« "Share"のウイルスで在トリニダード・トバゴ日本大使館員がテロ関連情報などをネットに漏洩 | トップページ | テレ朝「報道ステーション」でただいまお詫び放映中 »

2007-12-07

山中伸弥京大教授グループ ガン遺伝子を使わない万能細胞(iPS細胞)作成に成功(その4)政府が支援を約束「オールジャパンチームで」と山中教授→明日早朝 NHK「視点・論点」で山中教授が自らiPS細胞について解説(再放送)

NHK、GJ!
7時のニュース、ニュースウォッチ9と
 トップニュースが山中伸弥京大教授と政府の面談
だった。今日は、ロケ隊が張り付いていて、車中インタビューを撮っていた。恐らく
 NHKの番組制作
のためではないかと推測している。

まずはNHKニュースから。(画像はクリックすると拡大します)


万能細胞研究 政府の支援要請

ヒトの皮膚の細胞から世界で初めて万能細胞を作り出した京都大学の山中伸弥教授が渡海文部科学大臣と会談し、このなかで山中教授は、外国の追い上げに対抗するため、日本全体で研究に取り組めるよう政府の支援を要請しました。
このなかで山中教授は「この分野は日本が先行していた研究だが、アメリカをはじめ世界の追い上げは非常に速い。Ymt1各大学がバラバラに研究していたのでは外国には対抗できないので、日本全体で1つの研究チームと研究機関を作り、一日でも早く再生医療の現場で患者の役に立つよう、政府全体で支援してほしい」Ymt2と述べました。これに対し、渡海大臣は「予算を増やすことだけでなく、国が一体となって研究体制を充実させるなど、全面的に支援していくことが必要だ。
Ymt3渡海文科相「しっかり政府で道筋をつけていかないと」
Ymt4「単なる予算の配分になってもつまらない」日本が先行している研究で大きなチャンスなので、戦略をしっかり立てて全面的に支援していきたい」と述べました。
Ymt5「戦略がないと だめだと思うので 我々としては全面的に支援したい」


Ymt6岸田大臣「省の垣根をこえて 具体的支援策を検討」

12月7日 17時53分

もう一丁。


万能細胞 具体的支援策検討へ

科学技術政策を担当する岸田沖縄・北方担当大臣は、ヒトの皮膚の細胞から世界で初めて万能細胞を作り出した京都大学の山中伸弥教授と会談し、外国との研究競争に対抗できる体制をつくるため、省の垣根を越えて、具体的な支援策を検討する考えを伝えました。
このなかで山中教授は「アメリカは、魅力がある研究テーマであれば各地から有能な人材を集めて、スピード感を持って研究を進めていく。アメリカなど外国の追い上げに負けないためにも、この研究については、チームジャパン、日本全体で取り組まなければならない」と述べました。これに対し、岸田大臣は「この研究は、大きな可能性を秘めており、福田総理大臣の指示を受けて、政府の総合科学技術会議で、具体的な支援策の検討に乗り出したところだ。オールジャパンの研究チーム作りに向けて、省庁の垣根を越えて取り組んでいきたい」と伝えました。

12月7日 18時53分

これで、国からの支援は取り付けた。あとは、
 優れたアイデアを実用化に向けて突っ走るためのチーム作り
が肝心だ。事務的なところは、政府の方が慣れているのだから、専門の人を出して、ちゃんとバックアップしてあげてよね。

更にもう一丁。


“万能細胞 研究ルール必要”

ヒトの皮膚の細胞から世界で初めて万能細胞を作り出した京都大学の山中伸弥教授が7日、生命倫理問題を話し合う国の委員会に出席し、「原理的には1人の皮膚の細胞から精子と卵子を作り出すことが可能だ」と述べ、研究のルールを明確にする必要があるという認識を示しました。
京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授は7日、文部科学省の生命倫理問題に関する専門委員会に出席しました。このなかで山中教授は、今回の万能細胞の特徴などを説明し「原理的には1人の人間の皮膚の細胞から精子と卵子を作ることが可能だ。万能細胞を使う際には人の誕生につながるような行為を禁じるなど早急に規制する必要がある」などと述べました。そのうえで多くの研究者がこの研究を進めるためにはルールを明確にする必要があるという認識を示しました。これに対して、出席した委員からは「生殖細胞を作ることは当面、規制したほうがいいが、ほかはできるかぎり自由に研究させたほうがよい」という意見が出されました。これまでさまざまな組織や臓器になるES細胞については、すでに国のガイドラインで生殖細胞を作ることが禁止されており、文部科学省は具体的なルールの検討を急ぐことにしています。

12月7日 18時53分

明日早朝の
 視点・論点
は、先ほどNHKで収録されたようだ。収録シーンが一部、ニュースウォッチ9で流れた。

番組予告を見たが、まだ準備が追いついてなかった。つか
 21:50-22:00 NHK教育
だったのかよ! 抜かったぜ。「ニュースウォッチ9」とかぶっていて、半分しか見てない。


視点・論点「皮膚から万能細胞」

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2007年12月 8日(土)
放送時間 :午前4:20~午前4:30(10分)
ジャンル :ニュース/報道>解説
京都大学再生医科学研究所教授…山中伸弥

いま放映中だけど、山中教授は、難しいことを易しい言葉で、わかりやすく説明する能力に長けていますね。話す速度も、ゆっくり、一言一言丁寧に話すので、言葉が届くタイプだ。

ニュースウォッチ9で、
 放送予定の字幕を入れて欲しかった
なあ。

明日の朝の再放送を見なくっちゃ。

|

« "Share"のウイルスで在トリニダード・トバゴ日本大使館員がテロ関連情報などをネットに漏洩 | トップページ | テレ朝「報道ステーション」でただいまお詫び放映中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17300571

この記事へのトラックバック一覧です: 山中伸弥京大教授グループ ガン遺伝子を使わない万能細胞(iPS細胞)作成に成功(その4)政府が支援を約束「オールジャパンチームで」と山中教授→明日早朝 NHK「視点・論点」で山中教授が自らiPS細胞について解説(再放送):

« "Share"のウイルスで在トリニダード・トバゴ日本大使館員がテロ関連情報などをネットに漏洩 | トップページ | テレ朝「報道ステーション」でただいまお詫び放映中 »