« 産科崩壊 「緊急搬送されてきた産科未受診の妊娠30週の早産」を受け入れたら、「堕ろせ」と罵倒され、治療費を踏み倒された上に、子どもを捨てて逃げました→加筆あり | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その104)不妊治療による多胎とNICU 読売の「美談記事」は設備や人員の整わない地域の周産期医療への言語テロ行為→読売新聞東京本社に電話してみました »

2007-09-09

藤原宮大極殿院南門現説@9/8

藤原宮大極殿南門現説@9/8
ともかく、暑い現説。
半分ぼうっとしつつ、メモを取りつつ、聞く。
しかし、配布資料をただ読んでるような説明だったら、現説やる意味ないじゃん。聞かせる工夫がないのは、あかんのと違う?所内のポジションなんて、今日の現説と何の関係もない。部長は喋るの苦手らしいけど、その前に、現説に足を運んで来る人のニーズが何か、理解する必要があるのでは?
あの調子が続くようだと、寒心に堪えない。

(以下はクリックすると画像は拡大します)
Fj1
参加者に振る舞われた麦茶。氷入りにバージョンアップ。
冷たくて、頭がすっきりした。
どうもごちそうさまでした。


Fj3
頭を垂れ始めた稲穂。奥に見える二等辺三角形の山は、大和三山の一つ、耳成山。
藤原宮蹟のすぐ傍には、こうした田園風景が拡がる。
横を通ると、若い稲の香りが漂っていた。

|

« 産科崩壊 「緊急搬送されてきた産科未受診の妊娠30週の早産」を受け入れたら、「堕ろせ」と罵倒され、治療費を踏み倒された上に、子どもを捨てて逃げました→加筆あり | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その104)不妊治療による多胎とNICU 読売の「美談記事」は設備や人員の整わない地域の周産期医療への言語テロ行為→読売新聞東京本社に電話してみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16387832

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原宮大極殿院南門現説@9/8:

« 産科崩壊 「緊急搬送されてきた産科未受診の妊娠30週の早産」を受け入れたら、「堕ろせ」と罵倒され、治療費を踏み倒された上に、子どもを捨てて逃げました→加筆あり | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その104)不妊治療による多胎とNICU 読売の「美談記事」は設備や人員の整わない地域の周産期医療への言語テロ行為→読売新聞東京本社に電話してみました »