« 「マスコミたらい回し」とは? (その39) 毎日新聞奈良支局、「大淀病院産婦死亡事例」の誤報垂れ流しキャンペーンで新聞労連の特別賞もらって誇らしげ 一方同紙連載中の「医療クライシス」は「新生児仮死」の医療訴訟を取り上げる | トップページ | NHKも協力してるサンダンス映画祭で、AOL元副会長テッド・レオンシス出資の「南京」公開 アメリカは縮小する日本市場より中国市場を選ぶか »

2007-01-26

今週の青木絵美記者@大阪本社社会部大阪支社

先ほど、青木絵美記者のファンクラブ活動に強力な支援メールをいただいた。

この記事を覚えているだろうか。


奈良女児誘拐殺害:不審人物浮かぶ 県警、近く事情聴取へ

 奈良市の小1女児(7)誘拐・殺害事件で、奈良県警捜査本部の調べで29日、事件に関与したとみられる不審人物が浮上した。捜査本部はこれまで、犯人が持ち去った女児の携帯電話の発信記録や目撃情報などから慎重に不審人物の割り出しを進めてきており、この人物から近く事情を聞く方針を固めた。事件は発生から約1カ月半で、重大局面を迎えた。

 調べでは、女児は下校中の11月17日午後2時前ごろ、自宅約200メートル北の路上で、男が乗った車に連れ去られ、翌18日午前0時6分、南約6キロ離れた平群町菊美台の宅地造成地の道路側溝で、遺体が見つかった。

 発見時、両親に持たされていた携帯やランドセル、紺のジーンズジャンパーは現場になく裸足だった。死因は水死で、遺体の一部が傷つけられており、捜査本部は誘拐殺人・死体遺棄事件として捜査を始めた。

 女児の母親に送られた携帯メールの画像の分析などで、写真は室内で撮影したものとみられ、撮影時間は、メール送信直前の午後8時過ぎと判明。発信場所は、いずれも遺体発見現場南の奈良県平群、三郷、王寺町付近だった。さらに、写真送信の約1時間半前の午後6時半ごろには、平群町などの東南に位置する同県河合、上牧町で、データ通信が女児の携帯で行われていた。

 さらに、12月14日午前1時ごろ、この携帯から「今度は、妹をもらう」と書いたメールが両親の携帯に送られた。母親の携帯には事件当日と同じ女児の写真も届き、発信地域は、データ通信とほぼ同じ河合、上牧町付近だった。捜査本部は、これらの地域を含む奈良県北西部を中心に不審人物を捜査していた。

 一方、女児の連れ去りの瞬間を女児2人が目撃。男は車から降りず、女児と短い会話をすると自分から助手席に乗り込んだといい、車はハッチバック型だった。また、遺体には別人の毛髪や体毛が付着しており、女児と異なるB型など複数の血液型が検出された。捜査本部はこうした情報から不審人物の割り出しを急いでいた。

毎日新聞 2004年12月30日 3時00分

あの痛ましい、奈良女子小学生誘拐殺人事件の犯人、小林薫受刑者逮捕直前の
 特ダネスクープ
である。実はこの
 小林薫逮捕を抜いたのが青木絵美記者
だったというのだ。

いただいたメールに依れば
 青木絵美記者は、社内で人望も厚く、将来を嘱望されている若手記者
なのだそうだが、一身上の都合で、昨年12月から大阪本社社会部の大阪支社(街ネタなどを拾う、大阪本社の「ローカル」担当部署)配属になっているという。
なぜ
 大淀病院産婦死亡事例のご遺族
に青木絵美記者がたどり着いたかについても、だいたいわかった。

メールをくださった方は
 優秀な記者なのに、「大淀病院産婦死亡事例」報道のような「勇み足」は残念だ
と書いておられた。メディア関係者とおぼしい、メールをくださった方のこの一言は
 大淀病院産婦死亡事例の誤報によって傷つけられ、あるいは現場を立ち去った医師の先生方
には、わずかでも慰めになるのではないだろうか。毎日新聞奈良支局長と大阪本社の
 イケイケどんどん
に煽られ、押し流された全国のメディア関係者の中には、こうした「眼あるメディア関係者」もいたのだが
 スクープを至上命題とする、編集権を持つ上司の裁量によって、その言葉が表に出ることはなかった
ようだ。

|

« 「マスコミたらい回し」とは? (その39) 毎日新聞奈良支局、「大淀病院産婦死亡事例」の誤報垂れ流しキャンペーンで新聞労連の特別賞もらって誇らしげ 一方同紙連載中の「医療クライシス」は「新生児仮死」の医療訴訟を取り上げる | トップページ | NHKも協力してるサンダンス映画祭で、AOL元副会長テッド・レオンシス出資の「南京」公開 アメリカは縮小する日本市場より中国市場を選ぶか »

コメント

いつも拝見させていただいております。
毎日新聞は23日から「医療クライシス」という連載を始めました。これは全国版のようです。ひょっとすると、大淀病院の大誤報・大虚報のことは、東京本社が知らない可能性もあるかもしれません。(大阪本社が大手柄と報告しているかもorz)

この連載では、FAXあるいはメールで意見の受付を募集していますので、毎日新聞が奈良県でしでかしたこと(誤報と産科医放逐)を意見しようと思っています。

このような連載(以前格差問題も取り上げていました)はマスメディアとして素晴らしいこととは思いますが、正義を振りかざす前にすることがあるだろうと思わざるをえません。


http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/crisis/news/20070126ddm002100029000c.html

ファクス(03・3212・0635)
Eメールt.shakaibu@mbx.mainichi.co.jp
〒100-8051 毎日新聞社会部「医療クライシス」係

投稿: はやぶた | 2007-01-26 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/13661487

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の青木絵美記者@大阪本社社会部大阪支社:

« 「マスコミたらい回し」とは? (その39) 毎日新聞奈良支局、「大淀病院産婦死亡事例」の誤報垂れ流しキャンペーンで新聞労連の特別賞もらって誇らしげ 一方同紙連載中の「医療クライシス」は「新生児仮死」の医療訴訟を取り上げる | トップページ | NHKも協力してるサンダンス映画祭で、AOL元副会長テッド・レオンシス出資の「南京」公開 アメリカは縮小する日本市場より中国市場を選ぶか »