« 救急医療崩壊 マスコミの「大阪焦土作戦」大成功(その4)暴力などへの対応が必要な患者は受け入れ困難 内科医・麻酔科医はこの1年で急速に大阪の現場を立ち去る | トップページ | 「はてな」京都に戻る »

2008-02-15

中国毒餃子事件(その21)産経新聞福島記者が記者会見での質疑応答全文をアップ 報道を否定された「共同通信」はダンマリ、代わりに福島記者が質す 生協連の「献上餃子」で日本の捜査は「信用ガタ落ち」

福島香織記者、エライ!
一昨日の
 魏伝忠・国家品質監督検査検疫総局副総局長の会見
に出席した産経新聞の福島香織記者が、
 当日の質疑応答
をご自分のblog「北京趣聞博客」に掲載してくれている。多謝!
食の安全学再び:質検総局の言いぶん、またもやきいてみる? 2008/02/14 23:43

どうか全文をご一読下さい。すげーよ、中国。かつ
 生協連の「献上餃子」が禍根
であることがよくわかる。
 一体、どこの国の団体だよ、生協連
は。
 出資金は日本の国のヒトから集めて、中国に「忠誠」を誓う
のか?

いや〜、福島記者が
 共同通信の報道について、魏局長が否定した件を更に突っ込んでいる
あたりがすごいですよ。


■魏:また、日本メディアが大量の客観的な積極的報道を行ってくれていることに感謝をのべたい。正式な会見の前にいいたいことがあります。昨日、日本の共同社が報道したニュースで、石家荘市当局者の話として、公安当局が毒ギョーザ事件について、おそらく工場の待遇を不満に思う人間の仕業だと、報じました。これは国家質検総局、警察の確定を経てない、主観的予測的報道です。我々が警察に確かめたところ、1月31日から公安当局がこの事件の捜査に入ってから、今までのところ、生産過程にはなんら異常はありませんでした。今まだ専門家らの捜査が行われており、結論がでていない状況では、外にでまわったいかなる伝聞もすべて推測にすぎません。(嫌みや皮肉も上手にいえるようになりました。本音は日本メディア、さわぎすぎ、うそばっかり!といいたいらしい。共同報道も全否定だが、共同記者よ、反論いってやれよ~、だまってちゃだめじゃん)
(略)
■福島(産経):さっき、共同通信の報道を否定されました。しかし公安の捜査は独立的に行われて、質検総局はその状況は全部把握されていないかもしれません。さっきの発言は、共同通信の報道がねつ造だといいたいのですが、それとも、共同の報道はまだ確認できていない、公安はこの方面に関して情報をあなた方にまだ与えていないということですか?石家別警察は、あなたがたに、どのような文言で説明した?不満分子による犯行の可能性はまだ排除されていない?(共同記者が反論しないから、かわりに福島がつっこんであげる。産経は一面トップで使った責任もあるし)

■魏:きのうの共同通信の報道ですが、われわれも非常に重視し、きょう、出勤したらすぐに、河北省石家荘市公安局に問い合わせしました。彼らもこの報道を非常に重視していました。それで、すぐに返答がきました。彼らがいうには、目下河北省警察がこの事件の捜査に介入してから今に至るまで、まだ食品生産管理上については、我々、質検総局の調査も結論は出ていませんし、その他の人為的原因の手がかりも発見されていない。また、こういった情報を発表した人物もおらず、こういった情報は存在しない。(共同通信の報道は根拠ありません!といいきりました)

■福島:拘留されている人はいないのですか。

■魏:拘留されている人もいない。警察は一流の調査専門家を現地に派遣しており、すべての労働者の状況を調査し、その結果、これら労働者に(犯罪の)要素は発見されなかった。皆さんの関心はわかりますが、ギョーザ事件に関しては中日双方で、いかなる情報も、公式発表を主とすることで一致しており、予断の情報を発表することは社会をミスリードし、公衆に対する責任に欠けた態度です。みなさん、必ず当局発表を主とするように。(拘留されている人もいないといいきった。ニュースアンカーのスクープも否定?中国はしばしば、特ダネを捏造扱いしておとしめることで否定する。段ボール肉まん捏造報道で服役中の記者の家族は彼がえん罪だと信じている。要は真実が何か、ではなく、当局がどういう方針か、ということだ。工場内部の犯行で決着をつけるつもりなら、中国側はこういうきっぱりした否定はしないだろう)

福島記者の質問が冴えてますね〜。
てか、その場にいたんだろう、共同通信。自分とこの記事を否定されて、ダンマリって、
 ジャーナリストとして、情けない
とは思わないのか?

福島記者の質問は、天洋食品廠を撃つ。


■劉:最後の質問です。

■福島:だれも質問しないなら、また私が。日本の警察の調査結果では、袋がやぶれていないギョーザの中からもメタミドホスが検出され、日本側は天洋食品工場内で農薬が混入した可能性が強いとの予測がでています。中国がわはまだ日本側流通経路で農薬が混入したとの可能性を排除していないのですか。(中国語下手だけど、また質問しちゃう、ごめん。わたしゃ、天洋工場内が一番あやしいと思っているんですけど)

■魏:われわれもこの問題に注意しています。密封されたギョーザ袋の中から農薬が検出されました。しかし日本の関係者、とくに公安委員長は、正式な捜査結果が出る前は、どのような可能性も存在している、と語っており、私はこの意見に賛成です。今はハイテクの時代ですよ。ある密封されたギョーザからメタミドホスが検出された、それで生産現場が混入地点だと決まるなら、それは単純な話です。それはやはり一種の推測にすぎません。(ハイテクの時代の日本警察よ、絶対日本での混入はあり得ないと、しっかり立証しないと、中国様は事件を迷宮入りにするつもりらしいですよ)

で、
 諸悪の根源である「生協連が勝手に献上した餃子」の分析
を根拠に、
 中国で毒物が混入したのではない
と言い張るわけですよ。


■魏:早急に原因をはっきりさせ、結論を発表することは、社会への影響を食い止めるのは、中日の共同の願いです。福田首相もこの事件で、合同捜査チームをつくること願っているといっていました。中国側も非常にそれをのぞんでいます。日本の政府調査チームがきたときも、我々もそういう希望をのべました。きのう我々も中国警察と懇談したとき、彼らもそう望んでいるとききました。日本側の警察と情報交換し、共同捜査を行いたいと。中国の質検総局も日本側のカウンターパートと共同調査したいと思います。共同調査はより早く、事件をはっきり調査し、社会に正確で信頼できる情報を発表するのに有利だと思います。(中日共同捜査をしたら、日本側はホイホイ中国側に情報をやって、中国側からはぜんぜん情報をとれない、という羽目にならないよう、注意してください。日本側政府調査団は天洋からギョーザサンプルもって帰らなかったのに、生協は中国側調査団にホイホイ、ギョーザサンプルをあげてしまいましたからね~)

「情報漏洩」に荷担した生協連の罪は重いぜ。

尚、昨日の
2008-02-14 中国毒餃子事件(その20)生協連が勝手に「献上」した「サンプル」が中国側の宣伝に悪用される
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/02/20_12e9.html
で取り上げた、魏局長の
 日本の捜査当局からは、嘔吐物や毒物の検出された餃子の資料を提供されてない
という発言だが、福島記者が実際にこの発言はあったと教えて下さった。
 調査統括を次の記事でアップする予定
だとのことで、そちらに問題の発言が載るはず。

|

« 救急医療崩壊 マスコミの「大阪焦土作戦」大成功(その4)暴力などへの対応が必要な患者は受け入れ困難 内科医・麻酔科医はこの1年で急速に大阪の現場を立ち去る | トップページ | 「はてな」京都に戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40130706

この記事へのトラックバック一覧です: 中国毒餃子事件(その21)産経新聞福島記者が記者会見での質疑応答全文をアップ 報道を否定された「共同通信」はダンマリ、代わりに福島記者が質す 生協連の「献上餃子」で日本の捜査は「信用ガタ落ち」:

« 救急医療崩壊 マスコミの「大阪焦土作戦」大成功(その4)暴力などへの対応が必要な患者は受け入れ困難 内科医・麻酔科医はこの1年で急速に大阪の現場を立ち去る | トップページ | 「はてな」京都に戻る »