« 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その4)TBSのニュースが扇情的な編集に差し替え 「複製されたとおぼしい95歳女性の写真多数」が映る不思議 | トップページ | 鰈の郵便屋 »

2008-01-24

首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その5)報道被害 マスコミの医師叩き報道に嫌気がさし、すでに清瀬市周辺(三多摩地域)の基幹病院から内科医大量退職の噂

このところ
 普通に治療しても、結果が悪ければ医師や病院が訴えられる事例
が増えている。これに
 司法が医学的な事実を無視した恣意的な判断
を下しているために、救急搬送の受け入れ要請が来ても
 必要な措置を行うことさえ出来ない
のが、救急医療の現状だ。司法は
 考え得る限り「最高の医療」を基準として、設備の整わない普通の病院でなされた措置を過失と見なす
からだ。つまりは
 よほどちゃんとした病院以外は、難しい症例は受け入れられない
のが、今日本中の病院で起きていることである。
これには
 何かにつけて、一方的に訴えた側の言い分を垂れ流して、医師や病院を叩き続けたマスコミの「医療破壊報道」
も与っている。

今回、
 日本でも病院数が多いと思われていた清瀬市

 95歳の心臓病の女性が1時間以内に搬送されて死亡
という事例を、マスコミが扇情的に取り上げている。
これでまた、救急医療の前線から去る医師が増えるのは確実だ。
清瀬市はいわゆる三多摩地区に属するが、すでに周産期・小児科の救急医療体制は崩壊に向かっている。そのことについては、昨年11月に地元の小児科医の先生からご教示いただいた。
2007-11-28 首都圏医療崩壊 これから明らかになる医師不足(その2)三多摩地域の新生児医療はすでに危険水域
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/11/2_4f67.html

そして、マスコミがいい気になって清瀬市周辺を叩いている間に
 これから始まる「首都圏医療崩壊」のお知らせ
が届いた。昨年11月のものは周産期や小児科に関するものだったが、今度のものは
 清瀬周辺の多摩地区の内科崩壊
の話である。
【東京】11の病院に搬送断られ95歳女性死亡-清瀬市スレッドより。


779 :名無しさん@八周年:2008/01/24(木) 10:24:49 ID:2EknfMpgO
漏れはこの地域の内科医だけど、こんなのいつ起きても不思議じゃなかった
やっぱりか、という感じ。

786 :名無しさん@八周年:2008/01/24(木) 10:38:26 ID:UhHxSSEU0
清瀬・・・・
全生園とか多摩老人医療センターとか専門病院が
あんだけうざいぐらいに病院たくさんあるのに一つも受け入れられないなんて運がなかったとしか。

798 :名無しさん@八周年:2008/01/24(木) 10:58:30 ID:2EknfMpgO
この地域の基幹病院の内科医はマジで退職ラッシュだよ。
残って頑張っている医者を責めてもしょうがない。
内情は書けないけどね。


816 :名無しさん@八周年:2008/01/24(木) 12:19:11 ID:1jWGvcp90
清瀬つったって
QQ病院は二つくらいだったような気がするが

そんなことないか?

822 :名無しさん@八周年:2008/01/24(木) 12:34:06 ID:2EknfMpgO
>>816
近隣で救急指定は2つ。清瀬には1つも無い。
区外は東京も医療過疎地帯
さ。
今までこういうケースが無かったのが不思議

D:2EknfMpgO先生は、三多摩地域の内科医らしい。
たぶん
 救急指定=三次救急
を指していると思われる。
清瀬市内には
 二次救急に一つだけ織本病院
があるようだけれども、三次はない。清瀬市から近い三次救急は、東京都多摩小平保健所が公表している多摩地域救命救急センターによれば、


武蔵野赤十字病院 武蔵野市
公立昭和病院 小平市

の2つだろうと思う。清瀬市に隣接する東村山・東久留米の両市にも三次救急医療機関はないのだ。

老齢人口の多い多摩ニュータウンを抱える三多摩地域の
 救急医療機関の薄さ
は、明らかで、今後、心疾患や脳疾患などで倒れるお年寄りは増加すると思われるが、搬送先が見つからないことは更に起こるだろう。受け入れようにも受け入れられる病院の数が絶対的に足りない。

そんな状況で
 基幹病院で内科医の大量退職
が起きているのだとすれば、早晩、日常の医療も滞る。高齢者は内科受診して、気長に病を養う場合が多いだろうから、マスコミが三多摩地域をたたけば、そうでなくても
 早晩内科崩壊
と囁かれていた現場から、どんどん医師は立ち去る。

 厚労省は老人を殺すつもりか
と、マスコミは年金・医療政策を糾弾しているが、自分たちの
 三多摩地域の医師・病院叩き
が、
 医師を支えている使命感を喪失させ
て、現場を立ち去らせ、医師不足を加速し、
 同地域の高齢者など、緊急の医療のみならず、日常的な治療を求めている患者さんを殺す
のは、間違いない。で、当然ながら、そうしたことが起きたなら
 搬送拒否
だの
 たらい回し
だのという見出しで煽って、
 自分たちのペンが三多摩地域の市民を殺した
ことには、口を拭って知らん顔をするのだろうな。
次に、三多摩地域で救急搬送など医療体制の薄さが原因となって誰か亡くなったなら、それは
 マスコミが殺した
のだからな、覚えておくぞ。

|

« 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その4)TBSのニュースが扇情的な編集に差し替え 「複製されたとおぼしい95歳女性の写真多数」が映る不思議 | トップページ | 鰈の郵便屋 »

コメント

マスコミお得意の*たらい回し*報道からは状況がわかりにくいんですが、
母が云うには、かかりつけ医がいるのなら、かかりつけ医に連絡すれば病院に話をとおしてくれるので、それほど待たされることはないそうで。
なんでいきなり救急車を呼んだんだと訝しんでいました。

かかりつけ医の「か」の字も出てこないのは、
1.持病があったというのが誤報
  (ふりの客だと受け入れ先が見つかりにくい)
2.持病はあったが医者にはかかっていない
3.かかりつけ医の存在を家族全員(患者含む)が失念
  (救急隊員さんが確認するのでコレはないかも)
4.かかりつけ医と病院との連携ミス
どれなんでしょう?
4はともかく、1-3の場合は医者を叩いても意味がないんですが
(かかりつけ医を持てと啓蒙するのがマスコミの存在意義なような)

それにしても、15日も前のありがちな出来事を今頃「ニュース」にする価値があるんですかね
また、入社五年弱の女性記者あたりがどこかの病院で拾ってきたネタでしょうか

投稿: 泥曰 | 2008-01-24 21:27

北海道も産科が消える勢いが増しそう
長女が植物状態 医療ミスと提訴 医療法人を両親ら
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/72142.html?_nva=20

投稿: sakimi | 2008-01-24 23:38

最近こんな話もありました。三室といえば大淀事件の原告のお膝元ですが…。
-------------------------------------------------------------------------------------------
【南都悲惨な】奈良県の病院についてⅡ【屁医情況】
ttp://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1194156868/

185 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2008/01/18(金) 12:19:46 ID:d8e/k/qa0
三室でギネの常勤が1人辞めるらしい
県議会でやりとりがあったようだ

186 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2008/01/18(金) 17:51:04 ID:rITaDCia0
前から噂の部長かな?
隣町のH産婦人科を継ぐというウワサもあったが・・

188 名前:185[sage] 投稿日:2008/01/19(土) 01:02:06 ID:f1jyC+JM0
続報

県議会で社民党の議員が「三室で産科がなくなるという話がある」と質問したのに対し、
県の担当が「三室の常勤医師1人が今年春に辞めるという話になり、後任がすぐ決まらず
そういう話になった。現在後任の目処がつき、分娩は継続できることとなった」と回答したようだ。

質問した議員が駅で配っていたビラに書いてあったらしい

------------------------------------------------------------------------
この翌日、件のビラを入手し、確認しました。

投稿: ただの(ry | 2008-01-25 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17813428

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その5)報道被害 マスコミの医師叩き報道に嫌気がさし、すでに清瀬市周辺(三多摩地域)の基幹病院から内科医大量退職の噂:

» 日本のマスコミの異常さ:愛情の反対は憎悪ではなく「無関心」 [東京日和@元勤務医の日々]
 昨日のNHKのトヨタの字幕まで出た「世界一」は厳密には違ってて、すぐに訂正したそうです。まぁ、「たらい回し報道」が一向に消えないのに不思議ですね。  さて、先日、世界銀行の東京事務所に参りました。もちろん融資を受けようとか銀行に口座があったりするのではありません。 連続セミナー「本田医師と世界の医療・保健を考える」 世界銀行情報センター(PIC東京)、シェア=国際保健協力市民の会 共催 連続セミナー 2008 年の洞爺湖サミットを控えて、 日本が発展途上国のエイズ、結核、マラリアなどの感染症対策、... [続きを読む]

受信: 2008-01-24 22:11

« 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 (その4)TBSのニュースが扇情的な編集に差し替え 「複製されたとおぼしい95歳女性の写真多数」が映る不思議 | トップページ | 鰈の郵便屋 »