« 2007NHK人事異動 アナウンサー編 | トップページ | 産科をやめます 患者の家族に殴られました »

2007-05-26

中国から輸出された「アンコウの切り身」に「フグ混入」 アメリカで中毒による被害 ハワイでも「フグ入りアンコウ切り身」販売で回収中

最初は、こんなニュースを見かけたことから始まった。モーハワイ・コムの「日刊ハワイニュース」より。


ハワイ他2州で販売された中国産の冷凍フィッシュに毒素
2007年5月24日(木) 6時32分

ハワイとカリフォルニア、イリノイ州で販売された、中国産冷凍フィッシュを食べて、2人が病気になったため、リコールを行っていると、木曜日に輸入業者が発表しました。
カリフルニア州、サンタフェ・スプリングにある、ホン・チャング・コーポレーションは、モンク・フィッシュに、強い四酸化物毒素が混入されている疑いがあるとして、リコールを開始しました。この魚は中国から輸入されたものです。
四酸化物毒素が含まれている食品を食べた場合、生涯完治せず、死に至る場合もあります。またこの毒素は、冷凍処理や、料理をしても壊滅できません。
会社側の発表によりますと、イリノイ州で、この魚入りのスープを飲んだところ、2人が病気にかかり、食品・薬品管理部の解説者は、毒素が混入されていることを確認しました。
最初9月に、22ポンドの魚が入っている282箱が、カリフォルニア、イリノイ、ハワイで、小売り店、レストランなどに販売されました。魚はそれぞれがビニールの袋に入れられて、ダンボール箱に詰められています。ダンボールには区分け番号などは書かれていません。レーベルは"MONK FISH GUTTED AND HEAD-OFF PRODUCT OF CHINA."と、なっています。戻された魚に対しては、返金を行っています。また魚の肉や皮に毒素が付着しているため、取り扱いには注意するようにとのことです。

ニュース提供★ラジオKジャパン
システム提供★モーハワイ・コム

モンクフィッシュは「アンコウ」のこと。
 四酸化物毒物
ってなんじゃいな、と思っていたら、これは
 フグ毒のtetrodotoxin(テトロドトキシン)
のことだと、次の記事を読んで分かった。
 アンコウにフグが混じる
って、一体何だ?

時事より。


2007/05/26-10:06 中国産アンコウにフグ混入=入院者発生で自主回収−米

 【ワシントン25日時事】中国産アンコウとして出荷された魚の箱に猛毒を持つフグが混入していたとして、米カリフォルニア州の魚輸入業者は25日までに自主回収に乗り出した。シカゴでは入院者も出ており、事態を重視した米食品医薬品局(FDA)は調査に乗り出すとともに、注意を呼び掛けている。
 米国では最近、中国の原材料を使ったペットフードの大量回収に加え、中国産練り歯磨きについてもFDAが検査を開始。フグ混入で中国産の食品や医薬品への懸念がさらに広がりそうだ。

どうやったら
 アンコウとフグが混じるのか
烈しく謎だ。
だいたい、フグ毒には、解毒剤が存在しない。日本でも
 フグにあたった
とわかったら、胃洗浄して下剤をかけ、体内からフグ毒を出し切るくらいしか治療法がないのだ。それも、フグ毒にあたったとわかったら速やかに、だ。
 フグを食べたとは知らない状態
だったら、かなりの確率で危険に遭うだろう。洗おうが、加熱しようが、フグ毒は分解されない。

今回は
 中国産アンコウにフグ混入
だが、日本でも
 中国産カワハギにフグが混入
していた。今年4月27日に厚労省が発表している。


平成19年4月27日
食品安全部監視安全課
 加地 監視安全課長
 担当:田中 (内線2455)
中国産カワハギ加工品と称して輸入されたフグ加工品について

今般、中国産カワハギ加工品として輸入届出された製品について、関係機関が実施した遺伝子分析の結果等により、原材料としてフグが使用されていることが判明しました。
当該品については、定められた形態で輸入されたものではないため※、食品衛生法違反として措置するよう関係自治体に通知しました。
なお、当該品は、遺伝子分析においてシロサバフグと推定されています。通常、日本海、渤海、黄海及び東シナ海で漁獲されるシロサバフグの筋肉部位は可食部位とされており、これまで当該品を起因とするような健康被害の報告はありません。
※  輸入するフグの形態については、種類の鑑別を容易にするため、処理を行わないもの又は単に内臓のみをすべて除去したものに限られている
<参考>

品 名:かわはぎ調味乾製品(シロサバフグと推定)
輸出国:中国
製造者:LONGHAI JIARONG FOODS CO., LTD.
輸入者:株式会社シミズ(徳島県徳島市)
届出数量及び重量:1,113カートン、11,130kg
届出先:福岡検疫所門司検疫所支所
届出年月日:平成19年3月29日
措置状況:在庫数316カートン、残り調査中

これは
 おつまみでよく食べられる「カワハギの干物」が実は「フグの干物」だった
ということだな。今回見つかったのは、毒性がないフグだったからよかったものの、今後
 低価格のカワハギ加工品
には、気をつけないとね。厚労省は全量検査をしているわけではないから、検査から漏れて、毒入りフグが売られている可能性がある。

続き。
アメリカでの報道。

アメリカのFDAからのアナウンス。(英文)


Recall -- Firm Press Release
FDA posts press releases and other notices of recalls and market withdrawals from the firms involved as a service to consumers, the media, and other interested parties. FDA does not endorse either the product or the company.

Hong Chang Corporation Recalls Monkfish Because of Possible Health Risk

Contact:
Steven Luo
(562) 309-0068

FOR IMMEDIATE RELEASE -- Santa Fe Springs, CA -- May 23, 2007 -- Hong Chang Corporation, Santa Fe Springs, CA is recalling product labeled as monkfish because it may contain tetrodotoxin, a potent toxin. Although the product was identified as monkfish, we are concerned the product may be pufferfish because this toxin is usually associated with certain types of pufferfish. Consumption of foods containing tetrodotoxin can result in life-threatening illness or death. This toxin cannot be destroyed by cooking or freezing.

Initial symptoms occur within 30 minutes to several hours after consuming food containing the toxin and are characterized by lip and tongue tingling and then followed by facial and extremity tingling and numbness. Subsequent symptoms may include headache, balance problems, excessive salivation, nausea, vomiting, and diarrhea with abdominal pain which can be severe. In severe cases, muscles can become paralyzed and death may follow resulting from respiratory muscle paralysis. Consumers experiencing these symptoms should seek immediate medical care.

A total of 282, 22-lb. boxes of monkfish were distributed to wholesalers in Illinois, California and Hawaii beginning in September 2006. This product was sold in retail stores, restaurants, and cash and carry stores in these regions.

The monkfish are individually packaged in clear plastic sleeves and placed in a plastic liner which is inside a cardboard box. There are no lot numbers on the box. The boxes are packed by total weight, 22 pounds, with labeling on one panel that reads "MONK FISH GUTTED AND HEAD-OFF PRODUCT OF CHINA". A second box panel bears nutritional facts and the following, "Ingredients: Monk fish; Imported by: Hong Chang Corp, Santa Fe Springs, CA 90670; Product of China (P.R.C.)."

The problem was discovered after two people in the Chicago, IL area fell ill after consuming soup made with the "monkfish". The Food and Drug Administration's (FDA) analysis of the fish confirmed the presence of life-threatening levels of tetrodotoxin.

At this time, Hong Chang Corp. and FDA are investigating how the problem occurred.

Consumers who have purchased this monkfish are urged to return it to the place of purchase for a full refund. Care should be exercised in handling the fish as the tetrodotoxin may be present on the skin and flesh of the fish. Wash hands thoroughly after handling. Consumers with questions may contact the company at 1-562-309-0068.

Consumers who may have consumed these products and have concerns are encouraged to contact their health care provider. Consumers should also report illnesses associated with consumption of these products to the nearest FDA district offices and to their local health authority.
http://www.fda.gov/oc/po/firmrecalls/photos/hongchang05_07.html

シカゴでの被害者の様子。
"Cicago Tribune"より。日本では、フグ調理に免許がいり、二年間のフグ取り扱いを経験していないと、免許が取れないことも記されている。(英文)


Monkfish recalled as 2 sickened in Chicago

The Associated Press and the Los Angeles Times contributed to this report

May 25, 2007

A California company on Thursday recalled thousands of pounds of frozen fish from China after two people in Chicago became ill from eating what may have been toxic pufferfish, officials said.

The fish was labeled monkfish, but federal officials found life-threatening levels of tetrodotoxin in the fish. The toxin is typically associated with pufferfish.

One of the two Chicago cases caused a person to be hospitalized, according to the Food and Drug Administration. Both people ate the fish in homemade soup, officials said.

The FDA warned consumers Thursday not to buy or eat imported fish labeled as monkfish in case it was mislabeled. Eating the fish could result in serious illness or death, officials said.

Hong Chang Corp. of Santa Fe Springs began a voluntary recall of the frozen fish, which was sold in September to wholesalers in Illinois, California and Hawaii. The company shipped 282 boxes, with 22 pounds of frozen fish in each box.

The boxes were labeled, "Monk fish, gutted and head off, Product of China," the company said. The product was sold to restaurants and stores.

Pufferfish, also known as fugu, is a delicacy in Japan. Chefs must be licensed and usually undergo at least two years of training on how to safely remove the toxic parts of the fish.

The FDA describes tetrodotoxin as "one of the most violent intoxications from marine species." Symptoms begin as a numbness of the lips and tongue that can progress to paralysis.

The fish recall is the latest problem food product from China, a leading exporter of food and food ingredients.

In March, chemical-laced pet food ingredients from China were blamed in the deaths of more than 4,000 cats and dogs in the U.S. and Canada. On Thursday, the FDA began monitoring Chinese toothpaste imports because tainted products were found in other countries.

Health and Human Services Secretary Michael Leavitt said Thursday that China had agreed to consider upgrading its food safety standards.

The pufferfish poison "is really one of the most toxic things that you can find in food," said Caroline Smith DeWaal, food safety director for the Center for Science in the Public Interest. "It really illustrates the weakness in the U.S. program for overseeing imports."

しかし、シカゴでまさかフグにあたるとは、誰も思ってないだろうな。
まさに中国による食品テロだ。

|

« 2007NHK人事異動 アナウンサー編 | トップページ | 産科をやめます 患者の家族に殴られました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15207788

この記事へのトラックバック一覧です: 中国から輸出された「アンコウの切り身」に「フグ混入」 アメリカで中毒による被害 ハワイでも「フグ入りアンコウ切り身」販売で回収中:

« 2007NHK人事異動 アナウンサー編 | トップページ | 産科をやめます 患者の家族に殴られました »