« 新・日本丸裸? (その4) 防諜よりもエロが勝つ 海自のイージス艦の情報はエロファイル交換で拡散 | トップページ | 2007年春の医療崩壊始まる (その5) 当直あけに手術は常態 外科医の悲惨な勤務実態 »

2007-04-05

新・日本丸裸? (その5) ダダ漏れは体質か

2ちゃんねるに
 産総研には中国人技術者が大量にいる
と書かれていた。ほんまかいな、と思っていたのだが、昨日あたりから
 産総研から異様にアクセスが伸びている
のは確かだ。何でしょう? 

デンソーの中国人技術者による産業スパイ事件を見てもわかるけど、日本は情報セキュリティが甘いからな〜。

間抜けな様相を呈してきた、今回の
 海自イージス艦情報漏れ事件
は、どこに行き着くのか謎だけど、
 防衛省を始めとする国のIT関連の仕事の孫請け
には、おそらく
 中国人やその他外国籍の技術者
も関わってるだろう。手が足りないもの。
で、防衛省、ちゃんと下請けが回した先の技術者が何者か、チェックしてますか。
ま〜、日本は平和だからなあ。知らないうちに技術情報が海外に流れてるだろうな。しかも、国の仕事なら、国民の税金が流れていくわけで、まさに
 盗人に追い銭
という、素敵すぎる展開になっている。

|

« 新・日本丸裸? (その4) 防諜よりもエロが勝つ 海自のイージス艦の情報はエロファイル交換で拡散 | トップページ | 2007年春の医療崩壊始まる (その5) 当直あけに手術は常態 外科医の悲惨な勤務実態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/14563073

この記事へのトラックバック一覧です: 新・日本丸裸? (その5) ダダ漏れは体質か:

« 新・日本丸裸? (その4) 防諜よりもエロが勝つ 海自のイージス艦の情報はエロファイル交換で拡散 | トップページ | 2007年春の医療崩壊始まる (その5) 当直あけに手術は常態 外科医の悲惨な勤務実態 »