« 記憶喪失? カヤックに乗って渓谷に消えた男性が生還(その2)どうやら保険金詐欺の様相 失踪男逮捕される | トップページ | 山下和美『天才柳沢教授の生活』のモデルである亡き父の蔵書を遺族が小樽商科大に寄贈 »

2007-12-07

犬が認知症の女性を凍死から守る

どこから来た犬だったのだろう。
老犬が、氷点下の夜を軽装の女性と一緒に過ごし、女性が凍死せずに済んだという。女性は認知症で、家を出て、5km離れた公園にいた。

読売より。


老犬が認知症女性救う、氷点下の公園で一夜寄り添い…茨城

 茨城県東海村の認知症の女性(73)が5日朝から行方不明となり、約30時間後に自宅から約5キロ離れた同県ひたちなか市の公園で無事、保護された。

 氷点下の屋外で一夜を過ごしたとみられるが、女性の傍らには中型犬(雑種、オス)が寄り添っており、ひたちなか西署は「犬を抱いていたため毛布代わりとなり、体温低下が避けられたのではないか」と話している。

 同署によると、女性は5日午前7時半過ぎ、家族が目を離したすきに自宅から姿が見えなくなった。セーターに薄手のジャンパーという軽装だった。家族の捜索願を受けて同署や消防団で捜索していたが、6日午後1時ごろ、たまたま公園を通りかかった男性が見つけ、女性と犬を同署に連れてきた。女性は自宅から公園までの道のりを歩いてきたとみられる。

 犬は女性の飼い犬ではなく、体長約1メートルの老犬。署員が女性に事情を聞いている間も女性のひざに乗るなどよくなついていたという。ひたちなか市に隣接する水戸市は6日未明、最低気温マイナス2・2度と、この冬一番の冷え込みだった。水戸市消防本部は「(この服装で)じっとしていたら、2時間程度で凍死していた可能性がある」と指摘した。女性は「寒くなかった」と話しているという。

(2007年12月7日3時4分 読売新聞)

よかったね。助かったおばさんも、一緒にいてくれた犬も。
元々犬好きのおばさんだったのかな。

|

« 記憶喪失? カヤックに乗って渓谷に消えた男性が生還(その2)どうやら保険金詐欺の様相 失踪男逮捕される | トップページ | 山下和美『天才柳沢教授の生活』のモデルである亡き父の蔵書を遺族が小樽商科大に寄贈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17294885

この記事へのトラックバック一覧です: 犬が認知症の女性を凍死から守る:

« 記憶喪失? カヤックに乗って渓谷に消えた男性が生還(その2)どうやら保険金詐欺の様相 失踪男逮捕される | トップページ | 山下和美『天才柳沢教授の生活』のモデルである亡き父の蔵書を遺族が小樽商科大に寄贈 »