« 忍び寄る鳥インフルエンザ ベトナムでまたH5N1型鳥インフルエンザによる死者発生 | トップページ | Eddie Bauerの謎 »

2007-06-22

奈良の歯医者前に捨て子 (その3)16歳女子高生が生み捨て

以前、かかったことのある歯医者の前に赤ちゃんが捨てられていた。
 2007-04-20 奈良の歯医者前に捨て子
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/post_656a.html
 奈良の歯医者前に捨て子 (その2) やっぱり稲田デンタルクリニック
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/2_47e1.html

なんと
 産んだのは16歳の高校生、捨てたのはその義妹のやはり16歳の高校生
であることが判明。たまりませんね。
毎日新聞奈良版より。


奈良の赤ちゃん遺棄:女子高生姉妹を書類送検 /奈良

 奈良市大森町の歯科医院の敷地内に生後間もない男の赤ちゃんが捨てられた事件で奈良署は21日、義理の姉妹で、奈良市に住む私立高校の女子生徒2人=いずれも16歳=を保護責任者遺棄容疑で奈良地検に書類送検した。
 調べでは、4月18日午後4時半ごろ、姉が自宅で出産。姉は「育てていく自信がない」と妹に相談し、妹がカーディガンなどで包み、手提げ袋に入れた赤ちゃんを午後7時半ごろ、現場に置き去りにした疑い。赤ちゃんは通行人に見つけられ、現在は県の施設で順調に育っているという。【黒岩揺光】
毎日新聞 2007年6月22日

16歳の同い年の義理の姉妹というと、ちょっと複雑な家庭環境ではないかと思う。
時事がすこし詳しい。


女子高生2人を書類送検=産んだ男児置き去り−奈良
6月21日14時1分配信 時事通信

 奈良市で4月、歯科医院の敷地内に生後すぐの男児が置き去りにされる事件があり、奈良署は21日、保護責任者遺棄容疑で同市に住む私立高校2年の女子生徒2人=いずれも(16)=を書類送検した。2人はそれぞれ父と母が連れて再婚し、義理の姉妹の関係だった。
 1人が男児の母で「赤ちゃんを育てていくことができなかった」と供述。もう1人は「育てられないなら誰かに拾ってもらった方が赤ちゃんのためと思った」と話しているという。
 調べによると、1人が4月18日午後4時半ごろに自宅で出産。2人は相談し、同日午後7時半ごろ、男児を奈良市大森町の歯科医院の敷地内に遺棄した疑い。
 男児は通行人の男性に発見され、現在は施設に預けられているという。 

両親が子連れ再婚カップルだったのか。
しかし、どうして妊娠中に実の親が気がつかないのか不思議。気がついていても無視してたのか、それとも娘に関心がない親だったのか。
赤ちゃんが施設で無事に育っているらしいということだけが、救いだ。

|

« 忍び寄る鳥インフルエンザ ベトナムでまたH5N1型鳥インフルエンザによる死者発生 | トップページ | Eddie Bauerの謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15522935

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良の歯医者前に捨て子 (その3)16歳女子高生が生み捨て:

« 忍び寄る鳥インフルエンザ ベトナムでまたH5N1型鳥インフルエンザによる死者発生 | トップページ | Eddie Bauerの謎 »