« F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その19)YouTubeにアップされていた「国歌斉唱中にトヨタの二台がエンジンを掛けた」証拠映像削除される | トップページ | F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その21)オールトヨタネットワーク分科会からアクセスありがとうございます »

2007-10-05

F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その20)YouTubeの映像が証拠となって、ハミルトン呼び出される→結局おとがめなし

観客がグランドスタンドから撮影した
 ハミルトンの急ブレーキシーン
が証拠となって、ハミルトンが呼び出された。まだ処分は決まってないが、
 故意にブレーキを掛けて、2位3位のウェーバーとベッテルの接触事故の原因を作った
と疑われている。

autosport.comより。(英文)


Stewards investigating Hamilton's driving

By Jonathan Noble Thursday, October 4th 2007, 09:42 GMT

World championship leader Lewis Hamilton is currently under investigation by the race stewards at the Chinese Grand Prix over his behaviour behind the safety car in Fuji last weekend, autosport.com can reveal.

It is understood that the FIA has been supplied with new information about Hamilton's driving behind the second safety car phase - where it is suggested that he contributed to the collision between Mark Webber and Sebastian Vettel.

It is not clear what this new evidence may be, but it could relate to video footage suggesting that Hamilton was braking and accelerating excessively.

An FIA spokesman confirmed that the stewards were looking into the matter.

"New evidence has been brought to the stewards attention and they are currently investigating the matter," he said.

It is understood Hamilton has been asked to meet with the stewards tomorrow.

The Webber/Vettel accident was not caught on camera by Formula One's official coverage, but a Youtube video of the accident filmed from the grandstands has highlighted how Hamilton slowed down dramatically on the right of the track, forcing Webber to slow down and catch Vettel unaware.

Formula One's regulations dictate that the race leader must keep a standard distance behind the safety car until the lap before it is due to come into the pits.

Article 40.10 of the F1 Sporting Regulations states: "The safety car shall be used at least until the leader is behind it and all remaining cars are lined up behind him. Once behind the safety car, the race leader must keep within 5 car lengths of it."

With Vettel having already been handed a 10-place grid penalty in China for his part in the accident, it is thought that if the stewards believe Hamilton has done wrong then he could be punished in a similar fashion.

Red Bull Racing's Mark Webber said on Thursday that he believed Hamilton's behaviour had contributed to the accident.

"It definitely contributed to Sebastian hitting me up the back because he (Hamilton) wasn't doing what he was supposed to be doing, clearly," Webber told a news conference.

"He spoke in the drivers' meeting about how good a job he was going to do and he did the opposite. Still, we know for next time."

Amateur video of the incident, taken from the grandstands

いや〜、素人が撮ったビデオがYouTubeに上げられて、世界中に発信され、それが
 ハミルトンの危険行為の証拠になる
なんて、誰が考えただろう。凄い時代だな。
もっとも上の映像は著作権にうるさいFOMが削除させたがってるみたいなので、削除されない内にどうぞ。

続き。(23:40)
ハミルトンにはおとがめなしの裁定が下った。
TopNews.jpより。


ハミルトンにおとがめなし!
2007年10月5日(金) 23時14分

日本GPでの走行について、ペナルティーが下る可能性も指摘されていたルイス・ハミルトン(マクラーレン)だが、FIAのスチュワードによる調査の結果、おとがめなしとなった。

ハミルトンは、日本GP決勝が行われた富士スピードウェイで、セーフティカーの後ろを走行中、不可解な動きをしたと申し立てられていた。その動きが、マーク・ウェバー(レッドブル)とセバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)の接触を招いたのだと主張されていたのだ。

数時間にわたる議論の後、言外にF1から去るとの脅しをかけていたと言われる若きチャンピオンシップリーダーのハミルトンに対し、ウェバーとベッテルの一件に責任はない、とする裁定が下った。

ユー・チューブ(YouTube)に投稿されたアマチュアのビデオ映像から、中国GP決勝での10番グリッド降格、もしくはチャンピオンシップの減点の危機に直面したハミルトンだったが、これでその憂いも消えたことになる。

その一方で、ベッテルの10番グリッド降格ペナルティーは減じられ、戒告処分になるようだ。
[ TopNewsレース速報 10月5日 23時14分 更新 ]

チャンピオン争いは、中国GPで決定ってことかな。

|

« F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その19)YouTubeにアップされていた「国歌斉唱中にトヨタの二台がエンジンを掛けた」証拠映像削除される | トップページ | F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その21)オールトヨタネットワーク分科会からアクセスありがとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16668680

この記事へのトラックバック一覧です: F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その20)YouTubeの映像が証拠となって、ハミルトン呼び出される→結局おとがめなし:

« F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その19)YouTubeにアップされていた「国歌斉唱中にトヨタの二台がエンジンを掛けた」証拠映像削除される | トップページ | F1日本GP雨の富士スピードウェイ(その21)オールトヨタネットワーク分科会からアクセスありがとうございます »