« 佐世保のスポーツクラブで散弾銃乱射(その4)ガンマニアの妄想が暴走か 狩猟の実態なく腕も悪く被害者を至近距離から撃ち、自分は防弾チョッキを着用→射殺した2人はスラッグ弾使用という凶悪さ | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その111)大淀病院産婦死亡事例民事裁判第四回弁論@12/17 大阪地裁→追記あり »

2007-12-17

ちいるんこう(鶏卵[米羔])のウィスキーサバラン

論文書き中なので、頭を励起する朝ご飯ということで、
 ちいるんこうのウィスキーサバラン
を作った。

Trk2
1. シロップを作る。今日はオリゴ糖に1.5倍くらいの水を足して、レンジでチン。
2. シロップにウィスキーを加える。量は好みで。
3. ウィスキーシロップをちいるんこうにまんべんなく掛け、しばらく置いておく。
4. だいたいシロップが吸われたところで、ラップして、軽くレンジで温める。

サバランだから、本当は、
 ラム酒
で作るのがいいんだけど、おいしいウィスキーがあったので、ウィスキーサバランにしてみた。
ちいるんこうは、肌理が粗い生地なので、サバランにするにはうってつけだ。昨日のちいるんこうには
 エシレバター(無塩)と平飼い卵
を入れて作ったから、リッチな風味のウィスキーサバランになった。

ウィスキーとお菓子は、割に相性がいい。
家で飲むときは、モルトのストレートだけれども、チョコレートと合わせることが多い。
普段は、もし、ゴディバのトリュフがあれば、それが一番合う。(なぜか、一時期、半額で売られていた)あるいは、ナッツが多めの柔らかいタイプのチョコレートが合う。
もっと贅沢をしたければ、ジャン・ポール・エヴァンのショコラ。
いずれにしても、二個くらいを、白い磁器の小さい皿に載せて、ウィスキーとゆっくり味わう。
札幌にいた頃だと、雪の降っている冬の夜のナイトキャップだった。しんしんと冷える夜の闇に消える雪を見ながら、チョコレートを一口かじり、ウィスキーを含む。
冬の夜咄のウィスキーにはチョコレート、というイメージがある。吹雪の夜なら、明朝の雪かきに備えて、エネルギーを充填して眠りに就く。

|

« 佐世保のスポーツクラブで散弾銃乱射(その4)ガンマニアの妄想が暴走か 狩猟の実態なく腕も悪く被害者を至近距離から撃ち、自分は防弾チョッキを着用→射殺した2人はスラッグ弾使用という凶悪さ | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その111)大淀病院産婦死亡事例民事裁判第四回弁論@12/17 大阪地裁→追記あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17392397

この記事へのトラックバック一覧です: ちいるんこう(鶏卵[米羔])のウィスキーサバラン:

« 佐世保のスポーツクラブで散弾銃乱射(その4)ガンマニアの妄想が暴走か 狩猟の実態なく腕も悪く被害者を至近距離から撃ち、自分は防弾チョッキを着用→射殺した2人はスラッグ弾使用という凶悪さ | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その111)大淀病院産婦死亡事例民事裁判第四回弁論@12/17 大阪地裁→追記あり »