« わが家で和久傳の「西湖」がつくれる和菓子手作りセット 流し枠つきでなんと720円  | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは? (その60) 出産途中の産婦の脳出血に関する医師の見解「概算で200万人に1人の脳動静脈瘤畸形の患者が出産する場合の31万2500件に1件あるかないか、CTを撮ってもたぶん無意味な、稀で不幸な症例」 »

2007-05-25

アスパラ到来

札幌の母から
 グリーンアスパラとホワイトアスパラ
を送ってきた。太いアスパラがごろごろ入っている。
量は半々だが、
 すぐ苦くなるホワイトアスパラ
から手を付ける。穂先以外は皮をピーラーで引き、お湯を沸かして、砂糖と塩を同量入れて、軽くゆで、鍋ごと冷ます。
皮を剥いただけで、ホワイトアスパラ特有の甘い香りがする。
火が通り始めると、ホワイトアスパラの甘い香りが台所に満ちる。
アスパラをゆでるのに、久々に大きな鍋を出す。ほんとはアスパラ用鍋があればいいんだろうけど、あれってシーズンに何度も使わないし。北海道にいれば、買うかもしれないけど、
 トウキビを茹でられる大きさの鍋
があれば、アスパラもいけるからなあ。
本職は凧糸でアスパラを束ねたりするけど、500g程度なので、そこまでしない。「平取産」だとか。
グリーンアスパラはこの後ゆでる。こっちは「ようてい産」と書いてある。羊蹄のことか?グリーンアスパラは、わたしは皮を剥かない。袴は取るけど。
産直アスパラは、甘い。マヨネーズを付けるのももったいない。ゆでたそのままで食べることが多い。

アスパラもトウキビも筍も
 来たらすぐ茹でる
のが基本。野菜売り場で、切り口が白くなって、常温で立てられているアスパラは、いかにアスパラ好きだとはいえ、やはり買うのを躊躇する。トウキビや筍も同様。筍もそうだけど
 皮を剥いて売ってある生のトウキビ
は論外だ。
焼き筍は、焼きトウキビとよく似た匂いがすることに気がついたのは、京都に来てからだ。

|

« わが家で和久傳の「西湖」がつくれる和菓子手作りセット 流し枠つきでなんと720円  | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは? (その60) 出産途中の産婦の脳出血に関する医師の見解「概算で200万人に1人の脳動静脈瘤畸形の患者が出産する場合の31万2500件に1件あるかないか、CTを撮ってもたぶん無意味な、稀で不幸な症例」 »

コメント

ホワイトアスパラ、旬ですね。
我が家も北海道から取り寄せ、すぐ茹でて、何もつけずに食べました。ゆで汁も甘い。
この季節だけの贅沢品だと思います。

投稿: C・X | 2007-05-27 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15195573

この記事へのトラックバック一覧です: アスパラ到来:

« わが家で和久傳の「西湖」がつくれる和菓子手作りセット 流し枠つきでなんと720円  | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは? (その60) 出産途中の産婦の脳出血に関する医師の見解「概算で200万人に1人の脳動静脈瘤畸形の患者が出産する場合の31万2500件に1件あるかないか、CTを撮ってもたぶん無意味な、稀で不幸な症例」 »