.

一箇所、
 寿司バー
が含まれている。


すしバーから放射能検出 (時事通信)

 すしバーから放射能検出【AFP=時事】
リトビネンコ元ロシア連邦保安局情報員が体調不全に陥る当日に訪れたロンドン市内のすしバー。ロンドン警視庁は、すしバーなど3カ所から、放射性物質の痕跡を検出したことを明らかにした(24日)

なんだって寿司バー?

おまけ。国際通販はしないが
 アメリカ国内で放射性物質販売をしているサイト
では
 ポロニウム210を $69
で販売しているとか。

Alpha-only radiation emitters ( This is currently the only legal Alpha source available without a license. )

ISOTOPE Polonium210
ACTIVITY/HALF-LIFE/ENERGIES (KeV)
0.1uCi/138 days/5304.5
Price: $69.00

何でも売るな、アメリカ人。

|

« 忍び寄る鳥インフルエンザ 韓国でのH5N1型鳥インフルエンザ発生に伴い、鶏肉・卵の輸入禁止・空港での靴底の消毒開始 | トップページ | 架空請求ハガキが来た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12816507

この記事へのトラックバック一覧です: よりによってポロニウムで毒殺か ロシアの暗殺は嫌がらせにも磨き:

« 忍び寄る鳥インフルエンザ 韓国でのH5N1型鳥インフルエンザ発生に伴い、鶏肉・卵の輸入禁止・空港での靴底の消毒開始 | トップページ | 架空請求ハガキが来た! »