« 新着 『東方宗教』109 日本道教学会 | トップページ | 宮本長二郎『出土部材が解く古代建築(日本の美術 490)』 鈴木規夫編『文化財と科学技術 東京文化財研究所のしごと(日本の美術 492)』 »

2007-06-12

国際シンポジウム 伝統中国の庭園と生活空間 6/9-6/10@みやこめっせ 第二日目(その2)

前の晩に
 趙紫陽軟禁中的談話
を、寝しなに読み始めたら、すごく面白くて、寝過ごしてしまい、会場には15分ほど遅れて着く。

いくつか印象に残った発表を紹介する。
 宋鎮豪 中国社会科学院歴史研究所研究員 商甲骨卜辞中的建築称名和建築礼制(甲骨金文の専門家が、実見し得た膨大な量の甲骨から、建築に関する甲骨文字の釈義を行うという、まあ贅沢な発表。後には「宗廟」と熟して使われる「宗」と「廟」だが、甲骨文字には「宗」はあっても、未だに一字も「廟」字は発見されていないとのこと。いや、こういう分厚い研究発表を耳にできただけでも、幸せというものだ)
 黄蘭翔 中央研究院台湾史研究所副研究員 台湾板橋林家花園的真仮与虚実(庭の機能が、台湾では世俗化するという話。庭には舞台がしつらえられて、演劇が上演されたという。こうしたところは、大陸の庭園では好まれなかった)
 大平桂一 大阪府立大学教授 『西遊補』の庭園・建築群(ご本人が「怪しい」と事前に予告されたとおり、『西遊補』の世界はとことん怪しい。久々に、古白話を読みたくなった。しかし、『西遊補』は壮大かつ滅茶苦茶な話で、いろいろ裏がありそうだ)

途中、昼ご飯を挟んで、藤井有鄰館へ。
昼食はどこも混んでいて、東山二条の「唐子」でラーメン。大将が途中からの雨降りに、傘を恵んでくださる。
まさに
 一天俄にかき曇り、盥を覆すが如き豪雨
になって、会場に這々の体で戻ると、しばらく足止め。

閉会後には懇親会。
ロイヤルホテル地階の中華料理「精華」で。
実は、
 田中淡先生の還暦を祝うサプライズ
が仕掛けてあって、非常によい雰囲気で終わる。

国際シンポにはいくつか出たことがあるけど、今回のシンポジウムは、
 随一といってもいいくらい、すばらしい国際シンポ
だった。発表者とコメンテーターの人選が的確で、実に刺激的だった。

次回もあるといいね、という話になっている。たまたま大平さんから
 なんかやらない?
と尋ねられたので、
 あ、『金瓶梅』の庭でやります。「庭と性愛」ってことで
と即答。果たして、こんな恐ろしい題目が通るとは思えないけど。

|

« 新着 『東方宗教』109 日本道教学会 | トップページ | 宮本長二郎『出土部材が解く古代建築(日本の美術 490)』 鈴木規夫編『文化財と科学技術 東京文化財研究所のしごと(日本の美術 492)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15407523

この記事へのトラックバック一覧です: 国際シンポジウム 伝統中国の庭園と生活空間 6/9-6/10@みやこめっせ 第二日目(その2):

« 新着 『東方宗教』109 日本道教学会 | トップページ | 宮本長二郎『出土部材が解く古代建築(日本の美術 490)』 鈴木規夫編『文化財と科学技術 東京文化財研究所のしごと(日本の美術 492)』 »