« 「みなさまの受信料」で生活しているNHK記者・PDがインサイダー取引疑惑 (その4)やはり会長交代前の「権力闘争説」が浮上 | トップページ | 「みなさまの受信料」で生活しているNHK記者・PDがインサイダー取引疑惑 (その5)特ダネの概報は誰でもアクセス可能で閲覧用パスワードは「4桁」そりゃダダ漏れに近いって »

2008-01-18

『唐研究12』の悲劇

あまりにも悲しすぎる。
午後6時過ぎ、京都の朋友書店から電話が来た。
 あの〜、定期購読されている『唐研究』の12号についてなのですが
天聖令特集号となり、一昨年から、朋友書店に
 入荷したら、すぐ届けてね
と頼んであった『唐研究』だというのに。
 実は、人気があって品薄となり、版切れ、「複製本」販売という形になりますが、よろしいでしょうか
だって。
 価格は普通の『唐研究』と同じで、印刷は悪くなります
という情けない話。こんなことなら朋友の入荷を待たないで、さっさとどこかで入手しておけば良かった。写真は諦めるとして、論文は読みたいから、複製本で購入する、と返事をした。

|

« 「みなさまの受信料」で生活しているNHK記者・PDがインサイダー取引疑惑 (その4)やはり会長交代前の「権力闘争説」が浮上 | トップページ | 「みなさまの受信料」で生活しているNHK記者・PDがインサイダー取引疑惑 (その5)特ダネの概報は誰でもアクセス可能で閲覧用パスワードは「4桁」そりゃダダ漏れに近いって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17741679

この記事へのトラックバック一覧です: 『唐研究12』の悲劇:

« 「みなさまの受信料」で生活しているNHK記者・PDがインサイダー取引疑惑 (その4)やはり会長交代前の「権力闘争説」が浮上 | トップページ | 「みなさまの受信料」で生活しているNHK記者・PDがインサイダー取引疑惑 (その5)特ダネの概報は誰でもアクセス可能で閲覧用パスワードは「4桁」そりゃダダ漏れに近いって »