« 赤い電車に乗って(画像はクリックすると拡大します) | トップページ | 産科崩壊 自称兵庫県加古川市在住の産科未受診産婦(というか母)の声「子どもを行政に奪われました。その子はラブホで産まれました」 壮大なネタでなかったら明石市民病院の先生にねぎらいの言葉を »

2007-09-18

伊勢神宮内宮がいつ行っても綺麗なわけ

広大な境内にある伊勢神宮内宮は、いつ行っても綺麗。あれだけたくさんの木々が生い茂っているのに、葉も枝もほとんど落ちていない。
(画像はクリックすると拡大します)
Dsc00918
この写真のように、ご奉仕する方が早朝から夕方まで、絶え間なく境内を清めているからだ。
絶えざるメンテナンスで、内宮の清浄は保たれている。
時代はメンテナンスフリーに向かっているが、内宮の清浄は絶えざる意志と努力と奉仕が支えている。

|

« 赤い電車に乗って(画像はクリックすると拡大します) | トップページ | 産科崩壊 自称兵庫県加古川市在住の産科未受診産婦(というか母)の声「子どもを行政に奪われました。その子はラブホで産まれました」 壮大なネタでなかったら明石市民病院の先生にねぎらいの言葉を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16486207

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮内宮がいつ行っても綺麗なわけ:

« 赤い電車に乗って(画像はクリックすると拡大します) | トップページ | 産科崩壊 自称兵庫県加古川市在住の産科未受診産婦(というか母)の声「子どもを行政に奪われました。その子はラブホで産まれました」 壮大なネタでなかったら明石市民病院の先生にねぎらいの言葉を »