« 槙佐知子訳『医心方』の問題点 「果敢な挑戦」ではあるが、学術論文にそのまま引用できない水準 出版元である筑摩書房の担当編集者は怠慢の極み | トップページ | F1ハンガリーGP アロンソのPP剥奪6位降格、ハミルトンがPPへ »

2007-08-05

改造内閣は「泥船内閣」か(その3) 津島派には見限られる

ソースがzakzakなので、
 飛ばし
かも知れないけど。


安倍「派閥の推薦受けない」自民水面下で激しい綱引き

 安倍晋三首相は今月27日にも行う内閣改造・自民党役員人事で、派閥の推薦を受けず「安倍カラー」を前面に押し出すことを明言した。しかし、首相の求心力は急降下しており、各派閥はここぞとばかりに「挙党態勢」確立を求め、水面下で激しい綱引きが勃発(ぼっぱつ)している。ただ、党内には政権の先行きを疑問視する声も広がっており、早くも“泥船”から逃げ出す動きも出はじめた。
(略)

首相を見限る動きは他にも出はじめている。

 昨年の組閣の際には、強引に入閣候補を首相サイドに伝えていた津島派が3日、津島雄二会長と笹川尭副会長が会談し、今回は「派閥としての行動はしない」ことで一致した。

 これについて同派幹部は「派閥で推薦したら政権と心中させられる」と解説、あえて安倍政権と距離を置く姿勢を強調した。

ZAKZAK 2007/08/04

まあ、もう力を失った派閥だから、何を言ってもあんまり大勢に影響はなさそうな津島派ではあるのだが、こうした発言がzakzakとはいえ、表に出てくること自体
 安倍ちゃんの政権は「緩和ケアターミナルケア期」に入った
ってことでしょう。津島派は今回の参院選で改選議席を失った。
今後は、一部
 大臣になりたい病の派閥(山崎派とか)
が、
 ポストを要求して、泥船内閣と一緒に沈む
くらいで、周りはゆっくり政権の死を待ち望んでいるという、イヤな展開だな。

|

« 槙佐知子訳『医心方』の問題点 「果敢な挑戦」ではあるが、学術論文にそのまま引用できない水準 出版元である筑摩書房の担当編集者は怠慢の極み | トップページ | F1ハンガリーGP アロンソのPP剥奪6位降格、ハミルトンがPPへ »

コメント

緩和ケア医です。

「緩和ケア」は狭義の「終末期ケア」を含めた、がん診断時点からの様々な症状を和らげるための治療として、積極的治療と併用して早期から行うべきもの、と言うのが現在の世界的潮流で、がん対策基本法でも同様のことが謳われています。
なお、世界的にはがん以外の疾患にも広める方向ですでに動いています。

緩和ケアはけっして終末期ケアを言い換えたものではありませんので、誤解を招きかねない表現は医療問題に重点を置くブログとしては訂正をお願いしたいと考えます。

投稿: Hey_ocha | 2007-08-06 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16009966

この記事へのトラックバック一覧です: 改造内閣は「泥船内閣」か(その3) 津島派には見限られる:

« 槙佐知子訳『医心方』の問題点 「果敢な挑戦」ではあるが、学術論文にそのまま引用できない水準 出版元である筑摩書房の担当編集者は怠慢の極み | トップページ | F1ハンガリーGP アロンソのPP剥奪6位降格、ハミルトンがPPへ »