« 人手不足の民間産科でバイト 神戸市民病院医師、公務員の兼業禁止に触れ戒告 産科医不足の病院はかつての名門「パルモア」の噂 年間1000件扱うパルモアなら、今回の件で医師流出が相次ぐと、神戸近隣の出産は崩壊 | トップページ | 秋の観光シーズン@京都 »

2006-11-03

正倉院展恐るべし

本日三連休の初日。
読売新聞ががんがんフィーチャーした甲斐あって、三時前に近鉄奈良駅に来てみたら、
ただいま入場制限で一時間待ち
という張り紙が駅のあちこちに。案の定、三時五分発の京都行き特急はほぼ満席だ。たぶん、ほとんどが交通事情を知らない、関東方面からの観光客と思われる。特急のすぐ前に発車した京都市営地下鉄に乗り入れている急行の方が便利な人もいるだろうに。
今日は開館時間延長の日だが、この込みようだと、六時位に入るのが吉かな。来週の金曜日はもう少し空いていることを祈る。

しかし、隣に座ったにいちゃんが、弁当を食べるのはいいんだけど、ざる蕎麦弁当って、結構においがすごいな。次から、自分がやらないよう、気をつけよう。

|

« 人手不足の民間産科でバイト 神戸市民病院医師、公務員の兼業禁止に触れ戒告 産科医不足の病院はかつての名門「パルモア」の噂 年間1000件扱うパルモアなら、今回の件で医師流出が相次ぐと、神戸近隣の出産は崩壊 | トップページ | 秋の観光シーズン@京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12537459

この記事へのトラックバック一覧です: 正倉院展恐るべし:

« 人手不足の民間産科でバイト 神戸市民病院医師、公務員の兼業禁止に触れ戒告 産科医不足の病院はかつての名門「パルモア」の噂 年間1000件扱うパルモアなら、今回の件で医師流出が相次ぐと、神戸近隣の出産は崩壊 | トップページ | 秋の観光シーズン@京都 »