« ひこにゃんの中の人も大変だな | トップページ | 京大にiPS細胞研究拠点建設 今後10年に200億以上資金投入 »

2007-12-14

問題作成委員のパソコン盗難! センター試験の問題差し替え→やっぱり刷り直し

では、みなさんご一緒に!
1. 業務用ファイルは持って帰らない
2. 業務用ファイルを私物のパソコンに入れない

これは
 パソコンで業務を行う際の最低限の決まり
だけど、どっかの大学の先生は、これすら守れなかったために、
 税金の無駄遣い
に貢献することになった。
 センター試験の問題差し替え
とは、前代未聞だ。
朝日より。


センター試験、問題差し替えへ 作成者のパソコン盗難
2007年12月14日14時20分

 大学入試センターは14日、来年1月に行われるセンター試験の問題の一部を差し替える、と発表した。問題作成者である大学教員の私物パソコンなどがセンターの外で盗まれ、データの中に、問題を検討する際に作った資料が入っていた。この資料から問題の内容が類推される恐れがあるため、センターは複数の問題の差し替えを決めた。問題の差し替えは、1990年度にセンター試験が始まって以来初めて。

 入試センターによると、盗難にあったのは今年11月下旬作成委員を務める大学の教員が、パソコンやUSBメモリーなどがなくなっているのに気づいた。パソコンなどには試験を作るために自ら作った資料が入っていた。教員は「資料を家に持ち帰って次の会議でよりよい提案をしようと、持ち帰ってしまった」と話しているという。

 パソコンなどの中の情報を見るにはパスワードが必要で、これまでに資料がネット上などに流出したという情報はないという。

 センターは作成委員に対し、試験問題や関係資料を東京都目黒区の入試センターの外に持ち出さないよう、文書や口頭で求めていたという。しかし、この教員は、パソコンなどをセンター外に持ち出していた。

 14日午後文部科学省で会見した入試センターの吉本高志理事長は「受験生をはじめ各方面に多大な迷惑をかけたことをおわびする。再発防止に万全を期したい」と述べた。吉本理事長は、給与の10分の1を3カ月自主返納する。

 08年度のセンター試験は来年1月19、20の両日、予定を変更することなく実施される。志願者数は約54万人。

アホや、アホすぎる。
ていうか
 問題作成委員の大学教員にはお咎めナシ
なんですか、大学入試センター。どう考えても
 とっくに試験は印刷されている時期
な訳で、
 刷り直し→再配布→差し替えた問題用紙一式の廃棄および再運送などにかかる費用
は請求しないわけか? 印刷は刑務所など、秘密の漏れにくいところで行われているだろうけど。問題差し替えで新たに発生した費用が全額でいくらになるか、まず明らかにしていただきたい。

産経にもう少し詳しくでていた。


センター試験資料入ったパソコン盗難 問題一部を差し替え

2007.12.14 13:01

 大学入試センターは14日、来年1月のセンター試験問題の資料が入ったパソコンが盗まれたことを明らかにした。問題が流出したとの情報はないが、問題の一部を差し替えた。来年1月19、20日のセンター試験は予定どおり行われる。
 同センターによると、11月下旬に問題作成委員の1人が問題作成に関する資料の入った私物パソコンを盗まれた。資料は1年以上前の古いものだが、問題の内容を推察することができる可能性があるという。
 パソコンにはパスワードがかけられており、現時点では問題が流出したとの情報はない。盗まれた作成委員は「自宅でよりよい問題を作りたかった」と話しているという。
 同様に関連資料が入ったUSBメモリーも盗まれていたが、同センターは盗難場所や盗まれた資料の内容などについては「受験生を混乱させるので詳しいことは発表できない」としている。
 同センターでは試験の公正を期すため、盗まれた資料に該当する問題を差し替えた。試験問題冊子の印刷は予定通り進んでおり、試験に影響はないとしている。
 同センターでは関係者に機密防止を徹底するとともに、吉本高志理事長は責任をとって給与の10分の1を3カ月返納する。

 センター試験をめぐっては平成17年、試験開始の約8時間前に英語と国語の問題に関する内容がインターネットの掲示板「2ちゃんねる」に相次いで書き込まれる問題があり、センター側は内部嚀漏洩(ろうえい)の疑いを否定、「偶然の可能性が高い」とする調査結果をまとめる騒ぎがあった。
         ◇
 大学入試センター センター試験の問題作成、採点業務に加え、大学入学者の選抜方法に関する調査、研究などを行っている。昭和52年5月、国立学校設置法の改正に伴い国の機関として設置され、平成13年に独立行政法人となった。昭和54年から共通一次試験、平成2年からセンター試験が実施されている。

一応
 印刷前に盗難が発覚して差し替えた
ってことのようだ。これが本当だったら、よいのだが。なんせ事は入試に関わるものだから、大学入試センターが、正確な情報を出しているとは限らない。

ともかくも、善意だろうがなんだろうが、
 持ち出してはいけないデータを持ち出した
ということについて、あまりにも当事者に対する処分が軽すぎるのではないか。
折しも
 イージス艦の情報漏洩で海自の三佐が逮捕
されたところだ。
 極秘にしなくてはいけない情報を持ち出すこと
に関して
 処分が甘すぎること
が、
 不心得者による「情報漏洩」を招いている
ことに、文科省も気を配った方がいい。

続き。(16:23)
なんだ、やっぱり
 刷り直し
てるんじゃん。
読売より。


センター試験の問題資料盗難、1教科の冊子急きょ刷り直し

 来年1月に実施される大学入試センター試験について、「大学入試センター」(本部・東京都目黒区)の問題作成者が、出題予定の問題の資料を入れたパソコンと電子記録媒体を盗まれていたことが判明し、急きょ1教科分の問題冊子を刷り直したことがわかった。

 試験実施ほぼ1か月前というこの時期に、1教科分の冊子を丸ごと差し替えるのは、1990年1月にセンター試験が始まってから初めて。問題作成者であっても資料を外部に持ち出すことは厳しく禁じられており、管理体制の甘さに批判が集まるのは必至だ。

 同センターは14日午後、緊急の記者会見を開き、差し替えられた教科は、混乱を招く可能性があるので明らかにできないとしたうえで、吉本高志理事長は「ここまで試験に向けて準備してきた受験生に多大なご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪、給与の自主返納(10分の1)3か月の措置を発表した。

 センター試験の問題は、「公民」「地理歴史」「国語」「外国語」「理科」「数学」の6教科で出題され、問題、資料ともに外部への持ち出しが禁じられている。

 問題作成者の一人が先月、帰宅途中に出題予定の問題の資料が入ったパソコンや記録媒体の盗難に遭った。盗まれた資料は、問題そのものではなく、問題を作成する過程で使われたものだが、同センターでは「資料から問題を予測される可能性は否定できない」として差し替えに踏み切った。

 文部科学省も今回の事態を重くみて、渡海文部科学相が吉本理事長に厳重注意したほか、同センターも、資料が流出した教科の冊子を丸ごと再印刷することにした。

 問題を持ち出した問題作成者については試験終了後、解任などの処分を行う。来春のセンター試験は、来年1月19、20日に実施され、約54万人が受験する予定。

(2007年12月14日13時59分 読売新聞)

あ〜あ。
やっぱり
 再印刷と前の冊子の廃棄にかかった経費
は明らかにして欲しいな、文科省。で、是非
 資料を外部に持ち出して、パソコンを盗まれた問題作成者にかかった経費の請求
をして欲しい。そうでもしないと、同じような事は、絶対になくならない。

|

« ひこにゃんの中の人も大変だな | トップページ | 京大にiPS細胞研究拠点建設 今後10年に200億以上資金投入 »

コメント

盗まれたり、自宅に持ち帰ろうとしたりすることに弁解の余地はありませんが、まず大学の教官全員に業務用パソコンを支給するのが当たり前かと。問題作成委員のいる大学に、試験作成室を作り、必要な資料、パソコンをすべてそろえれば持ち出す必要がなくなります。

投稿: murdochslim | 2007-12-14 20:31

私の行ってた大学は大学の予算でPCを購入し、持ち帰ってる教授が何人もいましたがなにか?
#当然返却しない。PC以外にも多々。
支給したところで持ち帰るんだから意味ナス。

投稿: らぃ | 2007-12-17 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17365246

この記事へのトラックバック一覧です: 問題作成委員のパソコン盗難! センター試験の問題差し替え→やっぱり刷り直し:

« ひこにゃんの中の人も大変だな | トップページ | 京大にiPS細胞研究拠点建設 今後10年に200億以上資金投入 »