« 「マスコミたらい回し」とは? (その57) 朝日新聞のいうように「医師は偏在」してるのか | トップページ | 中村屋 弔辞バージョンFLASH »

2007-05-12

臼臼@大阪駅桜橋口地下

臼臼@大阪駅桜橋口地下
最近畏友galsy師がセミリタイア人生で蕎麦行脚に精励しているので、つい蕎麦屋を見かけると、入ってしまったりする。
ランチの一つ、関西名物ダブル炭水化物メニュー「ざる蕎麦と掻き揚げ丼」。860円。蕎麦は冷えているが、ご覧の「お洒落」な皿に盛られいるため、下に水が溜まっている。つゆは、驚くほど甘く、塩気不足。蕎麦が水っぽいので、最後の方は味が足りなくなる。丼のタレと共用じゃなかろうな。
蕎麦湯を頼んだら、なかった。ランチ時のみないのがつねにないのか不明。
蕎麦屋というより、飲み屋に力を置いているのかも。焼酎はこの手の店にありがちな品揃え。コンサルが開店用の焼酎リストでも作ってるのか?と思う。

隣にラーメン屋「あらうま堂」が復活。朝、ラーメンサラダを作ってしまい、今日はパス。(5/11 14:00)

|

« 「マスコミたらい回し」とは? (その57) 朝日新聞のいうように「医師は偏在」してるのか | トップページ | 中村屋 弔辞バージョンFLASH »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15045459

この記事へのトラックバック一覧です: 臼臼@大阪駅桜橋口地下:

« 「マスコミたらい回し」とは? (その57) 朝日新聞のいうように「医師は偏在」してるのか | トップページ | 中村屋 弔辞バージョンFLASH »