« 世界同時株安「この状況のやばさをアニメや漫画で喩えると」 | トップページ | 中國銀行(BOC) サブプライムローン関連投資で巨額損失か(その2)中國銀行が否定の公告 »

2008-01-23

首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 一体何が問題なのか→NHK首都圏も首都圏の救急医療破壊工作に参戦 毎日の記事とは違い「搬送先到着までに1時間未満」

95歳で心臓に持病のある女性が、受け入れ先に到着するまでに30分かかり、搬送されたが死亡した、と毎日新聞がわざわざ報じている。

え〜と
 30分で搬送
って遅いのか? それに、ご遺族にはお気の毒だと思うし、亡くなられた女性のご冥福をお祈りするのではあるが
 95歳なら大往生
ではないのか、毎日新聞。

それとも
 東京は病院がたくさんあってあちこちに連絡するのだが、30分で搬送されるまでに11の病院が受け入れ不能だった
のが気に入らないのか?

よく分からないな。


救急搬送:11病院で受け入れ断り95歳死亡 東京・清瀬

 東京都清瀬市で今月8日夜、自宅で具合が悪くなった無職の女性(95)を清瀬消防署が救急搬送中、近隣の11病院から「満床で対応できない」などと受け入れを断られ、通報から約2時間半後に死亡していたことが22日、分かった。

 東京消防庁などによると、8日午後9時半ごろ、女性が「胸が痛い」と訴え、同居の長男(50)が119番通報。約3分後に救急隊が駆けつけ、東京消防庁本部と協力しながら搬送先を探したが「処置困難」「患者でいっぱい」などと断られ続けた。約30分後、12番目の清瀬市内の病院が女性を受け入れて応急処置したが、午後11時55分ごろ、徐脈性不整脈で死亡した。女性は心臓に持病があったという。

 受け入れを断った病院の中には、生命に危険のある患者を処置する3次救急医療施設も含まれていた。公立昭和病院(東京都小平市)もその一つ。総務課によると、病院では夜間と休日、循環器集中治療室(CCU)など7科で医師が1人ずつ当直している。女性の受け入れ要請時、CCUで心不全の女性の処置中だった。「順番を待てば命にかかわる」と判断し、他の病院への搬送を求めたという。

 同課は当直体制をとる医局の医師不足などを挙げ「受け入れたくても受け入れられない状況がある」と説明する。

 長男は「まさか自分の身に降りかかるとは思っていなかった。関西などで問題になっているのに連携体制は全く改善されていない」と話している。【酒井祥宏】

毎日新聞 2008年1月23日 2時30分

救急体制は、実は大阪の方が整備されている。搬送時間にかかる平均時間は
 東京がぶっちぎり全国ワースト1で平均43分以上かかる
のである。これは毎年消防庁が統計を出しているから、すぐ分かる数値だ。一方、
 ベスト1の石川の24分に次ぎ、大阪は24.7分で第2位
である。
以下に
平成18年版救急・救助の現況(平成19年1月31日)
に掲載されている
 別表8の1 収容所要時間別搬送人員の状況(覚知から医療機関等に収容するのに要した時間別搬送人員)(平成17年度中)
を載せる。(画像はクリックすると拡大します)
Hanso

まさかこの
 救急搬送して医療機関に収容されるまでの全国の所要時間一覧
を知らない、とはいわせないぞ、毎日新聞。昨年1月31日発表のこの統計は、救急搬送の実態を調査した基本的な統計じゃないか。それとも
 まったく参照せずに、記事を書き飛ばしている
のか。
 
今回の事例は、
1. 30分で医療機関に収容され、処置を受けている
2. 95歳とものすごい高齢
3. もともと心臓に持病
なのだが、それでも
 もっと早く搬送されていれば助かった
といいたいのか、毎日新聞酒井祥宏記者。
(追記 12:50)
下にNHK首都圏ニュースを貼ったのだが、こちらでは
 搬送先に到着したのは通報から1時間前後
という勘定になる。どっちが正しいのか謎。
もし、NHKの方がより正確ならば、毎日新聞酒井記者の文章力と取材力に問題があることになる。
(追記おわり)

大淀病院産婦死亡事例の誤報垂れ流しで毎日新聞奈良支局が奈良県南部の産科を絶滅させただけでは飽きたらず、今度は
 東京本社が首都圏の救急医療を崩壊させたい
のか。
 医療の敵、救急搬送を受ける国民の敵になりたい
らしいな、毎日新聞東京本社。

続き。(12:50)
NHKが首都圏ニュース(関東ローカル)で後追いをしている。
一応魚拓


11病院に搬送断られ女性死亡

救急搬送された患者が複数の病院に受け入れを断られ死亡するケースが各地で相次ぐ中、東京・清瀬市でも今月、胸の痛みを訴えて搬送された95歳の女性が11の病院に受け入れを断られた末に死亡していたことがわかりました。

東京消防庁によりますと今月8日の午後9時半ごろ、清瀬市の95歳の女性が自宅で胸の痛みを訴えたため家族が119番通報したところ、救急隊はおよそ3分後に到着して搬送する病院を探しましたが「患者でいっぱいで対応できない」などの理由で都内のあわせて11の病院に受け入れを断られたということです。
病院を探し始めて38分後に12番目に要請した清瀬市内の病院が受け入れ、女性は午後10時半前に病院に到着して処置を受けましたが、その後死亡しました。
受け入れを断った病院の一つで小平市にある公立昭和病院によりますと、当時は循環器系の当直の医師が直前に運ばれてきた別の患者の処置をしていたため、女性の受け入れを断ったということです。公立昭和病院は「目の前の患者の治療が最優先で、このような対応を取ったことについては問題はないと考えている」と話しています。東京消防庁は、「今後はさらに医師会などと連携を強めていきたい」と話しています。
2008年1月23日 12時40分更新

NHKも、とうとう
 首都圏救急医療破壊工作
に出ましたか。ところで、若干、時刻がはっきりしないけれども、NHKのニュースで時系列を整理するとこうなる。
21:30ごろ 胸の痛みを訴え119番通報
21:33ごろ(通報から3分後) 救急隊到着
22:11ごろ(通報から41分後) 清瀬市内の病院が受け入れ
22:30より前(決定から19分未満 通報から1時間未満) 病院に到着、処置を受ける

NHKのニュースに従うと
 平均受け入れ時間43.2分より若干長い
けれども、上掲の表によると
 30-60分未満に病院に到着した件数 447646件
 全搬送件数  651920件
で、全体の
 68.6%
が、この時間帯で搬送されているから、東京の救急搬送としては
 通常の対応時間
だったということになる。

それと
 NHKも毎日も公立昭和病院を叩く
のは止めていただきたい。こうした報道のやり方は、
 CCUで必死の救命措置中
なのに
 いま目の前で死にかかっているヒトを諦めて、95歳心臓病の女性を先に救命してくれ
って言ってるのと同じですがね。そういえばNHKはNスペでトリアージを主題とした
トリアージ 救命の優先順位 2007年4月23日
を放映していたけど、全然、首都圏報道部の身になってないじゃん。

この一連の報道が
 首都圏の救急医療破壊工作
であることは間違いない。いいですか
 救急隊が患者さんを治療するのではない
のだぞ。
 受けられる病院が救急医療から撤退すれば、泣くのは国民だ
という事実を、いつまでも認めず
 救急隊は善、病院・医師は悪
という図式で報道を続けるならば
 救急車は走る棺桶と化す
のだ。だいたい、報道機関では毎年のように
 社員や職員が急病や自殺などで救急搬送
されているはずだが、マスコミの認識は
 救急車が急性疾患やけがを治してくれる
というものなのか? 恩知らずにも程がある。こんな報道を続けるつもりなら、首都圏の救急指定医療機関は、マスコミ各社からの救急受け入れ要請は断ってもいいよ。

どうせ報道するなら
 首都圏の救急医療体制は全国でも危機的状況
という方向で
 首都圏は大丈夫という「無根拠の思いこみ」を打破
して
 行政の無策を糾弾・改善をもたらす方向
に行くのが
 ジャーナリスト
として正しいんじゃないのか。それとも
 舛添厚労相や石原都知事に媚びるために、絶対に「首都圏救急医療崩壊」は認めたくない
のか? 4月には医師の異動があるから、たぶん、キャンペーンを始めるなら、今から手を打たないと、気がついたときには
 マスコミ人が倒れても、搬送先がない
ってことになるぞ。首都圏だから病院の数は多いけど、
 必要な処置が出来る施設の数も、熟練したスタッフの数も限られている
のだ。そのとき
 95歳心臓に持病の女性より、遙かに若いマスコミ人の自分の治療を優先してくれ
と言えるのか? 毎日新聞とNHK。絶対言うなよ。

|

« 世界同時株安「この状況のやばさをアニメや漫画で喩えると」 | トップページ | 中國銀行(BOC) サブプライムローン関連投資で巨額損失か(その2)中國銀行が否定の公告 »

コメント

清瀬のあたりは住民の平均年齢が若いのかな?
年寄りがしょっちゅう救急車をよんでいるような場所
(「プロ市民の巣窟」とも呼ばれている区ですが)に住んでいると
救急車は呼んでもこない。来たら来たでずっと止まってる
という頭があるので、
呼んで3分で来て30分で連れていったというのは
「早っ!」と思ってしまうのですが。
(ちなみに、救急車の平均到着時間は6分だそうで
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/tksei01.html)

投稿: 泥曰 | 2008-01-23 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17792357

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏救急医療崩壊 搬送先に収容されるまでの平均時間が43分以上と全国ワースト1の東京で30分で収容された95歳で心臓に持病のある女性死亡と毎日新聞酒井祥宏記者 一体何が問題なのか→NHK首都圏も首都圏の救急医療破壊工作に参戦 毎日の記事とは違い「搬送先到着までに1時間未満」:

» 「11病院で受け入れ断り95歳死亡」 ~胸痛患者は受け入れ困難~ [医者の常識、世間の非常識 ~Herr doktor~]
既に、各医療ブログでとりあげられているこのニュース。 「天漢日乗」さんでエントリーの題名だけで明快に論破されています(^^ 天漢日乗 http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/01/4313095_e782.html 「首都圏救急医療崩壊 搬送先... [続きを読む]

受信: 2008-01-24 11:26

» [医療][マスコミ]毎日新聞はなにをしたいのか。 [エレキも医療も整備しなきゃ。]
 問題点はあっているけど、聞く相手を間違っている気がする。毎日jpより。 清瀬の女性死亡:11病院受け入れず 長男が心境吐露「国に殺されたような」 /東京  「母は国に殺されたようなもの。早く救急医療体制を整えるべきだ」。清瀬市の無職、岩下茂子さん(95)... [続きを読む]

受信: 2008-02-05 15:57

« 世界同時株安「この状況のやばさをアニメや漫画で喩えると」 | トップページ | 中國銀行(BOC) サブプライムローン関連投資で巨額損失か(その2)中國銀行が否定の公告 »