« 産前産後に資格の勉強? 朝日新聞女性記者は出産・子育てをキャリアアップのダシにするつもりだったのか?(その2)この記事をいま赤ちゃんである子どもが将来読んだらどう思うだろう? | トップページ | 参院選 自民惨敗 »

2007-07-29

そこらにある書物

いや〜、びっくりした。
 加藤純章『経量部の研究』1989 春秋社
って、
 そこらにある書物
だと思っていたら、京大には所蔵がなくてショック。なぜないかという理由は大体分かるが。予算執行が遅いので、買いそびれたというのがたぶん一番真実に近そうだ。
一番近場は、龍谷大学大宮図書館だけど
 禁帯出
なので、直接見に行かなくてはいけない。その前に
 身分証と資料利用依頼書
が必要だ。資料利用依頼書はどこから出してもらうのが一番早いかな。

普通のありふれた書物だと思っていたから、これには驚いた。大学の所蔵一覧を見ても、NIIで18件しか引っかからない。出身大学の東大にもないみたい(単にNIIに登録してないだけかも知れないけど)。ある意味凄い。
東大学内OPACを引いてみても、やっぱり『経量部の研究』はない。『大智度論』の科研報告書は収蔵されてるのに、これは一体何?
だって、『経量部の研究』って、東大で学位を取った後に、学位論文を出版したものじゃないの?
謎すぎる。

続き。
先輩に聞いたら
 あ〜、あれ、オレも持ってないんだ
とのこと。
 評判が良くて、あっという間に売り切れ。部数が少なかったみたいだし、再版してない。
頼むよ、春秋社。再版掛けてよ。
ある程度の年齢以上の研究者だと、たぶん著者から贈呈されているから、別段図書館になくてもいいや、というありがちなパターンで
 東大と京大に収蔵されてない
わけですな。89年だと、ちょうど
 昭和23年組
と呼ばれる
 旧制高校出身、旧制・新制大学ごちゃまぜ
の教官が退官した年で、89年春の図書購入時期はまだ混乱があったはず。この書籍は
 1989年2月20日
に出ているので、88年、すなわち昭和63年度分の図書予算を使い切った研究室が年度末購入を諦め、新年度の始まる4月以降に購入手続きを取ろうとしても、版元品切れ再版なしで売り切れていたんだろうな。
仏教論理学を研究するための基本図書なのに
 大学にあまり所蔵されてない
という、ちょっとかわいそうな書籍だ。

|

« 産前産後に資格の勉強? 朝日新聞女性記者は出産・子育てをキャリアアップのダシにするつもりだったのか?(その2)この記事をいま赤ちゃんである子どもが将来読んだらどう思うだろう? | トップページ | 参院選 自民惨敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/15936355

この記事へのトラックバック一覧です: そこらにある書物:

« 産前産後に資格の勉強? 朝日新聞女性記者は出産・子育てをキャリアアップのダシにするつもりだったのか?(その2)この記事をいま赤ちゃんである子どもが将来読んだらどう思うだろう? | トップページ | 参院選 自民惨敗 »