« 高校同期の産婦人科医師が世を去る | トップページ | 産科崩壊の立役者田村やよひ氏(その2)出身地静岡県の榛原総合病院で来年から分娩制限 »

2007-11-30

新・日本丸裸? (その18)「中国海軍にイージス艦を見せてあげよう」海自は平和ボケ、米軍の抗議で中国海軍のイージス艦「きりしま」視察は中止に→イージス艦情報ダダ漏れ事件は立件へ

石破防衛相、気は確かか。それとも、全く知らなかった?

海自の平和ボケは、
 病膏肓に入る
段階。「病膏肓に入る」とは、
 治療不能な段階
ですからね、海自。
しかし、米軍はあきれ果ててることだろうな。よりによって海自が
 イージス艦に中国海軍ご一行様ご招待
を企ててたんだから。
読売より。


中国海軍のイージス艦視察計画、米側抗議で中止

 日本と中国の防衛交流の一環として、日本に寄港した中国海軍艦艇乗員が予定していた海上自衛隊のイージス艦「きりしま」(7250トン)の視察が、計画を知った在日米軍などからの抗議で中止となったことが29日、明らかになった。


 米側が防衛機密漏えいの可能性を懸念したためで、計画は補給艦視察に変更され、30日午前に実施される予定だ。

 海自と中国海軍による艦艇の相互訪問は、8月の日中防衛相会談で実施が決まり、中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン」(6000トン、乗組員350人)が第一陣として、11月28日に東京・晴海ふ頭に入港した。(深センのセンは土ヘンに「川」)

 同艦艇は12月1日まで滞在する予定で、中国側の希望により、同艦指揮官ら乗員幹部十数人が11月30日午前に海自横須賀総監部(神奈川県横須賀市)を訪問する際、横須賀基地を母港とする第1護衛隊群所属の「きりしま」を視察することを予定していた。

 複数の政府関係者の証言によると、28日に視察計画を知った在日米軍や在京米大使館から、防衛省や外務省に問い合わせや中止要請があったため、防衛省では急きょ、「きりしま」視察を中止して、インド洋での給油活動から23日に帰国したばかりの補給艦「ときわ」の視察に変更した。

 同省関係者によると、海自は今回の視察に備え、以前に米海軍が中国軍関係者にイージス艦を公開した事例について在日米軍に照会したが、中国海軍の視察については米側に正式に連絡していなかったという。

 イージス艦は米国で開発された世界最高の防空能力を持つ艦船。防衛省幹部は、「海自は戦闘指揮所(CIC)などのイージス・システムの中枢部分を見せなければ大丈夫だろうと判断したようだが、事の重大性を分かっていなかった」と話している。

(2007年11月30日3時5分 読売新聞)

米軍が中国海軍に何かを見せるのと
 情報ダダ漏れの海自が機密の塊であるイージス艦を視察させる
のでは、機密保持のレベルに格段の差があるのは、誰だって分かる。いや、もう
 海自に中国海軍のスパイでもいるんですか
レベルの話で、アメリカにとっては堪らないだろうね。

折しも、
 イージス艦情報ダダ漏れ事件
では、神奈川県警と海自警務隊が立件する段階に来た。
産経より。


3佐ら幹部3人立件へ イージス情報流出事件で神奈川県警など

2007.11.30 01:30

 海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の2等海曹(33)によるイージス艦中枢情報持ち出し事件で、神奈川県警と海自警務隊は29日、特別防衛秘密である資料の漏洩(ろうえい)に関与したとして、日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法違反容疑で、イージス情報のファイルを作成したプログラム業務隊に当時所属していた3等海佐(34)ら幹部3人を立件する方針を固めた。漏洩の過程で、情報を入手した隊員2人についても立件を視野に捜査している。
 元プロ業隊の3佐のほかに、同法違反容疑がもたれているのは、情報漏洩が拡大する舞台となった第1術科学校(広島県江田島市)の教官だった3佐(43)と、同僚だった1等海尉(49)。
 これまでの調べでは、イージス情報のファイルは平成14年7月ごろ、元プロ業隊の3佐から、知人で元教官の3佐を経て、同僚の1尉に渡り、その後1尉が1術校の複数の学生にファイルの内容をコピーさせて拡散したことが判明。
 その後の調べで、この3人はファイルが特別防衛秘密(特防秘)に当たることを知りながら、本来データに接するべきではない隊員に渡していたことが裏付けられたとして、捜査当局は立件に踏み切る。元教官の3佐と1尉は任意の事情聴取に対し、ファイルの授受を認めているという。
 また1尉から特防秘のファイルを受け取り、別の隊員に渡した当時の学生2人についても立件が検討されている。
 元プロ業隊の3佐と元教官の3佐は、14年5月から2カ月間、米国へ留学し現地で知り合った。帰国後、元教官の3佐が、元プロ業隊の3佐に「学生の教材として使いたいが、何か適当な(イージスシステムの)資料はないか」と相談。元プロ業隊の3佐からファイルを郵送で譲り受けたという。
 秘密保護法では、特防秘を業務として取り扱う者が他人に漏らした場合、10年以下の懲役と定められている。捜査当局は悪質性などを詳細に分析し、来週にも検察当局と協議して逮捕の適否などを検討する方針だ。

こんなことをやっているから、
 海自は機密保持については米軍に全く信用されてない
訳だけれども、今以て
 中国海軍に米軍機密の詰め合わせイージス艦を見せてあげよう
という
 親切心を見せる
理由は何だ? まさかと思いますが
 米軍に見切りを付けられたい
んですかね、海上幕僚長。で
 米軍抜きで、中国と一緒に東アジアの海を守る
んですか? 
なんか悪い冗談にしか思えないんですけど。

続き(10:30)。
イージス艦に限らず
 下が一生懸命作ってる「世界のトップ技術」を上がお馬鹿で「ライバルに全公開」
なんて事例は、民間でもあるとか。
 日本型組織は頭がアホ
という典型みたいな話ですね。
【社会】中国海軍の自衛隊イージス艦視察は計画に気付いたアメリカの抗議で中止に
スレッドより。


895 :名無しさん@八周年:2007/11/30(金) 06:55:55 ID:PevfRBwb0
現場が苦労して知恵を絞って作り上げてきたものを
上層部が勘違いして自己満足のために自慢気に
来客した人へ見せぶらかす
・・・orz

何も防衛だけじゃないんだぜ
エンジン技術、重工業設備技術、液化技術
化学技術、半導体技術、省エネ技術

現場は凄く頑張ってる日本
ただ
上がどうしようもなくアホ
武将が名将だらけでも、君主が能無し状態
それがいまの日本

931 :名無しさん@八周年:2007/11/30(金) 07:02:57 ID:PevfRBwb0
ハニートラップとか以前の問題だよ
自らの権威とエリート意識を見せたいがために
自己満足で普通にこういう事をする上層が
いまの日本の中枢を担ってるのが問題
なんだ

それは政治関係だけじゃない
経済や生産現場でも見受けられる現象だよ
先人が築き上げた賜物の上に汚い尻を乗っけて
ふんぞり返ってる能無しの何と多い事か


少しカミングアウトしとくか
導体研究部が7年かけて新開発にこぎつけた折角の
伝達新技術を単に上のよそに自慢したいだけの都合で
勝手に詳細こめてウインドツアー組む
んじゃねぇ!
しかも詳細研究内容まで見せるって馬鹿かよ!
ライバルである中国企業に見せてどうする!
もうアホか!バカ!

日中友好万歳!というわけで
 日本の最高技術はただいま友好的接触を装った産業スパイにダダ漏れ中
だそうだ。
よかったね、福田首相。
 日中関係は春
だそうですから。
11/27付日経より。


首相、日中関係「春長く続けたい」

 福田康夫首相は27日、首相官邸で中国の報道関係者らの表敬訪問を受けた。日中関係について「すでに春が来ている。春はできるだけ長く続けたい」と述べ、一層の関係改善に意欲を示した。「夏になるとまたかっかするようなことがあるかもしれないので」としたうえで「日中関係はしなければならないことがたくさんある。そのためには何でも言い合える関係にしたい」とも語った。(07:03)

|

« 高校同期の産婦人科医師が世を去る | トップページ | 産科崩壊の立役者田村やよひ氏(その2)出身地静岡県の榛原総合病院で来年から分娩制限 »

コメント

今回の話は極めて政治的マターであって、先の情報漏洩問題とは別次元の話です。「きりしま」を今さら中国海軍に見せたぐらいで、「新たな機密が漏れる」などということはありえませんよ。

「28日に視察計画を知った在日米軍や在京米大使館から・・・」この28日、というのが一つのヒントと思います。つい先日、キティホークの香港寄港が突如キャンセルされたことに対する意趣返し、と考えるのが自然です。何しろ、乗員の家族がわざわざ空路で香港入りし、一緒に休暇を過ごす予定まで組まれていた。それを寄港当日に突然台無しにされたのですから、乗員だけでなく在日米軍首脳の怒りたるや想像に余りある。アメリカ人がいかに感謝祭の休日を大事にするか、北京も少し読み誤ったのではないでしょうか。

それにと、イージスが世界最新最高の、門外不出の、空前絶後の機密の塊、というイメージが先走りしてますが、ハードは基本的に1970年代の代物が中心で、今や特筆すべきものは殆どありません。何しろイージス1番艦の就役は24年前のこと。これまで世界中で数えきれないほどの一般公開やメディア取材がされており、中枢のCICも専門誌に何度も写真が公開されてます。今さらドンガラを見せたところで、どうということはありません。

イージスの価値は、膨大な量の研究、試験、実戦を通じて絶えずアップデートされてきたソフトウェアと戦闘情報ライブラリー、それを可能にした拡張性の高さにありますが、公開情報や技術文献、特許情報を丹念に追うことにより、肝心の戦闘ドクトリン、意思決定ダイアグラムなども、既にかなりのところまで中国はつかんでいる、と見るべきでしょう。

読売も脊髄反射が酷過ぎますが、貴方もマスコミの尻馬に乗り過ぎです。いつものことですが。

P.S この投稿ですが、別に公開しなくても結構ですし、それを期待してもおりません。

投稿: f402rr408 | 2007-11-30 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17229351

この記事へのトラックバック一覧です: 新・日本丸裸? (その18)「中国海軍にイージス艦を見せてあげよう」海自は平和ボケ、米軍の抗議で中国海軍のイージス艦「きりしま」視察は中止に→イージス艦情報ダダ漏れ事件は立件へ:

« 高校同期の産婦人科医師が世を去る | トップページ | 産科崩壊の立役者田村やよひ氏(その2)出身地静岡県の榛原総合病院で来年から分娩制限 »