« 能登沖地震 (その15) 被害の大きい門前地区で、家の崩壊を待つマスコミのカメラに怒り心頭→追記あり | トップページ | 「乗り間違った」と走行中の新幹線の非常用ドアコック操作 新幹線止める »

2007-03-28

小児科医の自殺は過労死、東京地裁が労災認定の判決 (その3) 厚労省が控訴断念、労災認定判決確定

99年に過労のため鬱病となり自殺に追い込まれた小児科医中原先生の裁判だが、厚労省が控訴を断念、一審の判決が確定した。
以前、拙blogでも新宿労基署長・東京労働局長・柳沢厚労相厚労相宛に控訴断念をお願いする葉書を出そう、と呼びかけたのだが、ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。みなさまのお力添えで、厚労省は控訴を断念しました。厚く御礼申し上げます。

朝日より。


小児科医の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念 労災認定へ
2007年03月28日06時16分

 東京都内の民間病院に勤めていた小児科医、中原利郎さん(当時44)の自殺の労災認定を巡る訴訟厚生労働省は27日、労災を認めなかった新宿労働基準監督署長の決定を取り消した東京地裁判決を受け入れ、控訴を断念する方針を固めた。宿直勤務が月8回に及ぶなど、判決が認めた過重労働による心的負担の大きさを覆すのは難しいと判断した。

 判決によると、中原医師が勤めていた立正佼成会付属佼成病院の小児科では医師の転職や退職が相次ぎ、中原医師の99年3月の勤務は宿直8回、休日出勤6回、24時間以上の連続勤務が7回で、休日は2日。宿直勤務も「疲労を回復し得る程度の睡眠を確保することは困難」として、「業務は精神疾患を発症させ得る程度の危険性を内在していた」と結論づけた。

この判決によって、今後、日本中の医療従事者の労働環境が整備され、過労死が根絶されることを強く願う。
医療現場では熟達した医療技術者が日本の医療水準を支えているのだ。他を以て代え難い人材が、疲弊し、命を絶つようなことが二度とあってはならない。

 小児科医中原利郎先生の過労死認定を支援する会
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/
奥様のお礼の言葉がトップページに掲載されている。明日は、使用者側である立正佼成会付属佼成病院の安全配慮義務違反を問う民事裁判の判決が出る。こちらにも注目したい。

2007-03-14 小児科医の自殺は過労死、東京地裁が労災認定の判決
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/03/post_a220.html
小児科医の自殺は過労死、東京地裁が労災認定の判決 (その2) 柳沢厚労相に「控訴しないよう」お願いの葉書を出そう
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/03/2_0937.html

|

« 能登沖地震 (その15) 被害の大きい門前地区で、家の崩壊を待つマスコミのカメラに怒り心頭→追記あり | トップページ | 「乗り間違った」と走行中の新幹線の非常用ドアコック操作 新幹線止める »

コメント

小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会HPより

民事裁判判決速報!
裁判所は立正佼成会付属佼成病院の安全配慮義務違反を認めず、原告側の請求を棄却しました!

だそうです。小児医療壊滅決定の判決ですorz

投稿: 消外医@ | 2007-03-29 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/14436374

この記事へのトラックバック一覧です: 小児科医の自殺は過労死、東京地裁が労災認定の判決 (その3) 厚労省が控訴断念、労災認定判決確定:

« 能登沖地震 (その15) 被害の大きい門前地区で、家の崩壊を待つマスコミのカメラに怒り心頭→追記あり | トップページ | 「乗り間違った」と走行中の新幹線の非常用ドアコック操作 新幹線止める »