« 「マスコミたらい回し」とは? (その78) ABC「悲鳴病棟 “医者を訴える”夫の決断」@5/29の謎→加筆・訂正あり→画像は削除しました | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その80) 大淀町民です 産科が閉鎖されて県外の病院に転院して子供を産みました »

2007-06-27

「マスコミたらい回し」とは?(その79) ABC「悲鳴病棟」取材班と毎日新聞青木絵美記者に関する時系列整理

ところで、ABCの「悲鳴病棟」取材班が、すくなくとも
 2006年12月23日(土)以降の数日以内に三郷町のご遺族のご実家で取材活動をしていた
のは間違いない。2ちゃんねるのニュース速報+板の「大淀病院産婦死亡事例」関係スレッドを見ているからで、このスレッドは、12月23日に立てられた
 【医療】"奈良県南部の産科ゼロに" 妊婦たらい回し死亡問題の病院、産科休診へ…遺族は刑事告訴など検討
だと思われる。


1 :ままかりφ ★ :2006/12/23(土) 07:47:48 ID:???0
奈良県大淀町の町立大淀病院で8月、重体になった妊婦(当時32)が
計19病院に搬送の受け入れを断られた末、大阪府内の病院で死亡した問題で、
同病院が来年3月で分娩(ぶんべん)の取り扱いを休止することがわかった。
同病院の産婦人科にはこの妊婦を担当した常勤の男性医師(59)しかおらず、
長年にわたる激務や妊婦死亡をめぐる対応で心労が重なったほか、
別の産科医確保の見通しが立たないことなどが理由とみられる。

県などによると、同病院は来年3月末で産科診療を休止し、その後は婦人科
外来のみ続ける方針。スタッフの拡充を検討したが、県内の公立病院に産科医を
派遣してきた奈良県立医大の医師不足などから、新たに医師が確保できず、
分娩対応の継続ができないと判断した。病院側は同日、院長名で事情を説明する
文書を張り出した。

男性医師は県立医大から非常勤医師の応援を得ながら、年間150件
以上のお産を扱っていた。宿直勤務は週3回以上で、妊婦が死亡した後、
「ここで20年以上頑張ってきたが、精神的にも体力的にも限界」と周囲に
漏らしていたという。

県南部では、県立五條病院(五條市)が4月に産科医不足から分娩取り扱いを
中止しており、大淀病院がお産を扱う唯一の病院だった。県幹部は「早急に
県内の周産期医療のあり方を見直さねばならない」と話す。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200612220048.html

病院は「助産師などの確保が難しくなり、リスクが大きくなるため」としている。
この結果、奈良県南部で出産を扱う病院がなくなることになった。一方、妊婦の
遺族は、病院に対する刑事告訴や損害賠償請求の訴訟を検討している。(抜粋)

http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00102524.html

「悲鳴病棟」のビデオをコマ送りにして確認したら、上記スレッドの書き込みを発見したので、たぶん、間違いないと思う。
このスレッドの最終書き込みは以下だ。


1000 :名無しさん@七周年:2006/12/23(土) 19:04:18 ID:+059SqGb0
そのうち、中国出産とか韓国出産が低所得の間で流行るんだろうな。。。
別にいいけどさ。。

ニュース速報+板に立って、1000スレッドに達した場合、遅くても2-3日中にはdat落ちするから、ABCのクルーがご遺族に当該スレッドを見せたのは、12月23-25日くらいまでの間のことだと思う。

ところで、
 毎日新聞奈良支局の第一報を書いた青木絵美記者
は、なぜフェードアウトしたのかというと、これは、直接、ある方からメールを頂き、以下に書いた。
2007-01-26 今週の青木絵美記者@大阪本社社会部大阪支社
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/01/post_0657.html
この時は、まだ青木絵美記者は妊娠中だったので、体調を慮って詳しくは書かなかったのだが、頂いたメールによれば
 12月1日付で、結婚のために、夫君の勤務先のある大阪に異動
になっている。近県の奈良から、わざわざ大阪に異動になっているのは、出産準備もかねてだろうと思う。
要するに、「一身上の都合」で奈良支局から異動せざるを得ず、ほどなく産休入りしたために、「大淀病院産婦死亡事例」報道からは手を引いた形になっている訳である。

これまでに分かっている経過とマスコミの取材を、2006年分のみ時系列にしてみる。

8/8 大淀病院から国循へ搬送 記者が張り付く(社名不明)
 搬送後、少なくとも三度の撮影 (撮影者不明 プロによるものか?)
 1 8:04帝王切開で赤ちゃん誕生(手術室内か?)
 2 8:04からしばらくして いったんベッドに運ばれる(浴衣姿)
 3 開頭手術後、ベッドに運ばれる(手術着姿 赤ちゃんは産着に着替える)
8/16 産婦さんが亡くなる
9/21 ご遺族と大淀病院の第1回目の話し合い(産科担当医出席)
10/10 ご遺族と大淀病院の第2回目の話し合い(大淀病院は弁護士が出てくる)
10/17 毎日新聞第一報 青木絵美・林由紀子記者の連名記事
(以後、大淀病院にメディアスクラムがかかる)

10/26 青木絵美記者「記者の目 次の実香さん出さぬように」2006-10-26 「マスコミたらい回し」とは?(その22) 毎日新聞奈良支局青木絵美記者、「スクープ」を自慢→10/26付毎日新聞朝刊にご尊顔の写真入り記事掲載
11/02 MBS VOICEで「産婦人科医療のジレンマ」放映→2006-11-02 「マスコミたらい回し」とは? (その30) 大阪のMBS、今日になっても「医療ミス」を主張 大淀病院産婦死亡事例の資料集(ビデオキャプチャ画像→クリックすると拡大します) →追記あり→更に追記あり
11/12 三郷町で「県内の周産期医療体制の充実を求める緊急シンポジウム」(日本共産党国会議員団県事務所など主催)が開かれ、ご遺族の義父の方が発言される→2006-11-17 今週の青木絵美記者@毎日新聞奈良支局
12/1 青木絵美記者、大阪に異動。「大淀病医院産婦死亡事例」報道から離れる
12/23-25のいつか ABC「悲鳴病棟」取材班、ご遺族に「2ちゃんねる」の書き込みを見せる

確証はないのだが、青木絵美記者の大阪への異動とABC「悲鳴病棟」取材班の三郷町のご遺族ご実家での連日の撮影開始は、だいたい同じ時期ではないか。
ABCの「悲鳴病棟」は、桜の花の下で赤ちゃんを抱くご遺族のショットが入っており、「9ヶ月になる」というナレーションもあるので、最大で5月までは撮影が続いていたと思われる。

|

« 「マスコミたらい回し」とは? (その78) ABC「悲鳴病棟 “医者を訴える”夫の決断」@5/29の謎→加筆・訂正あり→画像は削除しました | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その80) 大淀町民です 産科が閉鎖されて県外の病院に転院して子供を産みました »

コメント

奈良県産婦人科医会の連絡先をご存じないでしょうか?

大野病院のK先生と同じく、せめて募金で支援したいのですが、大淀病院の先生への支援を取りまとめている組織について情報が見つけられずにおります。

K先生の「周産期医療の崩壊を食い止める会」にもお尋ねしたのですが、非常に重大な問題と認識し、支援について検討してはいるものの、まだ手が回せずにいるし、とりまとめ組織についても情報を把握していないそうです。

奈良県産婦人科医会は10月19日の段階で既に大淀の医師に齟齬がなかったとの声明を出しているくらいですから、支援を取りまとめていただくのにもっとも適していそうに思うのですが、ウェブ上では連絡先を見つけられません。

管理人さまは地元と言っていいところにお住まいのようですので、ご存知であればと思ってここに書かせていただきました。

投稿: わし | 2007-06-27 07:58

青木絵美氏の出産は2月と言う投稿があったと記憶しているのですが、天漢日乗様の(06/27)の文章には「この時(*2007/01/26)は、まだ青木絵美記者は妊娠中だったので、体調を慮って詳しくは書かなかったのだが、頂いたメールによれば、12月1日付で、結婚のために、夫君の勤務先のある大阪に異動になっている」と書かれています。12月移動→結婚→2月出産、だと結婚式をする時間的な余裕が無いように思えるし、戸籍には出産2~3ヶ月前の入籍が記載されるので、記事を書いた時点では「青木絵美」と言う名前は戸籍上の名前ではなかった可能性が高いと思えるのですが、どうでしょうか?

投稿: Nebula202 | 2007-06-27 10:41

「わし」様: おはようございます

正確でないかも知れないですが「奈良県産婦人科医会」と言う組織は、実質は「奈良県医師会」に加入している医師の「産婦人科部会」と同じだと思うのですが、以下の2つの組織に問い合わせてみればいかがでしょうか?

奈良県医師会館(総合医療・保健センター)
http://www.nara.med.or.jp/syoukai/kousei.html
〒634-8502 奈良県橿原市内膳町5丁目5-8
TEL (0744)22-8502(代表) FAX (0744)23-7796

日本産婦人科学会 のリンク先より「奈良」があるのは
http://www.jsog.or.jp/

日本妊娠中毒症学会 〒634—8522
奈良県橿原市四条町840
奈良県立医科大学産科婦人科学教室内 TEL 0744-22-3051 内3429
FAX 0744-23-6557

投稿: Nebula202 | 2007-06-27 11:19

はじめて書き込ませていただきます
Nebula202様
今流行のデキ婚で、
気が付いときには着られるウェディングドレスがなくなっていたり、、
式場を押えられなかったり、デキ婚に否定的な親族がいたりすると
式なしで入籍→出産後に披露宴という流れになると思うので、
「結婚式を行う時間的余裕」がなくても問題にはならないと思います。
数ヶ月後に結婚改姓が決まっている人間をあえて引っ張りだして、
旧姓「青木絵美」で署名記事を書かせたのだとしたら悪質だと思いました。

投稿: 泥曰 | 2007-06-27 13:14

泥日様:
私は、もうすでに入籍しており「青木絵美」では無くなっている女性記者に「青木絵美」で署名記事を書かせ、非難を受けたあとは、大阪に転出させ、そこでは本来の(入籍後の)名前に変え、医療機関を受診し、無事に出産しているだろう・・・と言うストーリーの方が悪質だと思います。

投稿: Nebula202 | 2007-06-27 14:42

初めまして 
昨日、新小児科医のつぶやき でコメント入れたのですが
なぜ、”青木絵美”が記事を書くことになったのか?
が、理解出来ました。


そういう人物は、いなくなるから、でしたか

姑息ですね

投稿: こんた | 2007-06-27 18:09

Nebula202さま、ありがとうございます。そのあたりは検索できるのですが、電話/ファクスしかないのでどうしようかと思っておりました。

表立って組織はされていないようなので、この際じかに先生宛に送ってしまおうかと思います。

投稿: わし | 2007-06-28 08:10

深読みし過ぎのような。
毎日新聞でなければこの手の記事は匿名。
この人が青木絵美でも赤井邦道でも青木三十郎でも名無しでも悪事は悪事。是々非々。
顕名の記者だからといって特別扱いしてもしょうがない。
医師個人を叩く(ことの善悪)←→行政を叩く(ことの善悪)
記者個人を叩く←→会社を叩く・業界を叩く
悪い記事を書いた個人を叩く←→悪い記事を書いた個人の全人格を否定する

投稿: 匿名 | 2007-06-29 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15571794

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは?(その79) ABC「悲鳴病棟」取材班と毎日新聞青木絵美記者に関する時系列整理:

« 「マスコミたらい回し」とは? (その78) ABC「悲鳴病棟 “医者を訴える”夫の決断」@5/29の謎→加筆・訂正あり→画像は削除しました | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その80) 大淀町民です 産科が閉鎖されて県外の病院に転院して子供を産みました »