« 納豆ダイエットは虚偽データ (その9) 孫請け制作会社アジトとは | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 宮崎の鳥インフルエンザは中国などで流行の型と一致 »

2007-01-23

「マスコミたらい回し」とは? (その38) 毎日新聞社説、朝日の「珊瑚事件」に関テレの「納豆ダイエット捏造問題」が匹敵と批判 大淀病院産婦死亡事例の誤報はスルーで明日、新聞労連の特別賞もらうよ

これは
 永遠に残したい、大ネタ社説
だ。保存を推奨する。


社説:ねつ造番組 報道機関を名乗る資格がない

 フジテレビ系列で放映されたバラエティー番組「発掘!あるある大事典2」でデータやコメントのねつ造が発覚した。納豆を食べるとダイエットできるという番組内容はまったくのでたらめだった。
 制作した関西テレビ(大阪市北区)は20日に緊急会見した。やせたことを示す写真は別人で、米国の大学教授の発言について日本語訳をねつ造したり、正常値になったとされる中性脂肪値は実際には計測すらしていなかった。
 今月7日の番組放送の直後から、納豆が急に売れ出し、価格も急上昇して、店頭から姿を消したところも多かった。ところが、ダイエット効果についてはまったくのねつ造で、増産体制をとった業者は一転して過剰在庫を抱えるなど、混乱が広がっている。
 テレビ番組をめぐっては、やらせや視聴率操作などの問題がこれまでも続いたが、ねつ造が引き起こした社会的な影響の大きさという意味から、今回の番組は特に悪質だ。新聞でいうなら社長が辞任に追い込まれた朝日新聞の「サンゴ事件」に匹敵する。
 にもかかわらず関西テレビは自覚に乏しい。緊急会見では当初「事実と異なる部分があった」と繰り返すだけで、記者から追及され、会見の最後でようやくねつ造を認める始末だった。
 会見では社長が「報道機関でもある放送局として」とも語っていた。しかし、こんな状態で報道機関と言えるのだろうか。関西テレビだけでなく、フジテレビ系列局全体としてとらえるべき問題だ。ライブドアとの攻防の際、フジテレビは「公共性」を強調していたが、公共性を語る資格があるのかとも言いたい。
 番組制作会社に丸投げし、テレビ局はノーチェック状態だったことも明らかになった。特定の食品を大量に食べればやせられるなどという話は常識的におかしく、それに気付いて当然だった。
 視聴率を稼ぐと同時に制作費を削り利益を増やそうとするテレビ局の経営姿勢が、ねつ造ややらせを生んでいると指摘されている。ねつ造は番組制作会社のスタッフの行為だが、少ない予算で酷使し、視聴率の獲得まで強いているテレビ局の責任はさらに重大だ。
 テレビ局は、コンテンツ産業の頂点に君臨してきた。しかし、コンテンツ産業の大部分がテレビ局の下請けという構図のままでいいのだろうか。お手軽なバラエティー番組ばかりが量産され、ねつ造ややらせまで行わざるを得ない状態でまともなクリエーターが育つとは思えない。
 テレビ放送のデジタル化が、巨額の公費をつぎ込んで行われているが、テレビ局と番組制作会社の関係がこのままでは、今回と同じことが繰り返されかねない。
 放送と通信の融合はさまざまな観点から論じられ、コンテンツ産業の育成も大きなテーマだ。そのためには、番組制作をテレビ局の下請けから解放するという視点と、そのための方策も必要なのではないだろうか。

毎日新聞 2007年1月23日 0時55分

いや〜、
 毎日新聞、渾身の大ネタ
で、朝から笑わせていただきました。

で、明日は
 新聞労連のジャーナリスト大賞、疋田桂一郎賞の授賞式
ですね。


平和・民主主義の確立、言論・報道の自由などに貢献した記事・企画・キャンペーンを表彰する第11回新聞労連ジャーナリスト大賞と、今回新設された疋田桂一郎賞の受賞作品が決まりましたのでお知らせします。
 今回の対象作品は昨年1月1日から12月末日までに紙面化された記事などで、柴田鉄治(元朝日新聞社会部長)、北村肇(週刊金曜日編集長)、藤田博司(元共同通信論説副委員長)、鎌田慧(ルポライター)の選考委員4氏による審査で選定されました。
 ジャーナリスト大賞、疋田桂一郎賞の授賞式は、新聞労連第109回臨時大会初日の1月24日午後2時から、日本教育会館で行われます。

特別賞 2件
☆毎日新聞労組 毎日新聞 奈良支局 ・大阪科学環境部取材班
 「奈良・大淀病院妊婦死亡」をはじめとする全国の母子救急医療搬送システムの未整備を問う一連のスクープと検証キャンペーン

奈良支局と一緒に賞を受ける
 大阪科学部環境部 根本毅記者
は、こんな記事を書き飛ばしている。詳しい話は以下に。
2006-10-20 「マスコミたらい回し」とは? (その9) 今度は大阪府立母子保健総合医療センター産科部長が「搬送拒否」のいい訳か? 「脳内出血と分かっていれば」と大淀病院を非難
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/10/9_dc74.html

で、
 新聞労連に電話した
ヒトがいる。毎日新聞★青木絵美タンをたたえるスレ★奈良支局より、


960 :卵の名無しさん :2007/01/22(月) 15:27:16 ID:qAgG8tm60
先週は昼間に全然ヒマがなかったけれど、今日は多少余裕があったので
電突してみますた。

http://www.shinbunroren.or.jp/oshirase/oshirase.htm#20070111_13678
ここを参考に、担当の方に聞いてみますた。

わし:今回のジャーナリスト大賞に関して少々質問がありますが
担当:なんでしょう
わし:受賞した記事に関して、報道の正確性というものは問われないものでしょうか?
担当:具体的にはどういった件で?
わし:奈良支局の件です
担当:それに関してはメールで数件来ていまして、その内容については選考委員へ問い合わせをしているところです。
わし:私はいまさら選考結果が変わるとあまり思っていないのですがどうでしょう?
担当:今返事が返ってきている委員のものでは、結果を変えるものはありません。

捏造記事でも話題になればいいようです。
尋ねる内容をしっかり準備しなかったことは反省。


961 :卵の名無しさん :2007/01/22(月) 17:48:31 ID:xv8QcIYt0
>>960
ん?メールで「数件」程度なのか?

962 :卵の名無しさん :2007/01/22(月) 20:01:53 ID:An6+MDaJ0
数件しか読んでないってことじゃねーの?

963 :卵の名無しさん :2007/01/22(月) 20:45:59 ID:DWEWRszh0
自称ジャーナリスト達は毎日新聞の手法を容認どころか賞賛し
毎日新聞は反省や訂正をする気はいっさいなしと。

とりあえず
>奈良支局・大阪科学環境部取材班
科学の字は外そうよ。

ま〜、
 自分たちの報道を「正当化」するだけの一方的な姿勢で大淀病院の産科を閉鎖に追いやった
んだからな〜。そんなのは
 科学
じゃないだろ、根本毅記者。

選考委員の一人、鎌田慧も終わったな。

|

« 納豆ダイエットは虚偽データ (その9) 孫請け制作会社アジトとは | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 宮崎の鳥インフルエンザは中国などで流行の型と一致 »

コメント

いつも拝読しております。

毎日新聞、まったく「お前が言うな!」ですね。

新聞労連も「逝ってよし」です。

投稿: わし | 2007-01-23 13:00

鎌田慧なんぞ
と~っくの昔に終わってると思いますがw
\(^O^)/

投稿: SME | 2007-01-23 15:21

だいたい疋田桂一郎自体が電波系記者だし。

投稿: ssd | 2007-01-23 17:21

毎日新聞の社説、6段目も赤字にしていただきたいところですね。
厚顔無恥って言葉がぴったりはまりすぎです。

投稿: pos | 2007-01-23 21:39

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070123ddm002100121000c.html

自分たちの記事で医療崩壊招いた挙句、こんな連載始めました。
マッチポンプのお手本でもやるつもりでしょうか。

投稿: 禿げます会 | 2007-01-24 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/13628016

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは? (その38) 毎日新聞社説、朝日の「珊瑚事件」に関テレの「納豆ダイエット捏造問題」が匹敵と批判 大淀病院産婦死亡事例の誤報はスルーで明日、新聞労連の特別賞もらうよ:

« 納豆ダイエットは虚偽データ (その9) 孫請け制作会社アジトとは | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 宮崎の鳥インフルエンザは中国などで流行の型と一致 »