« 産科崩壊 増える高齢の母親 30代出産女性の不妊治療も増える(その2) 高齢妊婦は周産期の死産が増え、母体死亡率は20-24歳の妊婦の20倍以上 高齢妊娠の危険を厚労省はもっと周知徹底させよ | トップページ | Winnyのウイルスで1万件を超える警視庁の捜査資料大量流出 »

2007-06-13

F1カナダGP (その2) デビッドソンと激突した動物は「ウッドチャック」か

先日のF1カナダGPで、
 ビーバーに激突した
と言われていた、デビッドソンだが、どうやら
 ウッドチャック
だったらしい。


06/13/2007 スーパー・アグリ、地元メディアから思わぬ『抗議』!?

モントリオールでチーム設立以来最高の成績を残した『スーパー・アグリ・F1』チームだったが、地元カナダのメディアから思わぬ『抗議』を受けてしまったようだ。

というのも、突然のアクシデントでノーズを血だらけにしてピットインしたアンソニー・デビッドソンのマシンについて、チームは「コースに飛び出した野生のビーバーとぶつかったもの」と、説明した。
Groundhog Image
しかし地元『ナショナル・ポスト』紙の記者によると、この辺りでビーバーの存在はもう100年以上確認されておらず、あり得ないというもの。
事故に遭ったのは、ビーバーによく似たウッドチャック(Groundhog:グラウンドホッグ)゛たろうと解説している。
ウッドチャックであれば、この辺りで多く目撃されているという。

なお毎年2月2日は『グラウンドホッグ・デー(聖燭節・マーモットの日)』とされ、この日グラウンドホッグが穴から出て来た時、もし自分の影を見ることができれば(晴れていれば)その先まだ6週間は冬が続くことを意味するもので、グラウンドホッグは再び穴に戻るという。
一方、もし外が暗く曇っていて自分の影を見ることができなかった場合、春がすぐ近くに来ていることを示すためグラウンドホッグは穴の外に出て来るとされている。

ま〜、デビッドソンが、ビーバーとウッドチャックの区別がつかなくても、しょうがないよね。

ウッドチャックというか、グラウンドホッグが毎年寝ぼけた様子で出てきて、
 影を見るかどうか
を試される、気の毒な2月2日の
 グラウンドホッグデー
の話はこちら。(英文)どうやらこれが公式サイトみたいだ。
 http://www.groundhog.org/
ニュースでやってるのを見た人もいるだろうが、今年のビデオもばっちりある。
http://www.groundhog.org/video/
眠そうなPhilくんがちと気の毒。
グッズも売っている。てか、アメリカ人はなんだってすぐグッズを作るんだろう。。。

ところで、ひょっとして
 アニメ「山ねずみ ロッキーチャック」の「山ねずみ」ってウッドチャックのこと
なのか?
山ねずみロッキーチャック

|

« 産科崩壊 増える高齢の母親 30代出産女性の不妊治療も増える(その2) 高齢妊婦は周産期の死産が増え、母体死亡率は20-24歳の妊婦の20倍以上 高齢妊娠の危険を厚労省はもっと周知徹底させよ | トップページ | Winnyのウイルスで1万件を超える警視庁の捜査資料大量流出 »

コメント

ウッドチャックにぶつかったのは最終シケインでスピンした週でしたかね?

投稿: yokunaiwai | 2007-06-14 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15415612

この記事へのトラックバック一覧です: F1カナダGP (その2) デビッドソンと激突した動物は「ウッドチャック」か:

« 産科崩壊 増える高齢の母親 30代出産女性の不妊治療も増える(その2) 高齢妊婦は周産期の死産が増え、母体死亡率は20-24歳の妊婦の20倍以上 高齢妊娠の危険を厚労省はもっと周知徹底させよ | トップページ | Winnyのウイルスで1万件を超える警視庁の捜査資料大量流出 »