« 風邪気味 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その110)共同通信による「横浜焦土作戦」の無惨な大勝利 急変した妊産婦と赤ちゃんの生命を危機にさらしているのは無責任な「産科叩き」記事配信 »

2007-11-18

浅田真央優勝@仏エリック・ボンパール杯 17歳の階段

浅田真央が泣いていた。
昨日のSPが終わり、不本意な演技だった浅田真央は、キス&クライから降りると同時に、堪えきれず、指先で涙を拭った。伏せた目元からは、止めどなく涙が溢れる。失敗の許されない、構成要素を確実にこなす演技を求められるSPで、最初のコンビネーションジャンプを失敗、その後の3Lzは不正エッジで減点され、点数が伸びなかった。SPは1位で通過したものの、前回のスケート・カナダと同じ過ちを犯した自分を浅田真央は許せなかった。
1時間後、浅田真央は報道陣の前に姿を見せ、笑顔でインタビューに応えた。1時間という時間は、浅田真央のショックの大きさと、それでも尚、それを乗り越えて、一流のアスリートとして報道陣の取材に応じて責務を果たそうとする、17歳の選択を表している。浅田真央は、今、一歩一歩、世界的な、成熟した一人前のアスリートとなるべく、階段を着実に上っているところなのだ。それが、トリノ五輪の時に18歳だった安藤美姫とは明らかに異なる。
 明日は3Aを飛びます
と、宣言した浅田真央は、今日のフリーの演技の最初に、ステップなしで3Aを飛んだ。
転倒。
回転不足だった。

昨季は、3Aを失敗すると、そのショックを引きずり、演技に精彩を欠いた。
しかし、今日の浅田真央は、進化した姿を見せた。
続く3F+3Loのコンビネーションジャンプは、両足着氷か、と思われたが、審判の判定は成功。今季女子で初めての3Loで降りる三回転のコンビネーションジャンプを決めた。先日のスケート・カナダ、昨日のSPで残った課題を、今日のフリーでは解決して見せた。浅田真央は着実に進歩を遂げているのだ。
CSp(キャメルスピン)・FSSp(フライングシットスピン)・CoSp(コンビネーションスピン)とSpSq(スパイラルシークエンス)ではレベル4を取り、抜きんでたスケーティング技術を評価された。ジャンプでは珍しく2A+2Lo+2Loの三連続ダブルの最後で躓きそうになり、回転不足を取られ、減点されたが、ジャンプの失敗を、スピンやステップがカバーした。まだ身長が伸びており、身体のバランスが取りにくい状態であっても、浅田真央のスケーティング技術は、磨かれ、身体的な問題を練習量でねじ伏せているかのようだ。タラソワコーチについて、たたき込まれた、動作の隅々までに気を配る体線や指先の美しさは、浅田真央の演技を大きくまた繊細に見せ、今回出場した選手の中で、ただ一人、異次元の滑りを見せていた。
他の選手達が、失敗を重ね、点数が伸びない中、転倒と時間オーバーで2点減点、3A失敗と3Lzの不正エッジ、2A+2Lo+2Loの回転不足でもGOEを大幅に減点された浅田真央が、2位のキミー・マイズナーに20点以上の差を付けて、ぶっちぎりで優勝した。まだ、シーズンが始まってから日が浅く、どの選手も今季のSPやフリーのプログラムを完成させていない中で、この点差なのだ。果たして、浅田真央の今季のプログラムが、もっと滑り込まれて、完成に近づいたら、一体、何点をたたき出すことだろう。

興味は、もはや、点数にはない。
この難しく、手の込んだ、いろんな要素が隙間なく詰め込まれたSPとフリーのプログラムを完成させたら、どれほど美しい、すばらしい演技になるのか、ちょっと想像を超えている。
今でも、浅田真央の滑りは美しい。
それが、更に進化し、氷の上に、わたしたちが見たことがないような、イリュージョンが展開されるのだ。
今年、浅田真央のSPとフリーに選ばれたのは
 ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア
 幻想即興曲
だ。曲名の通りに、今季、浅田真央が見せてくれる、氷上の幻想の進化を、シーズンと共に楽しみ、味わいたい。

エリック・ボンパール杯 女子シングルプロトコル
ショートプログラム
フリー

|

« 風邪気味 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その110)共同通信による「横浜焦土作戦」の無惨な大勝利 急変した妊産婦と赤ちゃんの生命を危機にさらしているのは無責任な「産科叩き」記事配信 »

コメント

浅田真央ちゃん、がんばりましたね。
ジャンプは失敗しましたが、演技力でカバーしていました。今後の活躍に期待です。

投稿: tosiki | 2007-11-21 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央優勝@仏エリック・ボンパール杯 17歳の階段:

« 風邪気味 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その110)共同通信による「横浜焦土作戦」の無惨な大勝利 急変した妊産婦と赤ちゃんの生命を危機にさらしているのは無責任な「産科叩き」記事配信 »