« 夏は乾麺の饂飩 | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ ベトナムで1年8か月ぶりにH5N1型鳥インフルエンザによる死者発生 »

2007-06-17

偽造防止シールを中国で偽造 日本のホログラム印刷技術もダメになった?

ニセモノを作らせると、恐らく中国人の右に出るものはいないだろう。
かれこれ2000年はニセモノを作り続けているはずだ。

で。
 日本が誇るホログラム印刷
を使った
 外国人登録証の偽造防止シール
が、
 あっさり中国の工場で偽造
されていたという。
もう、日本の技術はアカンの違うか?

毎日より。


外国人登録証:偽造防止シール偽造 中国から買い付け

 法務省が外国人登録証(外登証)の偽造防止に導入した光るホログラムシールが、中国の工場で簡単に偽造されていることが愛媛、愛知両県警の合同捜査本部の調べで分かった。今年2月、岐阜県内の偽造グループ拠点を捜索し、中国人ら顧客約1200人のデータなどを押収。顧客の多くは中国人で、不法滞在者も含まれているとみられる。この事件では既に24人が逮捕されており、合同捜査本部は、偽造ルートの解明を進めている。
 合同捜査本部は今月14日、シールを買い付けていたリーダー格の産廃業者、奥村正弘容疑者(39)=岐阜県多治見市=を有印公文書偽造の疑いで逮捕した。調べでは、奥村容疑者は今年2月、同市内の拠点で、知人の中国人らとシールを使って外登証を偽造した疑い。偽造外登証の売り上げは少なくとも500万〜600万円に上り、グループ内で山分けしていた。偽造シールを中国で買い付けた日本人が逮捕されるのは異例という。
 シールは法務省のシンボル「桐(きり)」をデザインしたもので、奥村容疑者が風評を頼りに中国・四川省の製造会社に発注すると、高精度なシールが出来上がったという。製造会社はインターネット上でも紹介されている一般企業
 ホログラムシールを使った偽造事件では、警視庁が今月、中国から偽造シールを使ったタクシー券を大量に輸入していたとして、暴力団組員ら2人を偽造有価証券輸入容疑で逮捕している。【後藤直義】
毎日新聞 2007年6月17日 3時00分

やれやれ。
法務省も、こんなにあっさり偽造されるとは思ってなかったんだろうな。
偽造防止シールが簡単に偽造されるんじゃ、
 外国人登録証の真偽
なんて、判別つかないじゃん。

|

« 夏は乾麺の饂飩 | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ ベトナムで1年8か月ぶりにH5N1型鳥インフルエンザによる死者発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15464046

この記事へのトラックバック一覧です: 偽造防止シールを中国で偽造 日本のホログラム印刷技術もダメになった?:

« 夏は乾麺の饂飩 | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ ベトナムで1年8か月ぶりにH5N1型鳥インフルエンザによる死者発生 »