« 新潟県中越沖地震 柏崎刈羽原発の排気筒から放射性物質を検出 通常は検出されるはずがないのだが?→構内道路寸断、液状化も | トップページ | 新潟県中越沖地震 柏崎市、柏崎刈羽原発に当面の使用中止申し渡し »

2007-07-18

新潟県中越沖地震 柏崎刈羽原発の直下に断層か

以前から噂されていたことが、今回の地震で表面化した。
朝日より。


原発直下に断層か、建設の前提に疑問 中越沖地震
2007年07月18日03時03分

 新潟県中越沖地震(マグニチュード〈M〉6.8)を起こした海底の断層は、東京電力柏崎刈羽原発のある陸地直下にまで及んでいるとみられることが、気象庁などによる余震分布の解析でわかった。同原発建設時の想定(M6.5程度)を超える地震を起こした断層が直下にあるとはっきりしてきたことで、運転再開に慎重な判断が求められるだけでなく、昨年改定されたばかりの原発耐震指針で十分かも論議を呼びそうだ。

 今回の震源は原発の9キロ北の深さ17キロに位置する。地震は実際には、震源から始まった破壊が断層面に沿って広がって起きる。余震の多くは本震でずれ残った部分で起きるため、分布は、本震を起こした断層面を表している。

 気象庁、防災科学技術研究所、東京大地震研究所がそれぞれ独自に求めた余震の震源は主に本震の震源から南西に延び、一部が海岸付近にかかっている。16日午後に震度6弱を記録した余震の震源も、陸地の地下にあった。断層面は日本海側から陸側に下がる形で傾いているとみられている。

 陸側は深さ20キロ以上と深いため、原発の直下部分よりも、直下でない浅い部分のほうが揺れに大きく影響した可能性はある。「直下にあるから一概に危ないとはいえない」と防災科学技術研究所の小原一成・地震観測データセンター長は指摘する。

 ただ、原発建設は直下に活断層がないことを大前提にしてきた。同原発は未知の断層が直下にあったとしてもM6.5程度までの地震しか起こさないとの想定で設計されていた。建設の前提が揺らいだことになる。

 新潟大の立石雅昭教授は「設置許可申請時は想定外だったと思われる。早急に耐震性の評価をし直す必要がある」と話している。

 東京電力広報部は「指摘されているような見解があることは承知しており、今後、今回の地震に関する研究結果が明らかになってくれば独自の調査をすることも考えたい」としている。

柏崎刈羽原発では、現在すべての原子炉を停止しているが、このままで再開は難しいのではないか。
すくなくとも柏崎刈羽原発に関しては、想定した地震の規模は小さ過ぎたた上に、断層の直上に原発施設があるというのは、原発立地の原則が崩れたわけで、稼働を続けられないだろう。

|

« 新潟県中越沖地震 柏崎刈羽原発の排気筒から放射性物質を検出 通常は検出されるはずがないのだが?→構内道路寸断、液状化も | トップページ | 新潟県中越沖地震 柏崎市、柏崎刈羽原発に当面の使用中止申し渡し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15796865

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県中越沖地震 柏崎刈羽原発の直下に断層か:

« 新潟県中越沖地震 柏崎刈羽原発の排気筒から放射性物質を検出 通常は検出されるはずがないのだが?→構内道路寸断、液状化も | トップページ | 新潟県中越沖地震 柏崎市、柏崎刈羽原発に当面の使用中止申し渡し »