« 医学部が100人の村だったら | トップページ | 署名記事への批判を何故マスコミは嫌がるのか »

2007-04-22

Biblioのない本を読む辛さ 『ベビー・ビジネス』ランダムハウス講談社

Debra L. SPARの"The Baby Business"の抄訳本が
 『ベビー・ビジネス』 椎野淳訳 ランダムハウス講談社
である。読んでいる内に巻末にBiblioのないことに気がつき、手が止まった。
後書きを読むと、抄訳である旨断ってあったので、これは使えない。
早速、amazonで原書を探した。日本のamazonで買った方が安かったので発注した。

データが大量に出てくるこの手の本で、Biblioがついてないのは痛い。読む方は教養書として読み捨てるつもりではなく、日本の不妊治療などとの比較を考えて手にするのが普通だから、参照できない引用だけ並んでいるのではダメなのだ。
文体から言って、翻訳で読むより、原書で読んだ方が早いかも知れない。

雑な翻訳とは言わないが、資料としては不完全すぎて使えない翻訳本である。
2000円を超す本を斜め読みするだけの用途にするのは、ちょっとなあ。

|

« 医学部が100人の村だったら | トップページ | 署名記事への批判を何故マスコミは嫌がるのか »

コメント

関連リンクの一切ないWebサイト、ですねぇ、、、。

投稿: らっこ | 2007-04-22 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/14804604

この記事へのトラックバック一覧です: Biblioのない本を読む辛さ 『ベビー・ビジネス』ランダムハウス講談社:

« 医学部が100人の村だったら | トップページ | 署名記事への批判を何故マスコミは嫌がるのか »