« わたしは大淀病院と産科医の先生を支持します | トップページ | TBS世界陸上の舞台裏は大混乱 »

2007-08-29

忍び寄る鳥インフルエンザ H5N1型高病原性鳥インフルエンザのヒト→ヒト感染が確認される

新型インフルエンザ流行までに、秒読み態勢か?
ロイターより。


米研究チーム、鳥インフルエンザの人から人への感染を確認(ロイター)

 [ワシントン 28日 ロイター] 米国の研究者らは28日、4月にインドネシアで報告されたH5N1型鳥インフルエンザウイルスが、人から人へ感染したことを数理解析によって確認したと明らかにした。

 シアトルにあるフレッド・ハッチンソンがん研究所のアイラ・ロンギニ氏率いる研究チームが、医学誌「Emerging Infectious Diseases」で発表した。同チームは、病気の発生に際し、危険な伝染病や流行病が発生しているかを即座にテストするソフトウエアツールを開発したという。

 研究チームによると、昨年インドネシアのスマトラ島で家族8人が死亡した事例とトルコで8人が感染、うち4人が死亡したケースを調べたところ、スマトラの事例のみ人から人に感染した統計上の証拠が確認できたという。

 トルコの事例については「単に統計上の証拠が見つからなかっただけ」で、それが「人から人への感染が起こらなかったということにはならない」と指摘している。

 専門家らの間では、スマトラのケースは人から人への感染との見解でほぼ一致しているが、そのことを立証するさらなる材料が待ち望まれていた。

[ロイター:2007年08月29日 13時53分]

数理解析で、鳥インフルエンザのヒト→ヒト感染が実証できるとは。
北京五輪前に大流行ってシャレにならない展開になりそうな悪寒。

|

« わたしは大淀病院と産科医の先生を支持します | トップページ | TBS世界陸上の舞台裏は大混乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16276334

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る鳥インフルエンザ H5N1型高病原性鳥インフルエンザのヒト→ヒト感染が確認される:

« わたしは大淀病院と産科医の先生を支持します | トップページ | TBS世界陸上の舞台裏は大混乱 »