« 『論語』薮睨み 其一 | トップページ | 「大火傷の被災者は絵になる」 阪神淡路大震災でマスコミがやったこと »

2007-04-30

「マスコミたらい回し」とは?(その47) 「看護記録」だけで医療記事が書けると判断したのは毎日新聞奈良支局か? 信じられない初期取材のミステーク 大淀病院産科休止の煽りで、周産期医療を担ってきた新宮市立医療センターは産科休止 紀伊半島南部の産科はほぼ壊滅しかかる

「大淀病院産婦死亡事例」の極めてまれで不幸な症例で亡くなられた産婦さんの第一報を書いた毎日新聞奈良支局は、
 十分な医療知識がないまま、第一報を書き飛ばした
疑惑が出てきた。
というのは
 ご遺族が、マスコミに渡したのは「看護記録」だけ
と証言されているからだ。
日刊スポーツより。


死亡妊婦カルテ、医師専用ネットに流出
(略)

 高崎さんのカルテ内容とみられる情報は、医療関係者のものとみられる複数のブログなどに今も転載されている。あるブログは、掲示板への書き込み以前に、遺族が報道陣に「カルテのコピー」を公開していたと主張。コピーを医療関係者が分析してまとめただけとし「(個人情報保護条例違反には)当たらないだろう」と書き込んでいる。しかし、遺族側は「報道陣に公開したのは、出産のために入院した昨年8月7~8日の『看護記録』だけ。カルテなど公開してない。さらされた情報には、遺族も知らない通院中のカルテの内容が含まれ、病院関係者しか知り得ない情報だ」としている。

[2007年4月30日7時45分 紙面から]

病態を書き記すのは
 カルテ
であって、
 看護記録
ではない。つまり、このご遺族の証言が正しいなら
 毎日新聞奈良支局は十分な医学的裏付けのないままに「誤報」を垂れ流した
ということになる。

つまり
 最初から、正しい医学的知識の裏付けを必要としない
という編集判断があった、ということだ。責任は当然、井上朗支局長にある。

いったい、毎日新聞は医療報道をどう考えているのか。
先日の座談会で、「大淀病院産婦死亡事例」について、砂間裕之大阪本社社会部兼科学環境部デスクが次のように総括している。


開かれた新聞:座談会 医療現場に構造欠陥 さらに分析し提言を(その2止)

(略)
 ■基調報告
 ◇医療体制の不備追及−−砂間裕之・大阪本社社会部兼科学環境部デスク
 昨年8月8日、奈良県の大淀病院に入院中の妊婦の容体が急変し、19病院に搬送を断られた。約60キロ離れた大阪府吹田市の国立循環器病センターに運び込まれたのは6時間後。妊婦は帝王切開と脳の同時手術で無事出産したが、8日後に亡くなった。奈良支局の若い記者が関係者取材を進め、科学環境部と連携して断片情報を積み重ねた。約1カ月半後に妊婦の身元が分かった段階で書けたが、医療体制の不備を追及して改善につなげるため、遺族や現状を憂慮する医師らの取材を続けた。10月17日朝刊の初報後もキャンペーンを展開。当初から医師個人の責任に焦点を当てる単発報道で終わる考えはなかった。
(以下略)

ここで言う
 現状を憂慮する医師らの取材
というのは、具体的に誰のことか。ひょっとして
 「奈良県に小児・母子保健センターの建設を求める会」の会長・おかたに病院院長 井戸芳樹医師
のことですか?
おかしいと思うのは取材手法だ。
 遺族の主張の医学的裏付け
を取るならば
 開示されたカルテを見せてもらい、医学の専門家に意見を仰ぐ
というのが、普通だろう。ここでわざわざ
 亡くなった方の名前は分かったけど、裏付けを取った
とまで明言する以上は、だ。
どうもおかしい。この「基調報告」そのものがウソでないならば、
 毎日新聞大阪本社社会部兼科学環境部の報道体制そのものに致命的な欠陥があった
ということになる。
まさか砂間デスクともあろう人物が、そんな基本的なミスを許すとは思えないのだが。
もし、第一報が、「カルテなしで記事を書き飛ばした」のであれば、最初から医学的な信頼性は低い。
これまでは
 記者に医学的知識が乏しく、看護記録しか解読できなかったから、誤報に走った
と考えていたが、ご遺族の証言の通りなら
 毎日新聞の医療報道の体制そのものに問題がある
と言わざるを得ない。つまり
 今後、毎日新聞の医療記事は、基本的な取材過程を経てない
と疑いの目を以てしか見られないのである。
本当に信じられない取材体制だ。
そして
 この杜撰としか言いようがない取材体制によって、大淀病院の産科が閉鎖され、その余波は現在、和歌山にもおよび、三重県を含む紀伊半島南部では産科崩壊は目前に迫っている
のだ。
この件については、tera2005先生から前の記事にコメントをいただいた。再掲する。


産科医療が壊滅したのは「佐賀県の面積に等しい奈良県の60%を占める南部」だけではありません。大淀病院のあおりを受け、新宮市立医療センターも奈良医大からの派遣医が引き揚げられ廃止です。奈良県、三重県、和歌山県にまたがる紀伊半島南部の産科が壊滅しかかっています。

tera2005先生のご教示の通り、新宮市立医療センターでは、今年10月以降、産科が休止される。


婦人科

※ 平成19年10月1日以降の分娩予約については、休止させていただきますので、

   ご了承をお願いいたします。

    なお、妊婦検診及び婦人科は、従前どおり診療を継続させていただきます。

新宮市立医療センターは、紀南地域の拠点病院として、周産期医療を担ってきた病院である。


診療科紹介 産婦人科

【診療科】

   下記の如く一般的な産婦人科医療を行っています。

   産科関係におきましては、現在のところ母体側ハイリスク因子に関し、妊娠35週、児体
  重2000gをもって、当医療センターでの周産期管理を行っています。胎児疾患に関して
  は、他病院にお願いをしています。
(以下略)

これまで35週の早産、2000gまでの低体重出生児に関しては、新宮市立医療センターが扱ってきたのだが、それもできなくなる。
2005年の話だが
 低体重出生児が増加している
のが問題になっていた。


健康注意報:妊婦のやせ志向に“低体重児”出産のリスク (05/03/31)

2005年03月25日


 生まれた時の体重が2500グラム未満の赤ちゃんを「低出生体重児(以下、低体重児)」と呼びますが、新生児に占める低体重児の割合の増加が問題になっています。

 厚生労働省の統計によると、1993年に8万1288人だった低体重児は、2003年には10万2320人となり、10年間で2万1032人の増加(図参照)。全出生数に占める割合も、1993年の6.8%から2003年には9.1%と、明らかに増えています

 低体重児を出産する確率は、妊娠前の体形がやせ形で、妊娠してからの体重の増加が7キログラム未満の場合に高いとされています。最近は、若い女性を中心に「やせ志向」が高まっており、「妊娠中も太りたくない」と考える妊婦も増えているようです。こうした傾向や妊娠中の喫煙などが、低体重児増加の背景にあると見られています。

 特に出産時の赤ちゃんの体重は、その後の発育や健康に大きな影響を与えます。低体重児は、栄養の摂取が上手に行えず、虚弱だったり、知能や運動能力の発達に問題が生じる場合もあります。また、成人になってから、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を発症しやすいとの研究報告もあります。
(以下略)

昔と違い、
 小さく産まれる赤ちゃんが増えている
のだ。その趨勢があるところへ2000gまでの赤ちゃんを入院させてくれていた新宮市立医療センターの産科休止の影響は大きい。

杜撰な取材による誤報が、大淀病院の産科閉鎖を導き、その煽りを受けて、紀南地域の妊産婦は危機に瀕している。すぐにかかれる産科がない、急変しても病院が近くにないという状況は、毎日新聞奈良支局が作り出した
 報道被害
である。

|

« 『論語』薮睨み 其一 | トップページ | 「大火傷の被災者は絵になる」 阪神淡路大震災でマスコミがやったこと »

コメント

おはようございます。カルテの意味は『診療(記)録』ですから、看護記録、超音波や血液検査など検査記録も含まれます。当院では私を含め全ての職種が同じ紙に時系列に従って順次書き込んで行きます。病院では医師の記述と『看護記録』を分けることが多いと思います。そして医師は行を分けるラインなど気にせず書きますが、看護記録は行ラインを守るよう教育されます。下に示されたカルテの映像では『子癇の疑い』となっていますが、1)看護記録には病名は記載しないのが標準、あくまでも患者の状態とそれに対する看護の内容や、輸液など実施した治療内容を記載する、2)映像では行ラインを無視して右肩上がりに2行にわたり「子癇の疑い」と書かれている、・・・ことから考えて「M医師の記載」と考えるのが妥当と思われます。

毎日新聞★青木絵美タンを讃えるスレ3★
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1177766026/

251 :卵の名無しさん:2007/05/01(火) 20:22:14 ID:k+8/KPzy0
カルテがマスコミの手に渡り、公開されたことの証拠です。
毎日放送サイトに残っている問題の映像(11/2に放映されたMBSのニュース)
http://www.mbs.jp/voice/special/200611/02_5477.shtml
その魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.mbs.jp/voice/special/200611/02_5477.shtml&date=20070430104948
カルテの映像
http://www.mbs.jp/voice/special/200611/images/20061106_1-3.jpg
その魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.mbs.jp/voice/special/200611/images/20061106_1-3.jpg&date=20070430105352

252 :卵の名無しさん:2007/05/01(火) 20:31:24 ID:NUeGAa5c0
>>251 この行間を無視した書き方は医師の書き方だよなw
つーことは、看護記録じゃなくてカルテ (以下略)

投稿: tera2005 | 2007-05-02 05:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/14898546

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは?(その47) 「看護記録」だけで医療記事が書けると判断したのは毎日新聞奈良支局か? 信じられない初期取材のミステーク 大淀病院産科休止の煽りで、周産期医療を担ってきた新宮市立医療センターは産科休止 紀伊半島南部の産科はほぼ壊滅しかかる:

» 大淀病院事件、ネットで詳細に2 [健康、病気なし、医者いらず]
奈良の大淀病院で、妊婦が不幸にも亡くなった事件があって。 そのカルテの情報が、ネットで公開されている、 ってマスコミの報道があって。 最初は読売新聞だけだったんですが。 その後、他の新聞やテレビでも 報道... [続きを読む]

受信: 2007-05-01 23:20

« 『論語』薮睨み 其一 | トップページ | 「大火傷の被災者は絵になる」 阪神淡路大震災でマスコミがやったこと »