« 「マスコミたらい回し」とは?(その91)毎日新聞奈良支局に以前勤務の元田禎記者 奈良県南部の産科を絶滅させたことには触れず「妊婦をめぐる救急体制の不備を問い続け」たと強弁 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その93)奈良高槻妊婦搬送問題 胎児は胎内で死亡していた 何故マスコミはその点を隠そうとするのか→奈良県立医大産婦人科教室叩きには「某有名大学教授選絡み」という怪情報まで »

2007-08-30

「マスコミたらい回し」とは?(その92)奈良県立医大産婦人科教室小林浩教授単独インタビュー「受け入れは断っていません」@MBS/TBS→一部訂正あり

今回の
 奈良高槻妊婦搬送問題
では、中和地域の消防はまず奈良県立医大に連絡したが断られた、と発表している。
最初に断ったとされる奈良県立医大産婦人科教室の小林浩教授がMBSの独占インタビューに答えた。
以下は17時台のTBS/JNNのニュースとその後に放映されたMBS"VOICE"からインタビュー全体を再構成した。
(1回番組を見てメモしただけなので、間違いがあるかも知れないことをお断りしておく。現在、手元にある録画装置がすべて使えないのであしからず。)

(訂正 8/31 8:54)
奈良県立医大中和広域消防に対する電話取材。
「いま緊急オペが入ったという。それで診られないということで。直接(救急から病院との連絡を)わたしが取りました」
(訂正おわり)

奈良県立医大病院小林教授の単独インタビュー。
「断ってないんです。
救急患者を送る先生と話しているので後で連絡して欲しいと。
消防からの電話は(それから)1時間後でした。」
「救急・事務・医師と間に人が入れば、(正しい症状の)ニュアンスが伝わらないことがあります。伝言ゲームみたいになるわけです。」

「その時妊婦さんが1人入院。朝5時に出産されています。
3時20分に破水・陣痛で1人入院しています。
それから4時まで(消防から)全く連絡はありませんでした。」

小林教授が上げる、奈良の救急医療の問題点。
「奈良県の救急医療には一次・二次・三次のすみ分けがない。
こういう病気があるから二次と、振り分けするところがあればそこに運ぶ。」

MBSの結論は、救急と医療の連携不足で患者を受け入れなかった可能性があったというものだった。

げげ。
 奈良の救急には一次・二次・三次の振り分けさえされてない
のかよ。こりゃ
 ○○病院にだけは運ぶな、と救急車内で患者が懇願する
という
 奈良の噂
は、本当だな。振り分けができていれば、こんな変な噂は出ないはずなのだ。

奈良県立医大病院の受け入れ態勢については、小林教授のインタビューが出る以前に、共同が次のように伝えている。


ベッド空きも対応できず 奈良県立医大、受け入れ断る

 奈良県橿原市の妊婦(38)の受け入れ先が決まらず、搬送中の救急車が事故に遭った上、流産した問題で、最初に受け入れを要請された奈良県立医大病院に空きベッドがあったことが30日、分かった。2人の当直医は別の妊婦の診察に追われ、受け入れを断っていた

 県によると、救急隊員の最初の受け入れ要請は、29日午前2時55分。病院は1分前に別の妊婦を受け入れたため、当直医が事務員に「診察中なので後にしてほしい」と伝えた。

 事務員が隊員に「手術になるかもしれない」と答えると電話は切れたという。もう1人の当直医は手術後の妊婦の対応に追われていた。

 病院は隊員から再度要請されたが、別の妊婦が午前3時半ごろに破水して入院したため断った。5時半ごろにも分娩後に大量出血した患者を受け入れ、最終的には病院のベッド数23を超える24人を抱えていた

 病院は「ベッドが空いていたとしても医師は対応できなかった」と説明。県も「病院の対応はやむを得なかった」と話している。

2007/08/30 11:23 【共同通信】

結果的に
 満床+1のかなりしんどい病棟運営
になっているわけね、奈良県立医大。
今朝はフジテレビが執拗に奈良県立医大を叩いていたが、今回の問題は奈良県立医大の受け入れ態勢の問題というよりは
 救急医療体制を整えてない、奈良県の医療行政の根本的問題
だと思われる。一次・二次・三次の振り分けが全然出来てないのであれば、中和救急も、次々と引き受けてくれそうな病院に電話を掛けるしかないもんな。ただ、中和救急の側にも、混乱はあったと思われる。

それと、もう一つ。
 救急隊員は、「運んでいる女性が妊娠してるかどうか」の判定は出来ない
のだ。産科未受診の「妊娠してるかも知れない」女性が
 妊婦で、結果的に死産した
のは、流産して病院で医師の診察を受けてから、判明したことなのだ。
ここまでの報道では、
 あたかも「妊婦」とわかっている女性を受け入れられなかった
かのような論調だが、それは正しくない。

|

« 「マスコミたらい回し」とは?(その91)毎日新聞奈良支局に以前勤務の元田禎記者 奈良県南部の産科を絶滅させたことには触れず「妊婦をめぐる救急体制の不備を問い続け」たと強弁 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その93)奈良高槻妊婦搬送問題 胎児は胎内で死亡していた 何故マスコミはその点を隠そうとするのか→奈良県立医大産婦人科教室叩きには「某有名大学教授選絡み」という怪情報まで »

コメント

浜松医大出身の小林教授は、奈良県にはもうほとほと愛想が尽き果てているようですよ
http://ssd.dyndns.info/Diary/archives/2007/08/post_361.html

投稿: ssd | 2007-08-31 08:49

フジ産経は、最悪ですな。
奈良医大のHPを見て、反省してほしいですね。

投稿: Dr. I | 2007-09-02 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16287150

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは?(その92)奈良県立医大産婦人科教室小林浩教授単独インタビュー「受け入れは断っていません」@MBS/TBS→一部訂正あり:

» 「最初から死産!」泰山鳴動して鼠一匹? [東京日和@元勤務医の日々]
 「たらい回し」報道はなんだかな・・・まぁ、今後、「たらい回し」表現を使うのなら、もうちょっと調べてからにして欲しいなマスコミ諸氏も・・・ 奈良妊婦「死産」:最初要請の病院 受け入れに余力毎日新聞...... [続きを読む]

受信: 2007-08-31 02:38

» 産科医の労働環境(奈良版) [健康、病気なし、医者いらず]
「奈良、たらい回し!の問題点」 の記事の続きです。 2007年8月29日、午前2時40分ごろに 妊娠7ヶ月の、かかりつけ医のいない妊婦が 腹痛と出血を訴えて、119番通報したんですけど。 受け入れ可能な... [続きを読む]

受信: 2007-09-02 00:02

« 「マスコミたらい回し」とは?(その91)毎日新聞奈良支局に以前勤務の元田禎記者 奈良県南部の産科を絶滅させたことには触れず「妊婦をめぐる救急体制の不備を問い続け」たと強弁 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その93)奈良高槻妊婦搬送問題 胎児は胎内で死亡していた 何故マスコミはその点を隠そうとするのか→奈良県立医大産婦人科教室叩きには「某有名大学教授選絡み」という怪情報まで »