« 沖縄へ行く | トップページ | 国際シンポジウム 伝統中国の庭園と生活空間 6/9-6/10@みやこめっせ 第二日目(その2) »

2007-06-12

新着 『東方宗教』109 日本道教学会

国際シンポから帰ってきたら、届いていた。今号は論文が充実している。
 菊池章太 『女青鬼律』による死霊の救済
 倉本尚徳 北朝造像銘にみる道仏二教の関係 関中における邑義の分析を中心に
 矢羽野隆男 黄遵憲『日本国志』の宗教観 清末外交官の見た神国
軽く目を通しただけだが、どれも面白く、勉強になった。
菊池氏の女青鬼律に関する論考は、昨年の道教学会での発表に基づく。発表も大変に面白かったのだが、論文になると、一段と興味深い。
倉本氏の邑義に関しての論考は、邑義研究の画期になる論文かも知れない。以前、博論で「知識」の問題を扱っただけに、邑義と法社については、また考えてみたいと思った。
矢羽野氏の論考に関しては、黄遵憲の『日本国志』を中心に見ておられるようだが、相補い合う資料として、『人境廬詩草』を使えないのか、という点が気になった。『人境廬詩草箋注』には銭仲聯氏の詳細すぎる注がついているので、さっと読むのには足がすくむのではあるが。
不勉強で知らなかったのだが、最近、横組簡体字版で『黄遵憲全集』(しかも注なし)が出てるのね。一つにまとまっているのは便利だけど、できるだけ横組簡体字の古典書は増やしたくないな〜。

|

« 沖縄へ行く | トップページ | 国際シンポジウム 伝統中国の庭園と生活空間 6/9-6/10@みやこめっせ 第二日目(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15407372

この記事へのトラックバック一覧です: 新着 『東方宗教』109 日本道教学会:

« 沖縄へ行く | トップページ | 国際シンポジウム 伝統中国の庭園と生活空間 6/9-6/10@みやこめっせ 第二日目(その2) »