« 家庭用ガスコンロで魚を焼く | トップページ | 救急医療崩壊 NHK関係者らしき人物は「デスクは医者は叩けばいいと考えている」マスコミの偏向報道の根源は時代を読めない鈍さと思いこみ »

2008-01-15

クロ現にiPS細胞の山中信弥京大教授登場@1/15 19:30-20:00 NHK総合(再放送はBS120:32-)

今夜のクロ現に、山中信弥京大教授が登場する。
NHKのサイトより。


1月15日(火)放送予定 生みの親が語る 万能細胞が切り開く未来(仮題)

京都大学の山中伸弥教授らが世界で初めて人の皮膚細胞からの作成に成功した「iPS細胞」。神経や筋肉など体のさまざまな細胞に分化する"万能細胞"だ。受精卵などを元にした従来の万能細胞に比べ倫理的な問題が少なく、再生医療の実現に道を開く画期的な成果として注目を浴びている。既に、パーキンソン病の治療や薬剤の開発など、実用化に向けた動きが国内外で激化し、世界的な研究開発競争が始まっている。患者を救いたいという一心で臨床から基礎研究に転じたという山中教授に、安全性など克服すべき課題や、研究支援体制のあり方など、実用化に向けた今後の展望を聞く。
(NO.2520)

大事件や大事故が起きて、番組が飛ばない限り、放映される予定。
感想は気が向いたら。(9:44)

|

« 家庭用ガスコンロで魚を焼く | トップページ | 救急医療崩壊 NHK関係者らしき人物は「デスクは医者は叩けばいいと考えている」マスコミの偏向報道の根源は時代を読めない鈍さと思いこみ »

コメント

僕は、脳卒中「視床痛」激痛が絶えずあるのですが、こんな病気にも今回開発されたことで
我々にも可能性があるのでしょうか。

投稿: 中森 伊三雄 | 2008-01-17 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/17701060

この記事へのトラックバック一覧です: クロ現にiPS細胞の山中信弥京大教授登場@1/15 19:30-20:00 NHK総合(再放送はBS120:32-):

« 家庭用ガスコンロで魚を焼く | トップページ | 救急医療崩壊 NHK関係者らしき人物は「デスクは医者は叩けばいいと考えている」マスコミの偏向報道の根源は時代を読めない鈍さと思いこみ »