« 琉球大学八重山芸能研究会と泡波@波照間酒造所 | トップページ | 「ご立派ですねTBS」初音ミク@YouTube »

2007-11-13

医療崩壊 支払いの滞った全盲の糖尿病患者を公園に遺棄

読んでいて、気分の良くない記事。
産経より。


堺の病院職員 全盲患者を公園に遺棄

13:45

 堺市北区の新金岡豊川総合病院(豊川元邦院長)の職員が今年9月、糖尿病で入院していた全盲の男性患者(63)を車で連れ回し、大阪市西成区の公園に置き去りにしていたことが13日、分かった。男性は駆けつけた救急隊員に保護され、別の病院に運ばれたが、入院費の未払いなどでトラブルがあったという。同病院は産経新聞の取材に対し「医療従事者にあるまじき行為だった」と事実関係を認めており、西成署は保護責任者遺棄容疑で関係者から事情を聴いている。

 堺市保健所は先月末、同病院の院長らが従業員の監督を怠ったのは医療法15条の違反事項に当たるとして行政処分したが、弱者を保護すべき医療機関としての社会的責任も厳しく問われそうだ。

 調べでは、男性職員4人は9月21日午後2時20分ごろ、医療従事者として病人を保護する責任があるにもかかわらず、大阪市西成区の公園内に男性患者を置き去りにした疑いが持たれている。

 4人は同日午後1時すぎ、男性を車に乗せて内縁関係の女性が住む大阪市住吉区の自宅を訪問。男性の引き取りを女性に拒否され、途方に暮れて車を走らせている途中、病院から約10キロ離れた公園にたどり着き、入院中の荷物などと一緒に男性を放置した。

 職員らは同2時半ごろ、「60歳ぐらいの男性が公園で倒れている。目が見えないようだ」などと匿名で119番通報し、救急車が公園に到着するのを目立たぬように確認した後、病院に戻ったという。

 男性はその後、救急隊員に保護されたが、体調不良を訴え、西成区内の病院に転院し、現在も入院している。

 関係者によると、男性は糖尿病の治療などで豊川総合病院に約7年前から入院。全盲で大阪市の生活保護や障害者年金を受けており、毎月2万~3万円の現金を内妻から受け取り、入院生活を続けていた。しかし、入院費の支払いが約2年半前から滞り、院内で看護師や別の入院患者とトラブルになることも多かったという。

 これまでの調べに男性は「入院費は内妻が生活保護費の中から支払ってくれていると思っていた。職員に置き去りにされ、行き場がなくて辛かった」などと話しているという。

 豊川院長は「非常に恥ずかしい行為だ。患者を連れて帰って来るなとも言っていないし、なぜ職員がそういう行動を取ったか分からない」と話している。

 同病院は昭和58年に開設され、内科、外科、産婦人科、小児科などを備えた総合病院。救急、労災指定病院でもあり、ベッド数は183床。近畿大や奈良県立医大とも提携している。

事件の構造はこういうことか。
1. 糖尿病の患者で入院費の支払いが滞っている
2. 病院内ではトラブルメーカーとして、「困った患者」だった
3. 内縁の妻は、夫に支給されている「生活保護」「障害年金」を使い込んでいる模様
4. そうした金銭的な問題を夫である患者が気がついていたか不明
5. 病院では置いておけないので、内縁の妻の自宅に運んだが、受け入れを拒否
6. しょうがないので西成まで運んで放置
え〜、
 西成の公園に運んだ
ってことは
 ホームレスとして生きてくれ
ってことですかね。わけわからんな。

非常に悲しい話で、推測だけど、たぶん
7. 糖尿病の夫は「金づる」として内縁の妻に利用されていた
んだろうなあ。内妻の年齢が書いてないからわかんないけど。63歳なら、
 生活保護+障害年金=月20万円近く
にはなると思う。その内、2-3万円しか渡ってないなら、医療費の支払いはどうなってたんだろう。重度心身障害者の医療費は減免措置があるし、生活保護だとかからない場合が多いと思うんだけど、どの部分の費用を必要とされたのかが、ちょっと分かりにくい。

ともかくも、内縁の妻に拒否された時点で、病院に連れ帰るべきであったのは確かだ。病院側としては言い分はあるんだろうけど、全盲で治療を要する糖尿病だと、放置はマズイ。
もし、糖尿病が原因で全盲になったのなら、成人の中途失明で、訓練しても、なかなか成果が上がらない場合もあり、なにより、失明したのを受け入れられないと、訓練は受けないし、その後の生活も荒れてしまう。生活が荒れると、血糖管理なんてしなくなるから、いよいよ病状が重くなるという悪循環に陥る。
7年間も糖尿病で入院っていうのは、かなり長いというか、長すぎるような気がしますがね。いったい、どうなってたんだろう。そのあたりも、この事件のよく分からない部分だ。

しかし
 医療費を払えない低所得者は公園に捨てられる時代
に、日本も突入しましたか。
ところで、人権派弁護士で、
 この全盲の患者さんの収入を本人の手に戻す手続きをして後見人になってあげよう
というヒトはいないのか。内妻との関係が修復不能なようなら、ちゃんと手続きしないと、この患者さんは生きていけなくなるんじゃないの。
トラブルメーカーの患者さんが、問題行動を繰り返すのは、病院にとっても辛い。そうした人たちを、病院がダメなら家庭に丸投げすればいい、という措置しか考えてないのが厚労省で、今回のように、丸投げも出来ず、経済的な部分は家族が押さえてしまっている場合、どうやったら、その患者さんにとって一番いいのかを考え、措置するシステムって、ないんだろうな。
イヤな発想だが、その内
 低所得者専用病院
を作るつもりじゃないだろうな。

おまけ。今回問題になった病院。
新金岡豊川総合病院

|

« 琉球大学八重山芸能研究会と泡波@波照間酒造所 | トップページ | 「ご立派ですねTBS」初音ミク@YouTube »

コメント

西成区といえば、東京の山谷と同じくらい有名な所ですよね。わざわざ救急通報というのを考えると、「ホームレスの行き倒れ」としてどこか別の病院に引き取ってもらおうとお考えだったのでは。それだと行政が治療費を出してくれるところもあるし。

別ブログで情報を拾ったら、3年くらい前から退院可能な状態だったそうなのに居座りを続けていたと言います。金払わん、暴言は吐く、居座る、と来れば警察にでも引き取って欲しいくらいの問題患者です。どうして退院可能な状態になったときに退院させられなかったのかというのも気になるところ。

投稿: 山口(産婦人科) | 2007-11-14 14:03

退院勧告を拒否し続け、金も払わないで3年の不良患者のケースをもって

> 医療費を払えない低所得者は公園に捨てられる時代に、日本も突入しましたか。

と、ここの主が煽るのは
未集金の実態やら、とほほ患者について過去に書いているだけに
「たらい回し」のマスコミ的用法と変わらないと思う次第。

「家賃払えない低所得者とか、ホテル代払えない低所得者は公園に棄てられる時代」 と
書いてみればいいのに。

>読んでいて、気分の良くない記事。

救急指定で産婦人科と小児科もある、それなりの大きさの病院が
病床を空けないで、ホームレスそのものの人に不法占拠され
救急患者受け入れ枠は減るわ、赤字も出し続けるわの方が気分悪い。 

投稿: ぺ | 2007-11-14 17:53

続報来ましたね
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071114k0000m040112000c.html

「同病院や堺市保健所によると、男性は約2年前から入院費用など治療費を滞納。
約3年前から退院可能な病状だった上、自宅が判明したため、
職員4人が9月21日午後1時ごろ、男性を車に乗せて
大阪市住吉区内にある男性の自宅を訪れた。しかし、
同居する前妻が本人の持病を理由に引き取りを拒否したことから、
同2時20分ごろ、西成区内の公園で男性を降ろして放置した。

男性は約7年前に入院。生活保護が打ち切られて治療費が滞納状況となり、
備品を壊したり看護師に暴言を吐くなどトラブルもあったという。

男性の病状は安定し退院は可能だったが、家族など受け入れ態勢がなく
退院できない「社会的入院」で長期の病院暮らしを送っていた。

目の不自由な人向けの施設などへの入所を勧めても拒否。
他の患者とトラブルを起こして6人部屋を独占し、
暴言を恐れて辞めた看護師もいたという。」

それでも中見出しはこれ

『◇「誰も指示せず」病院会見、患者軽視が見え隠れ』

毎日新聞様も このblogでも「患者様に非はなく病院が悪い!」

で、この患者は別の病院にただ今入院中。
応召義務をいい加減に廃止しないと、病院が全滅するような気がする今日この頃

投稿: | 2007-11-14 18:27

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
いろいろな人たちのいろいろな想いが絡み合って起ってしまったのでしょうが、悲しい事件ですね。。
自分も含めて、人がもう少し感謝の気持ちを持つことができたなら、こういう事件も少なくなるのではないかと思ったりします。。
悲しい事件ではありますが、自分のあり方を考えるきっかけをいただきました。ありがとうございます。
今後も@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007-11-14 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17062747

この記事へのトラックバック一覧です: 医療崩壊 支払いの滞った全盲の糖尿病患者を公園に遺棄:

» 都市部の高齢者は地方へ捨てられる時代に? [ぐり研ブログ]
ひと頃全国最多の待機児童数を誇った横浜市がわずか三年で待機児童ゼロを達成したと話題になっていますが、こちら多数の待機が未だに続く状況に対して国がこんなことを言い出したようです。 厚労省:都市部の高齢者介護サービス 地方受け入れ協議へ(2013年5月20日毎日新聞) 厚生労働省は20日、「都市部の高齢化対策に関する検討会」の初会合を開いた。都会で増大する介護の需要を満たすため、今後、都市部の高齢者を地方で受け入れる際の課題と対応策などを検討し、秋をめどに報告書をまとめる。  「団塊の世代」がほぼ75歳... [続きを読む]

受信: 2013-05-22 07:00

« 琉球大学八重山芸能研究会と泡波@波照間酒造所 | トップページ | 「ご立派ですねTBS」初音ミク@YouTube »