« 『愛ルケ』の渡辺淳一先生より御著書を頂戴する | トップページ | 小沢一郎辞意撤回(その2)民主党は心機一転巻き直しで人心一新・人気回復の大チャンスを自ら放棄した »

2007-11-06

小沢一郎辞意撤回(速報)「恥をさらすようだが、もう一度頑張りたい」

もう、何をしたいんだか、小沢一郎。
テレ東にまで
 テロップ「民主党・小沢代表が続投の意向示す」(画像はクリックすると拡大します)
Tv
が出た。これはテレ東基準で
 天変地異クラスのニュース
という扱いの筈だ。(画像は拾い物)
朝日より。


小沢氏、辞意撤回へ 「ぜひ、もう一度がんばりたい」
2007年11月06日21時18分

 辞職願を提出していた民主党の小沢代表が6日、辞意を撤回する意向を固めた。7日に両院議員懇談会に出席して自ら経過を説明した後、記者会見して撤回を正式表明する。鳩山由紀夫幹事長らは6日、党所属国会議員の「総意」として小沢氏に改めて続投を促し、小沢氏も受け入れる考えを伝えた。党首会談など一連の経緯に対する不満を封印し、党全体として分裂回避を優先する流れとなった。

 党長老の羽田孜元首相や渡部恒三元衆院副議長、石井一党副代表が6日、都内のホテルで小沢氏と会談し、翻意するよう説得。その後、鳩山氏と菅直人代表代行、輿石東参院議員会長が小沢氏と個人事務所で会い、国会議員の期別懇談会の意見集約結果を「党の総意」として伝え、続投を促した。

 これに対し小沢氏は「本当に恥をさらすようだが、みなさんの意向を受けてぜひ、もう一度がんばりたい」と応じた。鳩山氏が会談後、記者団に説明した。撤回にあたり、双方とも条件はつけず、辞職願はその場で小沢氏に返却したという。

 これに先立ち、6日午後から夕方にかけて開かれた党衆参両院議員懇談会では、鳩山氏や菅氏ら執行部が経過を説明。議員からは「辞意撤回なら国民にしっかり説明すべきだ」「代表の党への批判は受け止めるが、公の場で言うのはよくない。謝罪がほしい」といった意見も出たが、続投を求める意見が大勢で慰留方針は了承された。

 一方、小沢氏は「意見を聞きたい」として、渡部氏らベテラン議員を都内のホテルに呼んで面会。渡部氏らは「代表を放り出すべきではない」と説得した。小沢氏は「神妙に聞いており、反論しなかった」(渡部氏)という。

 小沢氏は4日に記者会見し、「総理から要請のあった連立政権樹立を巡り、政治的混乱が生じた。民主党内外に対するけじめとして民主党代表の職を辞することを決意し、本日、辞職願を提出し、私の進退を委ねた」と辞意を表明。鳩山氏ら党執行部が慰留方針を固め、党内の意見集約を進めていた。

う〜ん、福ちゃんの方が、数枚上手だったな。
今回の件で、多くの国民が
 やっぱり民主はダメ
と確信したと思われる。

政治のプロの知り合いが
 なんで易々と小沢が福田の誘いに乗ったのか謎だけど、ひょっとしたら馬鹿なだけなのかも知れない
と言ってたのだけど、まさにその通りだったようで、これで小沢一郎は、ほぼ政治的なパワーを失った。
 政治家としての評価は暴落、党内からは二心のある奴と警戒されて、求心力は失われ、代表とは名ばかりの存在に落ちぶれ、今後、自民党の誰と接触しても「選挙後の大連立狙い」と揣摩憶測される
ということになりますね。

民主党の旧社会党勢力が、また文句付けるんだろうな。
ま、
 民主がいつ分裂するか
と、ブックメーカーがオッズを発表するかもね。


 アベする→途中で全部投げ出す
 オザワる→もう辞めるっと言ってから、撤回する=茶番をかますこと
ってことになるのか?

おまけ。
誰か鳩山(弟)を止めてくれ。


「さすが小沢一郎先生だ」…鳩山法相、大連立話で絶賛

 鳩山法相は6日の閣議後の記者会見で、民主党の小沢代表について「大連立の話が出た時、さすが小沢一郎先生だなと思った」と評価した。


 法相は、7月の参院選直後に兄(鳩山民主党幹事長)に衆院選挙で民主党が多数を取るとは思えない。(ねじれ国会について)今後の対応を真剣に考えるべきだという手紙を書いた」とした上で、「小沢代表もやはり衆院選で勝てるはずはないと見て、自分たちの政策を具現化する道を選んだ。大英断を高く評価する」と述べた。

(2007年11月6日22時20分 読売新聞)

なんか、悪い物を食べ続けているのか?
 友達の友達はアルカイダ
とか
 CIAにゴチになりました
とか、
 遙か斜め上をぶっちぎってる
んですが。

|

« 『愛ルケ』の渡辺淳一先生より御著書を頂戴する | トップページ | 小沢一郎辞意撤回(その2)民主党は心機一転巻き直しで人心一新・人気回復の大チャンスを自ら放棄した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/16997666

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎辞意撤回(速報)「恥をさらすようだが、もう一度頑張りたい」:

» 小沢代表:連立から辞任へ (続) [forrestal@回顧録]
■辞任撤回である。今後の日本の政治はどうなるのだろうか。。。民主・小沢代表:辞意 [続きを読む]

受信: 2007-11-07 06:56

« 『愛ルケ』の渡辺淳一先生より御著書を頂戴する | トップページ | 小沢一郎辞意撤回(その2)民主党は心機一転巻き直しで人心一新・人気回復の大チャンスを自ら放棄した »