« 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その2)報道被害 NHK首都圏の報道デスクと上層部は「首都圏救急医療破壊工作」を止めろ | トップページ | 気まぐれおでん »

2008-01-23

首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その3)日テレとフジのニュースに見る「扇情的な病院叩きニュース」の作り方 裁判員制度に合わせて「予断を与えるような扇情的な報道はしないようにする」んじゃなかったのかマスコミ

95歳の母上が亡くなったというご遺族の気持ちは理解できる。
 どうして亡くなってしまったのか
という思いで一杯だろう。
ただ、その遺族感情をそのまま
 病院叩き報道に利用する態度
には、怒りを覚える。

95歳心臓に持病のある女性が1時間弱で搬送されて亡くなったという事例について、今まで気がついただけで
 TBS
 日テレ
 フジ
の各局がニュースで流している。このうち
 TBSはCCUで処置中だった病院を晒し上げ(遺族取材なし)
 日テレは遺族の声を流す(顔出しなし)
 フジは遺族が顔と名前を出してインタビューに応える
形になっている。
いずれも今のところ動画配信している。

まずは、TBSの報道。


11病院で搬送断られた95歳女性死亡

 東京・清瀬市で今月8日、体の不調を訴え救急車で運ばれた95歳の女性が、11の病院から搬送を断られ、通報からおよそ2時間半後に死亡していたことがわかりました。

 今月8日夜、清瀬市の95歳の無職の女性が「胸が痛い」と不調を訴えたため、一緒に住んでいた長男(50)が119番通報し、救急隊が駆けつけました。

 東京消防庁によりますと、救急隊が搬送先の病院を探したところ、「患者が一杯で収容できない」などと11の病院に断られ続けました。

 12番目の清瀬市内の病院が女性を受け入れて応急処置をしましたが、女性は通報から2時間半後に死亡しました。女性には心臓に持病があったということです。(23日11:27)

上記ニュース記事では出てないが、
 CCUで患者の救命に当たっていた公立昭和病院の映像
も流れている。てかさ、
 CCUに入ってるってことはもの凄く重篤な状態で、死ぬかも知れない患者さん
なんだから、その処置する手を止めたら、その患者さん死ぬんですけど、TBS。

では、日テレ。


11病院で救急搬送断られ、95歳女性死亡<1/23 12:57>

 東京・清瀬市で今月8日、95歳の女性が11の病院から救急搬送の受け入れを拒否され、その後、死亡していたことがわかった。
 死亡したのは清瀬市の無職・岩下茂子さんで、東京消防庁などによると、今月8日午後9時半過ぎ、胸の痛みを訴えて救急搬送されたが、11の病院から「患者がいっぱいいる」などの理由で受け入れを断られたという。岩下さんは救急隊の到着から50分後に清瀬市内の病院に搬送されたが、不整脈で死亡した。

 東京消防庁は「都や医師会に対し、さらに連携を強めるよう申し入れをする」とコメントしている。

さて、この短いニュースでの
 日テレの絵作りが扇情的で凄い
のだ。(画像はクリックすると拡大します)画面に添えられたキャプションは青字で表示する。上記原稿を読みながら流れが画像を順に載せる。

冒頭。
11病院たらい回し 
Nnnh1
いきなり「たらい回し」と来たか、日テレ。


次に映すのは遺影と遺骨、位牌が置かれた祭壇。
Nnnh2
灯明が一本しか無く、
 祭壇下段に置かれている
ことに注目。


カメラは遺影に寄っていき、アップ。
死亡 東京・清瀬市在住
岩下茂子さん(95)

Nnnh3
この映像だと
 遺影になにも映り込んでいない
ことに注目。

突然、灯明のアップ。
Nnnh4
後ろに白く移っているのは遺骨。

カメラが遺影に寄っていく。
東京・清瀬市
岩下さん自宅

Nnnh5
灯明は下段、するとこれは普段お祭りするための小ぶりの遺影らしい。

灯明が映り込んだ遺影のアップ。
岩下さん(95)
救急搬送されたが、11の病院に
「患者がいっぱい」と受け入れを断られた

Nnnh6
Nnnh6_2

キャプションはそのまま変わらず、映像が病院のものに切り替わる。
Nnnh7
たまたま今日は雪が降っていて、寒々としたイメージを強めるのに、効果的。
寒々としたイメージを病院の映像に持たせることで、
 医師や病院が冷たい
という印象操作ができる。


雪の舞い散る病室の窓のショット。
岩下さん(95)
救急隊の到着から50分後に
12か所目の病院に搬送され、死亡

Nnnh8
ガラスに舞う雪が寒々しく、
 病院や医師の冷たさを象徴するショット
として最適。

顔出ししないご遺族のコメント。
亡くなった岩下さんの長男
11か所の病院に電話して頂いて
病院が見つからなかった

Nnnh9
後ろに祭壇が見える。


祭壇のアップ。
亡くなった岩下さんの長男
受け付けてくれたならば
母が助かったかもしれない

Nnnh10


カメラが遺影に寄る。
東京消防庁
「都や医師会に対し、連携を
強めるよう申し入れをする」
Nnnh11


いや〜、たまたま雪が降っていたとはいえ
 灯明や赤いセーターのご遺族 人間の暖かみ
 雪降る病院の外景 受け入れ不能だった病院・医師の冷たさ
を対比した編集で
 断らざるを得なかった病院・医師を、正当な理由無くして扇情的に非難する編集
でしたね。なかなか
 メディアリテラシーの勉強
になります。
ニュースは短い時間で放映されるコンテンツだから、こうした
 あざとい編集
によって、視聴者は
 病院や医師が悪い
と一方的に思いこむようになるのだ。結構ですね、日テレ。よほど
 自分は病院の世話にはならない自信がある
ってことですね。どうぞワイドショーやバラエティに出演して頂いている先生方に、命を預けてください。

フジのニュース。


東京・清瀬市に住む95歳の女性が11病院に救急搬送の受け入れ拒否され死亡

東京・清瀬市に住む95歳の女性が、11の病院に救急搬送の受け入れを断られ、死亡していたことがわかった。
1月8日、清瀬市に住む岩下茂子さん(95)が自宅で胸の痛みを訴え、消防に通報した。
駆けつけた救急隊が、受け入れ先の病院を探したが、「ベッドが埋まっている」などの理由で11の病院に断られた。
およそ40分後に搬送先が決まったが、午後11時55分ごろ、岩下さんは不整脈で死亡した。
岩下さんの長男・洋三さん(50)は「救急車を呼んだんです。処置中とかベッドが満床とかの理由で断られてしまって。まさか亡くなるとは思わなかったんですよね」と話した。
東京消防庁は、「東京都と医師会に対し、さらに連携を強めるよう申し入れる」とコメントしている。

フジの映像展開はこんな順番。
遺影のアップ。
亡くなった
岩下茂子さん(95)

Fh1


遺骨と位牌、小さい遺影にカメラが寄る。
岩下さん
「ベッドが埋まっている」などの
理由で、11の病院に断られる

Fh2
戒名を見ると、浄土真宗かな。


再び祭壇最上段にある遺影にカメラが寄る。
Fh3岩下さん
→40分後、搬送先 決まるも
不整脈で死亡


同じキャプションで、祭壇の前で手を合わせるご遺族のショット。
Fh4
母上を失った家族の傷みを強調するための映像。


名前・顔を出してインタビューに応えるご遺族。

Fh6岩下さんの長男
洋三さん(50)
処置中とかベッドが満床とかの
理由で断られてしまって…


突然の死に困惑する表情。
Fh7岩下さんの長男
洋三さん(50)
まさか亡くなるとは思わなかった

祭壇の前で合わせた手にカメラが寄る。
東京消防庁
東京都と医師会に対し、さらに
連携強めるよう申し入れる

Fh8


フジの場合は
 ご遺族に顔を名前を出して頂いてインタビュー
という手法で
 一方的にご遺族のコメントを利用する
という、極めて公平を欠く報道の仕方だ。これでは
 ニュースではなく、ワイドショーではないか
と思うのだが。

それにしても
 裁判員制度
に先だって
 予断を与えるような報道体制を改める
とか言ってたんじゃないのか、マスコミ。ワイドショーもひどいけど
 ニュースがこのていたらく
では、
 公平な裁判員制度の運用
なんて、できっこないだろう。

|

« 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その2)報道被害 NHK首都圏の報道デスクと上層部は「首都圏救急医療破壊工作」を止めろ | トップページ | 気まぐれおでん »

コメント

マスコミ報道の酷さは言うに及びませんが東京消防庁のコメントにも呆れてしまいました。
今回の事例においては連携は取れている方ではないですか。
救急現場で必死に働く者達を後ろから撃つような言動を改めない限り連携どころか救急に従事する者達の逃散は加速し救急病院の崩壊と負のスパイラスは止まりません。

投稿: 智 | 2008-01-23 19:20

日頃から会議などでかわされる「連携」の意味が、実は「自分のやるべきことの責任をを他部署にとらせる」ことなんだとしみじみ感じてましたので、消防の言い方は「やっぱりなー」としか思えませんでした。

要するに「俺たちの言うことを病院が聞いてくれなかったよお」
です。

投稿: 通りすがりの公務員 | 2008-01-24 08:11

いやー、もうすぐ、消防からの電話は着信拒否する病院が出てきそうな勢いですね。

投稿: ssd | 2008-01-24 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17797846

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その3)日テレとフジのニュースに見る「扇情的な病院叩きニュース」の作り方 裁判員制度に合わせて「予断を与えるような扇情的な報道はしないようにする」んじゃなかったのかマスコミ:

« 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その2)報道被害 NHK首都圏の報道デスクと上層部は「首都圏救急医療破壊工作」を止めろ | トップページ | 気まぐれおでん »