« 新・日本丸裸 (その9) 情報源の三佐から捜査は護衛艦「しらゆき」の三曹宅の強制捜査へ | トップページ | 新・日本丸裸 (その10) 海自幹部らを一斉聴取 »

2007-04-16

NHKは「生まれ変わった」のか エビちゃんの茶坊主は今(その1)

新年度から、NHKでは
 三つのたまご
というNHK宣伝番組を日曜午前11:30-11:50に放映している。たまたま、チャンネルを替えていて、4/8の一回目に放映された
 残間里江子とハシゲン会長の対談
という、実にテレビの対談としては不出来な凄いものを見てしまった。何が凄いって?
 1. いまだに残間里江子が生き残っていること(メインゲストなら、照明を工夫するという手があるんだけど、なぜか普通の照明が当たっていたようで、余計凄いことになっていた)
2. 地方民放アナウンサー出身らしいが、テレビの対談なのに、言葉がかぶる(要するに二人いっぺんにしゃべっている状態。これをやらないようにアナウンサーは普通は相当訓練される)
いや〜、まあ、残間里江子がどうやって今の地位を守っているかは謎だが、おじさん殺しというキャラはまだ有効なんだろうな。筆まめで、講演会に呼ばれると、帰りの新幹線ですぐにお礼の手紙を書くという話は以前聞いたことがある。人間、マメで腰の低い方が、生きやすいというのを地でいっているのはエライ。

さて、技師長出身のハシゲン会長が、海老沢会長の後をついでから早3年。
エビちゃんの長期政権下で、
 小エビ
とか
 茶坊主
とか呼ばれる
 エビちゃん一派が跳梁跋扈
していたNHKは、その後少しは風通しが良くなったのだろうか。
だいたい
 ハシゲン会長その人がエビちゃん派
なのである。
で、
 エビちゃんの茶坊主
と呼ばれた
 野島・諸星元理事は追放
された筈だったのだが、いつの間にか、「天下り」先のNHK子会社でトップになっている。
野島元理事は昨年10月からN響のトップ、理事長になった。


理事長ごあいさつ

10月11日付けで理事長が田畑和宏から野島直樹に代わりました。

日頃はNHK交響楽団に温かいご支援を賜り誠にありがとうございます。お蔭さまでNHK交響楽団は今年創立80周年を迎えました。先の大戦を挟み、決して平坦な道のりではありませんでしたが、ファンのみなさまの熱い思いに支えられ、定期演奏会をはじめとする音楽活動を途切れることなく続けてまいりました。

これからも諸先輩の歴史を受け継ぎながら更に精進を重ね、日本を代表するオーケストラとしてファンのみなさまの心に響く演奏をお届けしたいと思います。とりわけ若い世代が気楽に鑑賞できる環境を整備し、もっともっと多くの方々にクラシック音楽の素晴らしさを味わって頂けたらと考えています。楽員、事務局一体となって頑張ってまいります。どうか一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


理事長 野島直樹

野島直樹 略歴
1945年生まれ
1969年: 東京大学文学部卒業
日本放送協会入局
1985年: 報道局取材センター記者
1989年: 総合企画室〔総合企画〕 副部長
1998年: 総合企画室〔経営計画〕 部長
2001年: 総合企画室〔経営計画〕 局長
2003年: 理事
2005年: NHK交響楽団 副理事長
2006年: NHK交響楽団 理事長

野島理事長は控えめなのか、顔写真を掲載していない。田畑和宏前理事長は、その端正なマスクを理事長あいさつのページに掲載していたのだったが。
エビちゃんの懐刀の野島元理事は、最近は渋谷のNHKでもうろうろしているという話だが、どうも
 着々とエビちゃん派が復権しているのではないか
という気がしますな。
ちなみに
 政治部で政治家と折衝するのが生き甲斐の政治主義者
と呼ばれた野島元理事なのだが、
 文学・芸術に造詣の深い「文化人」
であるという話を聞いている。一応、N響理事長は本人がなりたくてなった地位、ということなのだろうね。

で、諸星元理事だが、
 NHKインターナショナル理事長
である。


理事長


「21世紀、顔の見える日本」を世界に

NHKインターナショナルは、国際的な相互理解、国際親善の増進を目的として1980年に設立されました。
主な業務はNHKのテレビ番組の国際版を制作して、外務省や国際交流基金などの協力を得て発展途上国の放送局に番組を提供することです。 日本はよく「顔が見えない」といわれます。
お茶の間に直接届けられるテレビ番組、それも何らの意図も加えず普通に日本で放送されている番組を諸外国の方々に見ていただくことは、日本理解の上で大きな力になると確信しています。
テレビ放送ばかりではありません。中国で10年間実施してきた映像祭では100万人を越える人々が環境問題や科学技術の番組を見て、今次々に社会に巣立っています。 「国際文化交流は究極の安全保障である」といわれます。
多様な国際文化交流を通じた相互理解こそ世界平和の基礎であると思います。 NHKインターナショナルは、21世紀もさまざまな事業を通じて現代の日本の姿や日本人の心を世界に紹介すると共に、教育番組によって発展途上国の人材育成のお手伝いをしてまいります。
皆様の一層のご理解とご支援をお願いいたします。

諸星理事長のご尊顔。
http://www.nhkint.or.jp/us/images/president_morohoshi.jpg

この
 小エビもしくは茶坊主
と呼ばれる海老沢前会長子飼いの理事達が、いかにNHKをダメにしたかについては、このあたりに。
 2004-07-29 続々と寄せられる職員の声@NHK
http://d.hatena.ne.jp/iori3/20040729/p2
なお諸星元理事は
 エビちゃん同様潮来出身・政治部記者・早稲田卒
という三点セットの持ち主で、
 次のNHK会長
なんて声も一時はあった。いまはどうなんだろうか?
この諸星元理事には
 一千万円以上の制作費をかけたクローズアップ現代一本をまるまる潰したのではないかという噂

 ラグビー放映問題の主犯
というエピソードがある。
そのあたりはここに。
 2005-02-04 NHK諸星理事が潰したクローズアップ現代について 続報
http://d.hatena.ne.jp/iori3/20050204/p2
 2005-02-16 NHKの出田理事と諸星理事、ラグビー放映問題を反省する
http://d.hatena.ne.jp/iori3/20050216/p5
 2005-02-14 NHK、ラグビー日本選手権の放映を「朝日新聞」がらみで深夜枠移動の嫌がらせ、抗議殺到で生放送に戻す (その3)ラグビー協会とNHKに電話したヒトがいた
http://d.hatena.ne.jp/iori3/20050214/p3

|

« 新・日本丸裸 (その9) 情報源の三佐から捜査は護衛艦「しらゆき」の三曹宅の強制捜査へ | トップページ | 新・日本丸裸 (その10) 海自幹部らを一斉聴取 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/14703339

この記事へのトラックバック一覧です: NHKは「生まれ変わった」のか エビちゃんの茶坊主は今(その1):

« 新・日本丸裸 (その9) 情報源の三佐から捜査は護衛艦「しらゆき」の三曹宅の強制捜査へ | トップページ | 新・日本丸裸 (その10) 海自幹部らを一斉聴取 »