« 「マスコミたらい回し」とは? (その38) 毎日新聞社説、朝日の「珊瑚事件」に関テレの「納豆ダイエット捏造問題」が匹敵と批判 大淀病院産婦死亡事例の誤報はスルーで明日、新聞労連の特別賞もらうよ | トップページ | 納豆ダイエットは虚偽データ (その10) 「あるある」打ち切りを発表(速報) »

2007-01-23

忍び寄る鳥インフルエンザ 宮崎の鳥インフルエンザは中国などで流行の型と一致

やっぱり来たか。
先日の宮崎の鳥インフルエンザが、中国で多数の野生の鳥を殺した鳥インフルエンザウイルスとほぼ同じ遺伝子だという。
朝日より。


宮崎の鳥インフル、中国で流行のウイルスと一致
2007年01月23日15時30分

 宮崎県清武町で発生した鳥インフルエンザのウイルスが、一昨年から中国などで流行しているウイルスとほぼ同一の遺伝子を持っていることが専門家らの調査でわかった。専門家は、中国大陸から渡り鳥などによってウイルスが日本へ運ばれた可能性が高いとみている。農水省は感染経路をさらに詳しく調べる。

 同町の養鶏場で鶏を大量死させたウイルスを県が採取し、その遺伝子を茨城県つくば市の動物衛生研究所が解析していた。その結果、05年5月に中国で発生が確認されたH5N1型の強毒性鳥インフルエンザウイルスの遺伝子と塩基配列が99%以上、一致したという。東南アジアで猛威を振るうH5N1型ウイルスとは遺伝的に近くないとみられる。

 中国でのウイルスは、西部にある同国最大の青海湖で渡り鳥数千羽を死なせた。それまで野生の鳥では一般的に発症しないと考えられた鳥インフルエンザウイルスが、鳥の大量死を引き起こしたため、専門家を驚かせた。昨年11月に韓国で流行したウイルスも同じ系統と考えられている。

 世界保健機関(WHO)の調べでは、05、06年に中国で鳥インフルエンザにより13人が死亡したが、その一因となったという指摘もある。

 青海湖は国際的な渡り鳥の中継地。このウイルスがヨーロッパやアフリカまで広がって鳥インフルエンザを流行させたことが確認されている。

中国大陸や朝鮮半島から飛んでくる鳥が、鳥インフルエンザの運び手なのだ。防ぎようがないな。

ちなみに中国国内で13人が死んだと言われてるが、北京五輪を来年に控え、新型インフルエンザ初発が中国となる事態を恐れ、報道管制を掛けている中国が、正直に死者数を発表してるとは思えない。発生が医療体制の整ってない僻地だった例もあり、発表されないor潜伏している死亡例はまだあるのではないかと疑っている。

|

« 「マスコミたらい回し」とは? (その38) 毎日新聞社説、朝日の「珊瑚事件」に関テレの「納豆ダイエット捏造問題」が匹敵と批判 大淀病院産婦死亡事例の誤報はスルーで明日、新聞労連の特別賞もらうよ | トップページ | 納豆ダイエットは虚偽データ (その10) 「あるある」打ち切りを発表(速報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/13630312

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る鳥インフルエンザ 宮崎の鳥インフルエンザは中国などで流行の型と一致:

« 「マスコミたらい回し」とは? (その38) 毎日新聞社説、朝日の「珊瑚事件」に関テレの「納豆ダイエット捏造問題」が匹敵と批判 大淀病院産婦死亡事例の誤報はスルーで明日、新聞労連の特別賞もらうよ | トップページ | 納豆ダイエットは虚偽データ (その10) 「あるある」打ち切りを発表(速報) »