« NHK「視聴者技術」その後 陸上無線技術士(陸技)なしで送信 こんな技術の管理職を抱える職場に未来はあるのか→「みなさまの受信料」は地デジ・BS契約取次手数料として量販店に流れる | トップページ | 亀田興毅・協栄ジム金平会長会見(速報) »

2007-10-24

嫦娥、月へ行く

中国の月探査衛星「嫦娥1号」が本日打ち上げ。今のところ、順調だ。
例によって、産経新聞の福島香織記者のレポートが面白い。
 北京趣聞博客 嫦娥1号打ち上げ速報!?
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/361726/
是非、ご一読を。

特に、このあたりにご注目を。


■嫦娥計画とは、中国初の月探査計画です。嫦娥とは中国の伝説上の月の女神の名前からとりました。

目的は、はっきりいって月資源です。同時に米国、ロシアにつぐ宇宙大国の地位を確立して、軍事利用も考えて、同時に胡錦涛政権2期目スタートを盛り上げようというねらいもあります。いずれは、アポロみたいに月面に中国人が五星紅旗をたてられたら、いいなあ、と考えているようです。そのとき星条旗がなかったら、世界中がびっくりですね~。
(略)

■嫦娥計画が生まれるまで、道のりをご紹介しましょう。
嫦娥1号の制作費は約2億元かかりました。プロジェクトとしては14億元の国家予算が投じられました。中国1の金持ちの若干26歳の女性の個人資産ですら1300億元ありますから、中国の金持ちがポケットマネーで作れる額ですね。農民一人の年収は3600元ほどですけど。(19:35)

(略)
■この嫦娥1号計画は4+5、とも呼ばれました。4つの科学的任務、5つのプロセスを嫦娥1号が担っているという意味です。4つの任務とは1.月面の立体写真撮影、2.月面の特殊元素の分布図、3.ヘリウム3の埋蔵量観測4.地球と月の間の宇宙環境データの収集。ヘリウム3というのは、放射線なしの核融合燃料に最適なレアもの資源といわれ、今、世界中が虎視眈々とねらっているらしいです。中国、アフリカや南米の資源かこいこにあきたらず、月資源の囲い込みもねらっているようです。月はまだ、誰のものでもないですから、早くつばを付けた方が勝ち、という発想でしょうか(19:05)

相変わらず、福島節が冴えてますね〜。

おまけ。出典はいろいろあるけど、『捜神記』より。


羿請無死之藥於西王母、嫦娥竊之以奔月。將往、枚筮之於有黄。有黄占之曰「吉。翩翩歸妹、獨將西行。逢天晦芒、毋恐毋驚、後且大昌。」嫦娥遂託身於月、是為蟾蠩[虫諸]。

弓の名手羿の妻だった嫦娥が、夫が西王母からもらった不老不死の薬を盗んで、月に逃げた。月面に「ヒキガエル」の絵が描かれることがある(対になる太陽には三本足の烏を描く)けど、これが、月に逃げた嫦娥の現在の姿だ、というのが、中国で長く伝えられるお話。『捜神記』バージョンだと、逃げる前に占ってもらう、というのがヘンでおかしい。一応、逃げる前の嫦娥は美女だったとかいうのだが、月へ逃げたら、ヒキガエルになったというのもヘンだけど。

|

« NHK「視聴者技術」その後 陸上無線技術士(陸技)なしで送信 こんな技術の管理職を抱える職場に未来はあるのか→「みなさまの受信料」は地デジ・BS契約取次手数料として量販店に流れる | トップページ | 亀田興毅・協栄ジム金平会長会見(速報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16863308

この記事へのトラックバック一覧です: 嫦娥、月へ行く:

» 中国初の月探査衛星打ち上げ [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
中国初の月探査に向けた周回衛星「嫦娥1号」が24日午後6時(日本時間同7時)すぎ、四川省の西昌衛星発射センターから打ち上げられ、予定通り地球周回軌道に乗りました。中国の伝説上の仙女の名を取った「嫦娥1号」は、「長征3号Aロケット」に搭載されて打ち上げられました。今後、地球を周回する楕円形の軌道上で地球の重力を利用して加速し、31日に月へ向かう軌道に入る予定。11月5日には月周回軌道に入り、最終的には月から200キロの円軌道を周回する計画です。 ***♪長征A♪ 空にそびえる 西昌の台 スー... [続きを読む]

受信: 2007-10-27 00:51

« NHK「視聴者技術」その後 陸上無線技術士(陸技)なしで送信 こんな技術の管理職を抱える職場に未来はあるのか→「みなさまの受信料」は地デジ・BS契約取次手数料として量販店に流れる | トップページ | 亀田興毅・協栄ジム金平会長会見(速報) »