« 夕張メロンの香り | トップページ | 夏休みの研究会 »

2007-07-23

NHK首都圏(一都六県)で「特報首都圏〜ネットの“祭り”が暴走する〜」という偏向・捏造番組放映@7/6 19:30-19:55(その2) 出演者が明言「これは捏造だ」 あの「プロジェクトX」の番組生命を絶った「淀川工業高校グリークラブ」並の捏造手法→追記あり

2007-07-09 NHK首都圏(一都六県)で「特報首都圏〜ネットの“祭り”が暴走する〜」という偏向・捏造番組放映@7/619:30-19:55 公共放送がこんな取材態度でいいのか? 
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/07/nhk7619301955_e1ee.html
の続き。
「実況ニュースサロン」の
 NHK“祭り”特集に出演した荒井さん「これはもう捏造と言うしか他にないでしょう?」2007/07/20(金) 07:40
http://jikkyonews.blog109.fc2.com/blog-entry-48.html
経由。

当該番組で「嫌韓流」関連の発言を求められた荒井氏が、
 NHKの制作態度を捏造とまで言い切っているインタビュー
が出た。
ポリスジャパン 2007年7月11日 NHKが偏向どころか捏造報道? 1
2007年7月12日 NHKが偏向どころか捏造報道? 2
2007年7月13日 NHKが偏向どころか捏造報道? 3
2007年7月17日 NHKが偏向どころか捏造報道? 4
2007年7月18日 NHKが偏向どころか捏造報道? 5

これを読むと、
 NHKの取材が極めていい加減で、恣意的、しかも取材対象に対するツメが甘い
のがわかる。
概略をまとめてみる。


1. 5-6月の間 知り合いから荒井氏に「ネットウヨク」「ネット言論」取材の依頼がくる
2. 荒井氏の知り合いを紹介してくれるように依頼があるが、知り合いには断られ、荒井氏が取材対象となる
3. 荒井氏は「嫌韓流」が広まったのと自分は関係ないので、そういう方向の取材は断るとNHK側に明言
4. 6/26(放映日の10日前)昼間に突然、荒井氏の取材申し込み「NHKに今日直接来てほしい」
5.  荒井氏をサポートする同席者なしで、荒井氏とNHK制作班という形で取材。制作班は、ディレク ターとカメラマンとAD、あと番組の男性キャスターという組み合わせ(注 NHKにはADはないので、いずれもPDだと思われる。他のPDの番組を補助することはよくある)

ここまでが取材までの経過だ。
見ておわかりのように
 番組放映10日前に渋谷の放送センターに呼びつけて取材
というのは、いくらNHKであっても異例だ。急を要する報道は別として、5月には、NHK内部で提案が了承され、取材に入っている番組で、その時期に取材依頼をしていた人間を番組放映直前に呼びつけてインタビューを取るというのは、
 明らかにおかしい
のだ。何があったかというと
 番組の提案(他局では企画書)の段階で意図していたものが、実際に取材する内に大きく異なってきた
のだ。要するに
 当初の提案と違う番組を作ることになった
のである。
 NHKは放映前にしつこく試写を繰り返す放送局
として知られている。普通、30分枠の番組を作ると(たいてい若手〜中堅の担当)、
 編集で放映1ヶ月前は缶詰(月残業100時間は平気で超過)、後半2週間ほどは試写をして編集し直す
というプロセスを踏む。従って、この番組の場合、
 30分尺の「地域クロ現」枠の試写
は、いくらなんでも放映10日前には最初の試写が終わっているはずで、何があったか知らないが、 
 最初の取材ビデオを編集してみたら、うまくつながらないor説得力がないので、「別素材を新たに撮影」して尺を埋める
という作業を始めたのが6/26ということだろう。要するに
 荒井氏インタビューは尺を埋めるための緊急作業
だったと推測される。
(追記 15:55)
上記スケジュールについて、
 番制ではそうかもしれないが、報番の番組制作だと、もっとスケジュールが密で、撮入が10日前からというのは普通だ
という指摘があった。今回のこの番組は報番が担当らしいので、
 10日前の撮入でも、尺が足りないから、補うために撮影したとは言えない
とのことだ。ただ、制作までの準備期間が通常より短かった可能性はあるという。
(追記おわり)

で、この6/26の取材がとんでもない。


6.  渋谷のNHKで6/26 21時から取材開始。取材前に「打ち合わせ」で2時間ほど、荒井氏が自分の立場を説明する
7. 荒井氏がカメラの前で話したのは事前打ち合わせの通り「ネットの言論についてとか、ネット上での情報の波 及の仕方とか、ネットウヨクという造語の誕生と意味について」など
8. 撮影終了はなんと夜中の1時

このインタビュー内容と
 嫌韓流がどこで結びつくか
全くわからないのだが、こんな仕掛けをNHKがしてきたそうだ。


9. NHK側が「取材中に嫌韓流の作者さんにインタビュー出来たので、荒井氏が嫌韓流のブームの時に何をしたかなども聞かせて欲しい」と尋ねる
10. 荒井氏は正直に「私は関わってない」とこたえる
11. NHKの意図したこたえではなかったらしく、何度も同じことを聞かれる
12. 荒井氏が嫌韓流について、軽く言及すると「そこを無理矢理こじ開けるような感じになって来て、気付いたら話の流れが荒井氏がネットで嫌韓流の情報を広めたみたいになってしまった」ので、荒井氏は「慌てて否定。そこまで積極的に情報発信した事実はない」と明言。

ところが、実際の放送では
 荒井氏が「ネットで嫌韓流を広めた張本人」として紹介
されていたのだ。
荒井氏は非常に困惑している。
荒井氏は、NHKの取材で、次のようにもきちんと説明しているのだ。


13. 荒井氏は「言論の自由とはなんぞやってことを ハッキリさせたいので、私は実名も顔も出して言いたい事を言ってます。自由と背中合わせの"発言の責任"はすべて自分で背負ってます」とNHKの取材に明言
14 NHK側は「匿名の恐怖」を煽りたかったので、この荒井氏の基本スタンスについてはカット

サイテーですな。この番組を作ったPDと、編集時にあれこれ口出しをしたCPは。

荒井氏の嘆きは深い。


15. 「長い付き合いの友人に頼まれたから、その人を信用して出演しましたけど、見事に裏切られました。さすがNHKだと思いました。
16. 荒井氏は、自分の出演箇所に関しては「オレの出演部分に関しては完全に捏造」と明言

で、NHK側の対応が
 まさに詐欺同然
なのである。


17. NHKのディレクターから、荒井氏に最終確認の電話が来たのは、なんと番組放送当日の7/6の11:12(放映は同日19:30から)
18. しかも確認してきた内容はPDから番組中で"荒井氏が嫌韓流の情報をブログで流して読者に広く伝えて行ったと いう説明を入れたいという事実に反した内容
19. 荒井氏は即座に「断ったどころか、そういうテロップとか説明は嘘になるから止めろ」と忠告。「積極的に嫌韓流について語った覚えはないし、第一ネット上に証拠が残っ てるんだから。オレがあのマンガについて、ああだこうだ詳しく語ってないとい う証拠が。それなのに"オレがやった"と言ったら完全に嘘だろう」とPDにもう一度説明。
20. 荒井氏の言葉を完全に無視して7/6の放映では「荒井氏が嫌韓流をネットで広めた」と捏造

おい。担当PD出てこい。

荒井氏のblog「おはら汁」
http://ameblo.jp/oharan/

実は
 これとほとんどおなじ経過をたどったNHKの「捏造番組」
がある。
 もう編集が間に合わない
と嘘を言って、無理矢理放映して
 捏造
と問題になり、番組そのものが終了した
 プロジェクトX 2005年5月10日放映の「淀川工業グリークラブ」の回
だ。
その時の経過は以下に。
NHKの番組制作の大体の流れなども書いた。
 2005-05-23 NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2005/05/nhkx510_e655.html
 NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その2) これは典型的なメディアの暴力だ
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2005/05/nhkx510_2___16dc.html
 2005-05-24NHK「プロジェクトX」5/10放映分 「ムーブ!」で検証第二弾
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2005/05/nhkx510_95ce.html
 NHK「プロジェクトX」5/10放映分 「ムーブ!」で検証第二弾 (その2) プロX以前に作られたNHKドキュメンタリー、そして担当PD
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2005/05/nhkx5102xnhk_b82d.html

取材のいい加減さといい、今回の
 「特報首都圏〜ネットの“祭り”が暴走する〜」
と作り方が、非常によく似ている。

|

« 夕張メロンの香り | トップページ | 夏休みの研究会 »

コメント

こんなタイトルだったら良かったのに 
「特報首都圏〜報道の“捏造”が暴走する〜」

投稿: sakimi | 2007-07-23 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15852793

この記事へのトラックバック一覧です: NHK首都圏(一都六県)で「特報首都圏〜ネットの“祭り”が暴走する〜」という偏向・捏造番組放映@7/6 19:30-19:55(その2) 出演者が明言「これは捏造だ」 あの「プロジェクトX」の番組生命を絶った「淀川工業高校グリークラブ」並の捏造手法→追記あり:

« 夕張メロンの香り | トップページ | 夏休みの研究会 »