« 苦熱のあとに | トップページ | MLB インディアンスのバード投手に薬物使用疑惑 »

2007-10-21

吹奏楽コンクールの季節

昨日、今日は
 全日本吹奏楽コンクール 中学高校の部
が杉並の「聖地」普門館で開催された。全国大会に出場したすべての学校はおめでとう!
最近はどうだかよく知らないのだが、以前は中学の部が一番面白かった。

少子化の影響でか、中学でも33人編制なんて学校があるのを知って驚いた。
8中学が金賞受賞 全日本吹奏楽コンクール・中学の部

ブラスバンドというのは、文科系の筈だけど、基本的にノリは体育会だ。
弟は今でもアマオケorアマチュア吹奏楽団でチューバを続けているらしい。チューバは吹き手が少ないし、どうしても必要なパートだし、楽器を持っている人は大歓迎だろう。わたしは人数が異様に多いフルートで、ピッコロ持ち替えだった。フルートはともかく、ピッコロの練習は普通の家では出来ないので、集めてみた楽譜はあるのだが、放置している。アマオケでもアマチュア吹奏楽団でも、フルートは掃いて捨てるほどいるから、今更どこかに入れてもらおうとも思わない。

その昔、コンクールの自由曲でやったのが
 チャイコフスキーの序曲1812年
で、これは
 本当は大砲を入れる
という派手な曲だ。もちろん、一般のオケやブラスバンドでは、なかなかそこまで手が回らない。うちの学校はバスドラム複数台で凌いだ。

そこへ行くと、自衛隊は余裕がある。
読売より。


大砲の音を楽器に、陸自・朝霞訓練場で名曲コンサート

 陸上自衛隊が大砲を楽器のように使ってチャイコフスキーの名曲を演奏するコンサートが20日、東京都練馬区の朝霞訓練場で行われた。

 演奏された「大序曲1812年」は、ナポレオンのロシア侵攻などをテーマにした曲で、楽譜には大砲の音を入れる部分がある。

 通常の演奏では、大太鼓やシンセサイザーで代用されているが、今回は105ミリ砲4門が空砲を鳴らして楽譜通りの演奏を実現した。

 陸自は3年前の観閲式での演奏が好評だったため、多くの人に楽しんでもらおうと今回のコンサートを開催した。今月28日の観閲式でも大砲を使って演奏する。

(2007年10月20日23時13分 読売新聞)

1812年は、曲自体がカッコいいからな。オーケストラ版が原曲だが、ブラス用の編曲も昔からある。
ブラスでやる場合は、冒頭のコラールの部分で、管のいい音を響かせると、パイプオルガンみたいな感じに聞こえる。
その後は、弦なら弓でばりばり弾いていくところを、管楽器が音域ごとに分担して、指が絡まりそうになるパッセージを吹いていく。
冬将軍にやられたナポレオンが退却していくのを、ロシア軍が追い討ちを掛ける曲だから、スラブ音楽でなじみ深い旋律が次々出てくる。
で、当然、勝利宣言のフィナーレは華々しい。パーカッションの指定に
 Canon
とか書いてあるわけだ。まさに
 勝利の歓喜が爆発
するのだ。問題があるとすれば
 大砲の音が大きすぎると、せっかくの旋律が聞こえなくなる
ことかな。

|

« 苦熱のあとに | トップページ | MLB インディアンスのバード投手に薬物使用疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16830901

この記事へのトラックバック一覧です: 吹奏楽コンクールの季節:

« 苦熱のあとに | トップページ | MLB インディアンスのバード投手に薬物使用疑惑 »