« NHKは「生まれ変わった」のか エビちゃんの茶坊主は今(その1) | トップページ | 産経新聞福島香織記者のblogが30万アクセスで「記念小ネタ」祭り »

2007-04-17

新・日本丸裸 (その10) 海自幹部らを一斉聴取

中国人を妻に持つ海自二曹の
 イージス艦の情報外部持ちだし事件
だが、
 幹部自衛官にも捜査の手が及んだ
という。
この事件の取材は、ここ二日ほど読売が頑張っている。


イージス艦事件、海自幹部ら一斉聴取…流出源の特定急ぐ

 海上自衛隊第1護衛隊群の2等海曹(33)がイージス艦情報を持ち出した事件で、神奈川県警と海自警務隊は、イージスシステムなどの保守管理を担当するプログラム業務隊(当時)に所属していた佐官クラスの幹部らから日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法違反容疑で一斉に聴取を始めた。

 流出した情報には、同システムの幹部用の解説資料が含まれており、海自幹部が流出源の疑いがあるとみている。県警は、流出に直接かかわった海自幹部の特定を進め、同法違反容疑での立件を目指すとともに、海自のずさんな情報管理体制を追及する。

 捜査当局によると、2曹のハードディスクから見つかったイージス艦に関する情報ファイルは、1998年にイージスシステムが更新されたことを受けて、業務隊プログラム業務開発科の3等海佐らが解説用資料として作成した。海自関係者によると、海自のシステムの維持・管理を担当する業務隊では、プログラムの不備や故障などに即応するため、常に最新の情報を必要としている。作成された資料も、イージスシステムを担当する業務隊の3佐クラスの幹部に対する教育用などに使われていた。

 内部教育の場合でも、情報管理は厳しく、講義で配布する資料は、性能に関する数値などを空欄にしたり、終了後に必ず回収したりするなどの措置をとっているという。このため、県警と警務隊は、これらの情報が2曹や3曹らの下士官クラスに流れることは通常ありえないと判断。流出ルート解明のため、業務隊を中心とする幹部らの聴取に踏み切った。

 一方、2曹に情報ファイルを提供した3曹(30)は、護衛艦「はつゆき」勤務時代に2曹とともに働いており、2曹がコピーしたのは、この時期とみられる。

 県警や警務隊は、はつゆき時代の2曹の同僚からも一斉に事情を聞いている。

(2007年4月17日3時49分 読売新聞)

まったく、
 機密漏れ捜査の展開が遅い
な。ま、
 よりによって神奈川県警が捜査に当たる
ところから始まったから、着手が遅れるのはしょうがないにしろ
 情報漏洩事件では、さっさと一斉に関係者を聴取
しないと、どこで口裏合わせをされるかわかったものではない。
神奈川県警は立件の心づもりだろうけど
 漏れてはいけない情報が漏れた事件
だけに、
 通常のやり方の公判維持は無理
だろう。

安倍ちゃんは
 情報管理にご執心
のようだが、そもそも
 漏れない体制作り、漏れたときの対策作り
には、全然興味なさそうだよね。官房長官の時に
 Winnyを使うな
と明後日の方向に呼びかけた安倍ちゃんは
 バックドアをあけたまま、表向きの管理体制だけ強化する
つもりか?まさに
 平和ボケ
だ。

2006-03-15 安倍ちゃん「Winnyを使うな」と自粛呼びかけ コンピュータリテラシーを疑われる
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/03/winny_1af6.html
ちなみに、このとき
 Winnyを使うな、とアドバイスした有識者
は、
 山口英さん
だったので、割と周囲(山口英さんを直接知ってる人々)はショックを受けていた。

続き。
NHKは「おはよう日本」の終わり頃にこのニュースを流したようだ。(画像をクリックすると拡大します)


イージス艦情報流出 幹部聴取

海上自衛隊の2等海曹が、イージス艦に関する情報を持ち出していた事件で、Kj111
警察などは、情報が幹部クラスから流出した疑いがあるとみて、情報が入ったファイルを作成した海上自衛隊の3等海佐など当時の複数の幹部から任意で事情聴取を始め、流出源の特定を進めています。
Kj112この事件は、神奈川県横須賀市にある海上自衛隊第一護衛隊群所属の33歳の2等海曹が、イージス艦に関する情報が記録されたハードディスクを自宅に持ち出していたもので、
神奈川県警察本部は、日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法違反の疑いで、海上自衛隊の警務隊と協力して捜査を進めています。
Kj113
ハードディスクには「特別防衛秘密」などの防衛省の最高レベルの秘密情報が含まれ、
Kj114この2等海曹が本来は入手できない情報だということです。これまでの調べで、
Kj115持ち出された情報は、海上自衛隊のプログラム業務隊に所属していた3等海佐が、幹部の研修用の資料として作成していたことがわかり、
Kj116警察などは、情報が幹部クラスから流出した疑いがあるとみて、この3等海佐など海上自衛隊の当時の複数の幹部から任意で事情聴取を始めました。
Kj117
資料を作成した3等海佐は「業務以外で情報をやりとりしたことはない」と話しているということで、警察などは、さらに捜査を進めて情報の流出源を特定を急ぐことにしています。

4月17日 8時8分

さあて
 珠玉のエロファイル特選コレクションに混ざって漏洩した「イージス艦の情報」
は、どこから漏れたのか?三佐は
 業務上以外のファイルのやりとりはない
と言ってるようだけど、これが本当なら
 同じファイルを持っていた別の幹部自衛官の「エロファイルコレクション」と共に漏洩
ですね。いわゆる
 情報担当幹部自衛官

 エロファイルとイージス艦の情報を同じフォルダーに入れる
とも考えにくいのは確かだからなあ。

|

« NHKは「生まれ変わった」のか エビちゃんの茶坊主は今(その1) | トップページ | 産経新聞福島香織記者のblogが30万アクセスで「記念小ネタ」祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/14711314

この記事へのトラックバック一覧です: 新・日本丸裸 (その10) 海自幹部らを一斉聴取:

« NHKは「生まれ変わった」のか エビちゃんの茶坊主は今(その1) | トップページ | 産経新聞福島香織記者のblogが30万アクセスで「記念小ネタ」祭り »