« 福島県立大野病院初公判(その3) うちの町では産科休止になって700件のお産が町内でできなくなりました→追記あり | トップページ | 交通事故で逝った妻が不倫をしていました 妻を熱愛していた故に壊れてしまった夫の物語 »

2007-01-29

福島県立大野病院事件初公判 (その4) 判決が産科医と妊産婦にもたらす暗い未来

極めてまれで不幸な事例について
 逮捕および刑事告訴
が行われた福島県立大野病院事件だけれども、この裁判が
 日本の産科と妊産婦に与える影響
はかなりのものだ。

以下は
 もっとも悪い影響
について、医療関係者と思われる人たちが考えている
 日本のお産の未来像
だ。
【裁判】 "全国の医師が逮捕に抗議" 帝王切開中の妊婦を死亡させた産科医、起訴事実否認…医療界注目の公判★4スレッドより。


610 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 14:57:14 ID:O0SdwMrp0
これが前例となって、
子宮摘出が事実上の義務とされるわけです

母体は死なないし、医者も明確な基準が出来て
めでたしめでたし

でいいのかな?

615 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 14:59:06 ID:Ie8VwX5e0
>>610

この裁判が有罪となったら、ちょっとでもなにかあったら子宮摘出がstandardになるだろうね。

でも、無罪になったら?

皆さん今までの基準で子宮を温存する努力をします?

617 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 14:59:57 ID:cEAvJTh20
>>610
「初産で必ず帝切・子宮摘出」にすれば第2子以降の合併症は防げるな

…そんな悪魔みたいな仕事に携わるなら医者やめるだろうな

623 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:03:12 ID:MC0kYexx0
>>615
無罪になったとしても大野病院医師逮捕事件の前と後では
当然変わってくる。
癒着胎盤の疑いをもったら即子宮全摘
するしかない。
たとえばじんたい、じゃなくて臍帯をある程度牽引して胎盤が簡単に
剥離しなければ、すぐに子宮全摘
とか。
結果的に癒着胎盤では無い可能性もあるが、事前にその旨を説明し、
患者に納得してもらい、同意書をもらっておくしかない
だろう。

644 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:10:18 ID:Ie8VwX5e0
>>623
ということは、今後日本では出産時の子宮摘出が増加するのは決定。
その結果、摘出する必要のない子宮が摘出されるという事態が増加するのも決定。
どの程度、増加するかは判決次第。

その結果、1万例に1例の癒着胎盤症例の救命率が少し上がるかも?ということか。

理屈上では周産期の死亡率が少しでも低下する可能性があるが、統計上は誤差の範囲だろうな。

今回の裁判を通じて産科に関わっている医者・患者に何かいい事があるのかね?

649 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:11:52 ID:1MuEZOkD0
>>644
>今回の裁判を通じて産科に関わっている医者・患者に何かいい事があるのかね?

ある。それは心置きなく辞められるということ(泣)

655 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:15:10 ID:Ie8VwX5e0
>>649

確かにそうだね(泣)。

今まで産科をやめるのに踏ん切りついていなかった人たちも、
これが裁判になった時点でやめてるだろうね。

かくして産科の逃散は進む。

リスク回避ということなら、極端な話、こんな処置もあり得る。実行はされないだろうけど。


628 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:04:34 ID:ASJN8iWU0
>>617
人工妊娠中絶も頚管妊娠→大量出血のリスクを上げるので
中絶手術は子宮摘出でいいと思います

641 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:09:50 ID:i0of/mMj0
>>628
妊娠中毒症とか品胎とかはリスクが上がるんで
中絶という方向でよろしいでしょうか?
妊娠前の体重が75kg以上の妊婦の妊娠についても
中絶した方がリスクが少ないですし。

実際、お産の現場は
 常に命がけ
なのだ。予想はつかない。下の書き込みで、産科の現場について答えているのは産科の先生のようだ。


674 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:21:27 ID:i0of/mMj0
>>669
転科する人もいるし、「婦人科」オンリーになる人も多い。
お産を扱わないだけで、かなり楽(というと語弊はあるが)になるから。

682 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:24:53 ID:SsVMQ5pO0
>>674

ほほう
ぶっちゃけ医者的には産科って他に比べて重い仕事なのかな、やっぱり?

695 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:29:27 ID:i0of/mMj0
>>682
さっきまでは順調な経過だったのに、いきなり急転する
妊婦は多い。
普通に買い物してたら、胎盤剥離起こして倒れた、とか。
昨日の検診では胎児が元気だったのに、今日になったら
胎児の心音が取れないとか。
データをひっくり返しても問題なかったはずなのに、
分娩で予想外の事が起きるのが出産。
出産が無事に終わっても、出血が止まらないとか、
止まっていたはずなのにいきなり大量出血とか、
これも予想外の事が多い。
寝不足が続いているんで寝たいのに、陣痛が始まれば
基本的に止められないのがお産。
でも後○時間後、とは確実に予想が出来なかったりもする。

702 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:34:06 ID:SsVMQ5pO0
>>695

それでも産科医やってる人のモチベってなんだろ
収入?

736 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:44:45 ID:Orvka7a20
>>702
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1110416674/ より転載

979 名前:名無しさん@5周年 投稿日:05/03/13 20:55:45 ID:MNH5Ljgv
うっとおしいだろうが聞いてくれ。

俺は赤ちゃんが好きで産科医になった。
小児科でも小児外科医でも良かったが、
赤ちゃんが死ぬ場所よりも生まれてくる場所で仕事がしたかったんだ。
想像したとおり素晴らしい職場だった。
誰のためでもなく、命がけで命を生み出すお母さん達。
産まれた命に惜しみない祝福を送る家族。
何かが起きたときには、それを及ばずながら手助けできる。
初めての帝王切開の子供が退院したときの光景は一生忘れない。

大学で研修生活を送るようになると、
そのお母さん達が癌で自らの命を削っている。
ちっちゃなちっちゃなお婆ちゃんたちが
腹水をパンパンに溜めて死んでいく。
助けたいと思うのは自然の流れだった。

718 :名無しさん@七周年:2007/01/29(月) 15:37:53 ID:78tSHqFE0
>>702
収入も大したこと無い
尾鷲程度で大ニュースになるくらいだし、ここや大淀みたいな公立病院は公務員だからね

でもこの人も大淀もたった一人で産科医をしていたからもし自分が辞めればこの地域一帯の産科は全滅する
妊婦さんたちが車で1.2時間かけて検診や出産しないといけなくなる、自分がこの地域のお産を支えているという
義務感で頑張っていた

まあこの事件や大淀のせいでそのモチベーションも砕け散ってきてるけどね

|

« 福島県立大野病院初公判(その3) うちの町では産科休止になって700件のお産が町内でできなくなりました→追記あり | トップページ | 交通事故で逝った妻が不倫をしていました 妻を熱愛していた故に壊れてしまった夫の物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/13704575

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県立大野病院事件初公判 (その4) 判決が産科医と妊産婦にもたらす暗い未来:

» 福島大野病院事件 検察の希望する結果は「子宮全摘」 果てしない影響… [勤務医 開業つれづれ日記]
ふと、暗いことを思いつきました。 天漢日乗 (いつもお世話になっております) 福島県立大野病院事件初公判 (その4) 判決が産科医と妊産婦にもたらす暗い未来 http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/01/4_35ac.html にほとんど同じ 内容... [続きを読む]

受信: 2007-01-30 18:34

» ここは酷い湖西線ですね [障害報告@webry]
湖西線開通が湖東および湖西の 経済発展に及ぼした影響について http://www.osaka-ue.ac.jp/zemi/kusanagi/19993/pdf/12murata.pdf 湖西線の意外とさえない事情が面白い [続きを読む]

受信: 2007-02-02 02:55

« 福島県立大野病院初公判(その3) うちの町では産科休止になって700件のお産が町内でできなくなりました→追記あり | トップページ | 交通事故で逝った妻が不倫をしていました 妻を熱愛していた故に壊れてしまった夫の物語 »